八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» 無垢の家 暖かい

無垢の家は暖かいってどういうこと?

投稿日:2016年04月25日 作成者:


寒い時期でも、ヒヤッとせず、
木が、湿度を快適に保ってくれるから
無垢の家は暖かいです。

でも寒い時期に暖かいというだけでなく、
無垢の家は、丈夫で長持ちして懐にも暖かいし、
暮らしていく家族によりそってくれて、暖かい。

無垢の家は、木の持つ優しさ、強さ、大らかさを
身近に感じることのできる、
そんな暖かさを持っていると言えます。

無垢の家の暖かさ1 触って暖かい

無垢の家,暖かい

八王子市で創業55年、自然素材の家づくり№1工務店を目指す
大久保工務店 スタッフの大久保ともこです。

無垢の家は、触れてみると暖かいです。
冬の朝、足の裏がヒヤっとしません。

そう言われてみても、
実際に暮らしてみないと、
ナカナカ信じられるものでもありません。

大久保工務店では、無垢の家の暖かさを
少しでもお伝えできるように
簡単な実験をして、

体感して頂くと無垢の木の暖かさに皆さん驚かれます。

その実験というのは、
合板フローリングと無垢フローリングを
冷蔵庫に入れて、しっかり冷やしておき、
取り出して、触ってもらうのです。
取り出した直後は、当然表面温度に差はありません。

とても単純な比較なのですが、

合板フローリングは、
触れるとヒヤッとする上に、ペタ付きもあります。

無垢フローリングは、
もちろん自身が発熱するわけでもないし、
冷やしておいたのだから、
冷たくないわけではありませんが、

合板フローリングの嫌なヒヤッがありません。
そして、ペタ付きがなくサラッとしていて、
不快な感じがしません。

無垢の家の暖かさ2 空気も暖かい

無垢の木は、本物の木ですから、
生きています。呼吸をしています。

呼吸というと、少し違和感があるなら、
室内の湿気を吸ったり吐いたりしています。

梅雨時期のジメジメの湿気を吸い取ったり、
冬場のカラカラ乾燥した時は、湿気を放出してくれるのです。

湿気を調整する「調湿効果」があるのです。

除湿器や加湿器ほどの威力はありませんが、
そういった機械に頼らなくても、
快適な空気を保ってくれます。

湿度によって温度の感じ方が違うのは、

夏は、冷房のかわりに除湿にして涼しさを感じたり、
冬の暖房も、ある程度の湿気があるかないかで暖かさが
全くちがうことでもわかります。

無垢の家が暖かいのは、
本物の木が持っている調湿効果で
ちょうど良い湿度を保ち、
寒さを和らげてくれるのです。

無垢の家の暖かさ3 懐にも暖かい

懐にも暖かいといっても
金のなる木ではありませんが、

余分なお金を使わないですむのが、
無垢の家です。

無垢の家は、ヒヤッとせず触れて暖かいので
床暖房が無くても平気なことが多いです。

その分の家づくり予算を抑えることができますし、
他の事に回すこともできます。

(「絶対床暖房にしたい」とお考えなら
床暖房対応の無垢フローリングもあります)

無垢の家は、空気も快適なので
エアコンの使用が抑えられるし、
調湿効果のおかげで、加湿器も買わずに済むかも
知れませんし、電気代も抑えることができます

また、無垢の家は、丈夫で長持ちするので、
メンテナンス費用も抑えられます

内装のメンテナンスについていえば、

新建材の家だと、
20~30年すると、ボロボロに劣化してしまいます。
みすぼらしくて、
合板フローリングを張り替えたりしたくなります。

無垢フローリングは、
20~30年すると、ボロボロになるかわりに、。
味わいが増していくので、張り替えなど、
よほどのことがない限り必要ありません。

家は、メンテナンスが必要なものです。

設備関係の故障もありえますし、
屋根や外壁を塗り替えたりするのは、
内装よりメンテナンスの優先順位は高いですね。

そういったメンテナンスが必要なのは、
無垢の家も新建材の家も同じです。

家族の成長につれて、出費も増えていきますが

心地よくあって欲しい身近な内装部分で
メンテナンス費用の心配をしなくていいのが
無垢の家です。

単純に価格だけで比べると、
無垢の内装は、新建材の内装より高いでしょう。

でも、長期的に見ればとてもお得で、
無垢の家は懐にも暖かいといえます。

無垢の家の暖かさ4 家族によりそい暖かい

無垢の家は、時間が経つにつれて、
味わい深く変化して行きます。

ボロボロに劣化するのではなく、
家族の思い出、歴史が刻み込まれて、
かけがえのないものになっていきます。

無垢の家は、家族にずっとよりそい
暖かい場所になって行くことと思います。

いかがでしたか?

無垢の家は暖かいというのは、

寒い時期でも、ヒヤッとせず、
無垢の木が、湿度を快適に保ってくれるから
暖かい。

でもそれだけでなく、
丈夫で長持ちして懐にも暖かいく、
暮らしていく家族によりそい、暖かい。

無垢の家は、木が持つ優しさ、強さ、大らかさを
身近に感じることのできる、暖かさを持つ家だと
言えます。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

 

カテゴリー: 無垢の家 暖かい | タグ: , | 無垢の家は暖かいってどういうこと? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2017年12月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリ