八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» 2015 » 5月のブログ記事

工務店が材木加工する必要性

投稿日:2015年05月27日 作成者:


八王子市で創業55年、家づくりの大久保工業 代表の大久保篤です。

ローテクでも、残すべき技術はある。木材加工,手刻み

家を建てる時に柱、梁、土台といった材木を組み合わせて建てることは、
一般の人でも当然のように理解されていると思います。

柱と土台、梁を組み合わせる時、土台同士や梁同士をしっかりと
組み合わせるために必ず、仕口・継手といった材木を加工する
作業が必要となります。

仕口・継手とは木が組み合わさる部分に穴を開けたり、突起を設け
たりすることです。

このような作業内容のことを手刻み(てきざみ)といい、
大工が身につけなければならない重要な技能のひとつです。

仕口・継手の形状もいろんな種類があり、熟練の技術の修得は
一朝一夕ではできません。

しかし、現在では家を建てる時に、この手刻みの作業をせずに
家を建てることができます。

大工が材木に墨付けをし、ノミやノコギリを使って加工するのではなく、
プレカット加工が今では一般的です。

プレカット加工とは、大工がこれまで行ってきた仕口・継手加工を
ITの発達により、あらかじめ工場でコンピュータ制御された専用機械
により加工してしまうことです。

全国にプレカット工場はあり、大きな工場では年間1万棟~2万棟分
の生産能力があるそうです。

プレカット加工の方が手刻み加工よりも時間がかからずに、加工精度が高いといわれています。

大工の腕の良し悪しに左右されないということです。
しかも、プレカットの方がコストも安く済みます。

したがって、住宅メーカーから小さな工務店までがプレカット工場に
加工を発注するようになりました。
今では手刻みよりも、プレカット加工により建てられる住宅
の方が圧倒的に多くなったわけです。

私の会社でも新築住宅を建てる時には、ほとんどプレカット加工
に出しています。

品質が高く便利で低コストなものは利用しない手はないというのが、
ビジネスとしては常道だと思います。

しかし、基本は忘れてはならないはずです。

先日、バルコニーを木で作ってほしいとの依頼を受けました。
材木を組み上げるための仕口・継手加工の必要な材木の数は、
家を新築する時のように多くありません。木材加工,バルコニー

少量をいちいちプレカット工場に発注していたら、却って時間も
コストもかかってしまいます。

したがって、今回は大工が加工しましたが、
ローテクでも馬鹿にしたものではなく、
時と場合によってはハイテクよりも便利で安い時があるのです。

便利なものに頼り過ぎた世の中になったせいか、生活する上でも
昔の人が難なくしていた作業でも、現代人にはできないことって
結構あるのではないでしょうか。

家づくりの世界でも、この手刻み加工をできない大工さんが
増えてきていると言われています。

手刻み加工をする時には、大工は木の癖を見ます。
1本1本の木の特性を見て配置すべき箇所を決めたり、
節のある部分は加工を避けたりするのです。

手刻み加工ができない大工は、木の特性を見る目もないに等しい
ということかもしれません。

柱や梁といった構造材だけでなく、内部の造作材といわれる
窓枠や階段材などでさえもプレカットされ、現場に配達された
ものを簡単に組み立てられる工業化製品が一般的になりました。

そういった材料だけを使った家づくりであれば、木を見る目や
熟練の技術は必要ないかもしれません。

またハイテクの浸透が、無垢材や自然素材が敬遠される一因
なのかもしれません。

でも私の会社では、無垢フローリングなどの無垢材を扱うことが
多いですし、その良さを自分たちの領域で広めていきたいと
思っています。

そのために、
ハイテク技術に頼り切って腕を落とすことなく、
コアとなるローテク技術は残していかなければならない
と考えています。

大久保工業は、自然素材を取り入れた、気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。
お問い合わせは、こちらからお願いいたします。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 工務店 材木 加工 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 工務店が材木加工する必要性 はコメントを受け付けていません。

自然素材を採用する時の考え方

投稿日:2015年05月23日 作成者:


八王子市で創業55年、家づくりの大久保工業 代表の大久保篤です。

性能よりも<感性、感覚をまずは優先!

自然素材、採用、考え方

施工中の耐震リフォーム工事が、完成間近です。
和瓦から軽い屋根材へ葺き替えたり、筋交いを入れた壁を
増やしたりして地震に耐える家にする事が主目的でした。

それに伴って、お風呂、洗面室の改修などのリフォームも
施工させて頂きましたが、

なかでもフローリングの張替、
壁・天井をビニールクロスから珪藻土塗り壁への変更は、
お客様にとっては耐震補強に匹敵するプライオリティーの
高さだったようです。

男性目線で考えると、
「床が無垢で調湿するなら、壁も天井も調湿したほうがいい」
「珪藻土は湿気を吸ったり吐いたりする調湿性能が重要!」
「数値として1時間当たりどれだけ水分を調湿するのか」
など、

理論的に性能面を考えがちだと思います。

また、汚れやすさ、傷の付きやすさも気になるところかもしれません。

少し目線を変えると、
ただ、無垢フローリングや塗り壁材の見た目、雰囲気が好き!
と感じて採用する人もいらっしゃいます。

性能や機能云々よりも、単純に感性に従うことも大事だと思います。

無垢フローリングを使うから、壁には珪藻土を使いたい。
その逆で、珪藻土を壁に使うから床は無垢にしたい。
と思うのは性能云々を難しく言うよりも、
当然の感覚かもしれません。

したがって、自然素材を採用する時には、

まずは好き嫌いの感覚を優先し、次に性能、機能を理解して使う素材を決めると、納得した家づくりとなると思います。

 

自然素材の性能や機能については、ネットや書籍で調べる
ことができます。

しかし、その賛否やメリット・デメリットが色々と
書かれていて、実際のところはどうなのか判断はしにくいと思います。

また、無垢材や塗り壁材もいろんな商品が出回っていて、
中にはまがい物めいた商品もあります。

そこで、

自然素材を得意とする工務店を探ってみることをお薦めします。

そこに頼むかどうかは別として、相談にのることくらいは、
今どきの工務店なら快く応じるはずです。

無垢フローリングだったら木の種類による傷のつき易さなどの特徴、
加工精度の良い商品について、

塗り壁材なら、珪藻土や漆喰などの種類とそれぞれの特徴について、
どの商品なら安心して使えるのか、

工務店などのプロにアドバイスを貰うのです。

掃除の仕方などの簡単な普段のお手入れの仕方も、
プロなら教えてくれるはずです。

自然素材は工業化された建材と違い、木の種類、素材によって、
どれでも均一な性能を持っているものではありません。

したがって、感性や感覚と性能や特徴を理解すること
の両輪が大事だと考えています。

大久保工業は、自然素材を取り入れた、気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。
お問い合わせは、こちらからお願いいたします。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 自然素材 採用 考え方 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材を採用する時の考え方 はコメントを受け付けていません。

時間を経ることでしか得られないもの

投稿日:2015年05月15日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくり№1工務店を目指す
大久保工業 スタッフの大久保ともこです。

連休を利用して、軽井沢の旧三笠ホテルに行ってきました。

旧三笠ホテル

ガイドブック的な説明をすれば、

旧三笠ホテルは、
設計から監督・棟梁・施工まで
全てが日本人によって建造された、純木造西洋建築。

営業していた明治から昭和まで、
文化人財界人が多く宿泊したことから、
「軽井沢の鹿鳴館」とも呼ばれていたそうです。

実際に見学して、興味ぶかかったことを、
何点かご紹介しますね。

まずは外観。
童話のお姫様が暮らしていそうな感じです

八角柱状になっている塔のような部分があったり、
デザイン上邪魔になりそうな煙突も、
屋根の上にしっくり違和感なくおさまっています。

フロントにあるキーボックスには、
西洋式ホテルという事で、「13号室」がなく、
通常日本では使われない「4号室」「9号室」があります。

戦前の軽井沢は、外国人の街のようで、沢山の外国人が住み、
別荘数も日本人よりも多く所有していたそうなので納得です。

トイレは驚いた事に洋式水洗で、
バスタブは猫足付きです。

ボーイが客室を通らずに、
廊下から浴室に直接お湯を運び入れるため、
専用の小さなドアが付いていました。

高さが1mくらいしかない小さなドアを、
熱いお湯の入った重い入れ物を何度も運ぶのは、
大変な重労働だったでしょうね。

男性用トイレも、何とも懐かしい感じがしました。
朝顔型とかチューリップ型とかいうのでしょうか?
私は女性ですが、最近はあまり見かけない気がします。旧三笠ホテル、トイレ

白いタイルで清潔感にあふれ
こんなに広々したトイレ、
とても気持ち良さそうです。

天井には木が皮付きのまま張り付けてあります。
通気口の飾りが、何ともかわいらしいです。通気口 三笠ホテル

普段見かける通気口は、何の洒落っ気もないですね。

家の中でも、あまり目立たない地味な存在の通気口が、
思いがけず凝ったデザインだったら、
ちょっとびっくりだし、楽しそうです。

床や手すりは、あめ色でつやつやしています。旧三笠ホテル、客室
昔のちょっとゆがんだガラスから差し込む日差しが、
床を照らして、何ともいえない、とても味わい深い雰囲気でした。

こんな雰囲気は、一朝一夕に手に入れられるものではなく、
時間を経ることでしか得られないものなのでしょう。

時間を経て、ボロボロというのではなく、
味わいが増していることがよくわかります。

避暑地として楽しんだ、当時の豪華で夢のような光景も、
刻まれてきた歴史の数々も、
この建物全体が、現実として伝えてくれている気がしました。

身近な家族や友達との関わりの中でも
時間を経ることで得られる、ゆったりとした変化
楽しみながら過ごしていけたらと思います。

大久保工業は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工業の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 時間 味わい | タグ: , , , , , , | 時間を経ることでしか得られないもの はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2015年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリ