八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» 2015 » 11月のブログ記事

注文住宅を建てる工務店と住宅メーカーの違い

投稿日:2015年11月27日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

注文住宅も工務店より、住宅メーカーが安心?

工務店、無垢と珪藻土

横浜でのマンションの杭工事の問題が、全国に広まって
毎日のように新聞やテレビを賑わせています。

誰もが知っているような会社が売主、施工者、下請け、孫請け
として関わっていたので、世の中へのインパクトが
大きいと思います。

以前から言われていますが、建設業の重層下請構造が
問題の一端と言われています。

重層下請という言葉を説明すると、仕事の流れが、
ゼネコン⇒下請け⇒孫請け⇒さらにその先へと発注
されていかれることです。

現場で働く人員数は下へ行けば行くほど、多くなる
ピラミッド構造で、指示も上から下へ流れていくことと
なります。

では、マンションよりも規模の小さい
注文住宅でも、同じような下請け構造で
作られているのでしょうか?

結論として、下請けを使わないで家を建てている会社は
ほぼ存在しないと思います。

注文住宅を建てるにしても、大工さんだけで完成できる
訳ではありません。

基礎工事、左官工事、屋根工事、水道、電気etc…
といろんな専門性を持った職人が現場に入って
作業をします。

けっして、住宅メーカーの社員が作業して作るわけでは
ありません。

小さな工務店でも、大工さんや他の職種の職人を社員
として抱えている会社と、作業する職人は一人もいない
会社の2種類があります。

私の会社にも社員職人は数人いますが、
全ての作業を自社の社員で工事することはなく、
注文住宅を作るには、いろんな職種の下請けが必要と
なるわけです。

では、工務店や住宅メーカーは何をやっているのか?
となりますが、営業、設計、工事管理、工事監督をすることになります。

それなら、
工務店も住宅メーカーも仕事のやり方は
大体同じ形態なのね!

と思うかもしれませんが、少し違います。

工務店でも、もう一種類の工務店が存在します。
住宅メーカーの下請けオンリーで仕事をしている会社
が存在します。

この形態の工務店は、営業や設計をする必要がなく、
工事管理だけで済みます。

会社を運営するうえで固定費が少なく、仕事にあぶれない
ことが経営上のメリットです。

住宅メーカーとしては、そのような下請け工務店に
工事管理を任すことができ、

自社の社員監督は多くて10棟以上の現場を同時に
掛け持ちすることが可能となるわけです。

つまり現場には、たまに行けば済むこととなり、
工務店の監督が毎日のように現場に行くのとは仕事の
仕方が異なるわけです。

大きく違うのは、顔が見える仕事か
見えない仕事かです。

工務店は注文住宅を建てる時には、余程のことがないと
下請けでも、孫請け業者の人間は現場に居ないと思います。

しかし、住宅メーカーの現場では、下請け工務店以外の
ほとんどの職人が孫請けとなります。

さらに、現場に行く回数がたまになので、
顔すら合わせることがない職人がいるはずです。

その代わりに、作業内容を細かくマニュアル化して
管理する必要があるのです。

また、住宅メーカーの社員は、頻繁に現場に行くことが
できないので、品質管理の難しい無垢材や珪藻土などの
自然素材はあまり使わず、

マニュアル化しやすく施工の簡単な、合板フローリングや
ビニールクロスを好む傾向にあるのです。

職人の立場に立って考えると、
住宅メーカーは上意下達でコスト、工期に縛られる、
管理されながらの仕事相手

工務店は、マニュアルだけに頼らずに、顔を会せて
一緒に仕事をしていく共同体といえると思います。

ここまで、工務店寄りの内容で書いてしまいましたが、

注文住宅を建てる時にどちらを選ぶのか?
は志向に合わせて決めるのも一つの方法だと思います。

抽象的な言い方になりますが、
手作りの良さを求めるのであれば、工務店、
ブランドを重視するのであれば、住宅メーカー
という選択方法です。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 注文住宅 工務店 住宅メーカー | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅を建てる工務店と住宅メーカーの違い はコメントを受け付けていません。

注文住宅を建てる時のデザインとマナー

投稿日:2015年11月24日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

注文住宅を建てる時にもマナーはあります。

注文住宅、デザイン
最近テレビで、日本人のモラルが低下していることを
警鐘している番組を見ました。

私の会社でも、職人へのマナー教育は重視していますし、
工事期間中は、お客様を代理しているつもりで、
ご近所への挨拶などは欠かせません。

家の完成後に、お客さんがご近所にスムーズに
溶け込めるためには、我々の工事中から我々のマナーも
大事だと思っています。

それとは違う観点でもう一つ、
注文住宅のデザインにもマナーは必要です。
というと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、

なにも凝ったデザインをしてはいけないと
言っている訳ではありません。

しかし、
お隣が注文住宅を建てだすと、どんな家ができるのか
気になるのが人情だと思います。

実際に注文住宅の工事中には、ご近所の人から、
どんな大きさなのか?高さは?
などの質問を受けた経験が何度もあります。

家づくりをするときには、
建築基準法や条例などにより、いろんな制限を
受けながら、計画を立てなくてはなりません。

一般の方でも、建物の大きさの限度を決めるためのもの
として建ぺい率や容積率という言葉を聞いたことが
あると思います

その他にも、高さや階数に対しての制限、
お隣との間隔を決めている民法や地区計画、
北側のお隣の日あたりを配慮した斜線規制など
いろんなものがあります。

家づくりをする際に、いろんな希望はあると思いますが、
住宅地などでお隣のことを無視して、境界線ぎりぎりに
家を建てたりするのは、おかしいことですよね。

裏を返せば、
建築基準法や条例などは家づくりをする時の
最低限のマナーを明文化したものといえるのです。

建築基準法などの法律は建物の構造など、
安全性を保つために設けられた技術的な部分と、

その土地ごとの環境や街並みのことを考慮して
定められている部分があると考えています。

住宅地の建ぺい率や容積率、最高高さが、
商業地域や工業地域よりも厳しい基準になっている
のはその一例です。

法律に定められていないとしても、外壁の色や
家の外観デザイン、外構、隣地との間隔などについては、
街並みや景観を考えながら家づくりの計画を立てる
ことを私の会社ではお勧めしています。

何年か前に、ある漫画家か建てた家の外壁の色使いが
問題となり、近隣の住民から裁判を起こされた
なんてことがニュースになっていました。

漫画家の事例は稀なケースだと思うのですが、
街並みやご近所の方々と調和しながら、満足した生活を
送るためにも家づくりのマナーは重要だと思うのです。

家は他人にその外観デザインで自慢したり
自己主張したりするためのものというよりも、
希望の生活スタイルを実現するためのものですから、
家づくりは、まずは自己満足で
いいと思うのです。

家づくりは、与えられた法律やマナーなどの制約を
守りながら、家の形や間取りを決めるだけでなく、

床にこだわって無垢材を選んだり、壁は調湿する珪藻土
などの塗り壁を選んだりと
楽しめる部分がいろいろとあります。

楽しみの結果が、周囲と調和しながら、自分の満足いく
暮らしにつながっていけばと考えています。

そして家に訪れた友人などが、いいね!
と言ってくれたら大成功の家づくりをさらに実感
できるはずです。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 注文住宅 デザイン マナー | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅を建てる時のデザインとマナー はコメントを受け付けていません。

注文住宅を建てる時の土地探し、建築条件付土地の場合

投稿日:2015年11月21日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

建築条件付土地でも注文住宅は可能か?注文住宅、建築条件土地

前回、土地探しをする際の注意点について書きましたが、
今回は建築条件付土地についてです。

土地を購入しようとして、ネットや不動産屋さんで
探したことがある人なら、この言葉を目にしたことが
あると思います。

建築条件付土地って何?
と思う人もいると思うので、説明します。

建築条件付土地とは、文字から想像すると建てる家の
形状や外壁の色などの指定がある土地のように
思うかもしれませんが、そういうことではありません。

土地の販売者が購入者に対して、住宅を建てる時の
建築会社を指定して販売している土地のことを言います。

平たく言えば、
「○○ホームで家を建てることを条件に、この土地を
売りますよ」ということです。

土地の販売者と家の建築業者が同じ場合もありますし、
別々の場合もあります。

販売者としては、土地代金だけでなく住宅の建築工事
でも利益を出せることとなりますし、

別の会社に建築を任せるとしても、リベートが入る
可能性があり、メリットがあるかもしれません。

また、建売住宅のように家が完成してから売る
のではなく、完成の前に買い手を見つけられるので、
販売者にとっては会社の資金繰りなどの面で
メリットがあると思います。

建築条件付土地であっても、土地の契約と建物の契約は
それぞれ別々に結ぶこととなりますが、

土地の契約後、3か月以内に建物の請負契約を
結ばなくてはならいことが一般的のようです。

3か月以内に建築工事の着工ができなければ、
土地の契約は白紙になることになります。

では、
購入者にとってはどんな
メリット、デメリットがあるでしょうか?

メリット
●完全な注文住宅と違い、工務店や住宅メーカーを
選ぶ手間が省ける。

●建売住宅のように出来上がったものではないので、
ある程度、自分の希望を実現できる。

●建売住宅と違い、工事中のチェックができる。

デメリット
●気に入った工務店、住宅メーカーで建てられない。

●じっくりと家の間取りや仕様について考える期間が短い。

●自由設計だと思ったが、あらかじめプランや仕様が
決まっていて、実質、建売住宅と変わらない場合がある。

●仕様を変更しようとすると建築費が高額になる
ことがある。

他にもいろいろとあると思いますが、
建築条件付土地を購入して、家を建てることに
向く人と向かない人がいると思います。

建築条件付土地でも、あくまで土地を購入してから
家を建てることに変わりはないので、注文住宅と呼べると思います。

ただし、上に書いたような、
メリット・デメリットを認識していないと
満足度が変わってくるはずです。

特に、無垢フローリングや珪藻土などの塗り壁に
したかったけど、仕様変更ができなかった。

もしくは、自然素材の家にしようとしたら金額が
かなりアップした。対応してもらえなかった。
なんてことは、私もよく聞くことです。

土地だけでなく、家へのこだわりが強い人が
建築条件付土地を選ぶ場合は、
指定された建築会社の姿勢や技量も
よく見極めることをお薦めします。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

家づくりを考えているけど、
忙しくてなかなか時間が取れない方、
何から始めたらわからない方に、
無料メールセミナーを用意しています。
こちらからご登録ください。

メルマガ登録
カテゴリー: 注文住宅 土地 建築条件付土地 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅を建てる時の土地探し、建築条件付土地の場合 はコメントを受け付けていません。

注文住宅、土地を探して建てる時の注意点

投稿日:2015年11月19日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

建物が先か土地が先か?

建物が先か、土地が先か?
当然のことですが、注文住宅を建てるには、
土地がなければ建てることができませんね。

しかし、ここで言うどちらが先かということは、
どちらを先に考えるかということです。特に注意点は、
予算についての順番をどう考えるべきかということ
です。

駅や学校に近く、近隣に商業施設などがある利便性の
高い土地は人気があり、地価も高いはずです。
また、広い敷地の土地も当然、それなりの予算が必要
となりますね。

注文住宅を建てようとする人は、土地へのこだわり
とは別に、家へのこだわりを持っている人が多いと
思います。

どんな大きさ、間取り、仕様でもいいという場合は
別ですが、少しでも家にこだわりがある場合は、

先に土地を決めてしまい、後から建物のことを
考えることはおススメできません。

家の予算を先に決める、
もしくは家と土地の予算を同時並行で
検討することをお薦めします。

土地の購入を先に決めて、後で家を建てることを
考えるという流れだと、冒険と言わざるを得ないから
です。

良い土地が見つかったからといって土地と建物の
資金配分を決めずに、すぐに土地の購入を決めて
しまうと、

後になって、家に回す予算が足りない
ことに気づくことがあります。

希望の間取りや自然素材などの仕様を
諦めなくてはならないといったケースを目にしてきました。

注文住宅は、どんな生活をしたいのかを描いて
予算と相談しながら実現していくものです。

間取りの希望や、床には無垢材、壁には珪藻土といった
自然素材を使いたいという希望が、それぞれにあると思います。

予算以上の土地を買ってしまうと、そんな希望を
叶えられずに、家への満足感が足りない場合が
出てきてしまうことがあるのです。

また、
注文住宅を建てるには、土地それぞれに
制約がつきものです。

制約というのは、主に建築基準法や条例のことです。
例えば、擁壁を作らなければ家を建てる許可が下りない
とか、斜線規制で総2階の家を建てられない…などの
制約が土地ごとにあります。

そういった制約を知り理解しながら、土地探しをしたいものです。
同じ面積の土地でも、それぞれに特徴があるはずで、
付随した予算が必要な土地と必要でない土地があるのです。

ですので、土地を選ぶ際には、できれば工務店など、
建築のプロの視点から、注意点のアドバイスを受ける
ことができれば、心強いと思います。

結論として、
家づくりで成功するには、肝は資金計画
となると考えています。

土地探しの段階から、工務店などの専門家に
注文住宅の仕様のことは当然として、
ファイナンシャルプラン、資金の割り振り方、
住宅ローンのことなどを相談しながら進めていくこと
をお薦めします。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

家づくりを考えているけど、
忙しくてなかなか時間が取れない方、
何から始めたらわからない方に、
無料メールセミナーを用意しています。
こちらからご登録ください。

メルマガ登録
カテゴリー: 注文住宅 土地 注意点 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅、土地を探して建てる時の注意点 はコメントを受け付けていません。

注文住宅を建てる時、計画性と感受性、両方が必要

投稿日:2015年11月16日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

注文住宅には、計画性と感受性の両方が必要です。

注文住宅と計画性
家を建てる時に計画性が大事だということは、資金計画
であったり、長期的なメンテナンス計画であったりと、
アレコレ想像がつくと思います。

でも、
感受性?そんなの家に何の関係があるの?
というところだと思います。
これが意外と注文住宅を建てる時には重要なんです!

なので、今回は感受性のほうを主に説明していきます。

もし、分譲住宅や中古住宅を購入する場合は、
既に出来上がった物を目で見て触れて購入を決める
ので、それほど感受性は必要ないかもしれません。

マンションや分譲住宅でも、建物の完成前に契約をする
ケースもありますが、施工業者、間取り、使う材料は
決められた仕様で購入することになるので、感受性は
必要ないと思います。

では、注文住宅の場合はどうか?
まずは、会社選びで必要となります。自分と相性、
フィーリングが合う担当者なのかを感じることが
必要なのです。

注文住宅を建てるには、いろいろと計画を建て
なくてはなりません。

依頼する工務店、住宅メーカーの担当者と何度も
打合せが必要となります。

お金のこと、建てる時期のこと、プランのこと、
使う材料のこと…

計画を建てるのに何度も顔を突き合わせて、
打合せするのであれば、自分と相性がいい人に安心して
任せたいものです。

住み出してからも、何かあればすぐに駆けつけて
くれる人なのかどうか、頼りになる存在なのかを
判断しなくてはなりません。

だから、
人への感受性、見抜く力が必要となるのです。

次に、
物、デザインに対する感受性です。
工務店にしろ、住宅メーカーにしろ、自分の会社が使っている材料
についてアピールしてくると思います。

汚れが落ちるビニールクロスの機能性や、傷つきにくい
合板フローリングだったり、

逆に、珪藻土など、自然素材の調湿性や、無垢フローリングの
温かみだったりといった具合です。

説明を聞いて理屈でわかることもあります。
しかし、本当に自分の求めているものなのかどうか、
合うものなのかどうかを判断するのには、迷うのが人間です。

そんな時はやはり感受性に頼ってみる。

場合によっては、その会社が建てたOBの家を見せてもらう。

築後数年経って、珪藻土、無垢フローリングに五感で
触れてみて、自分の求める物なのかどうかを判断してみるのです。

現代は変化のスピードが速いです。家づくりも同じで、
工法や建材も毎年いろんな新しい物が登場します。
流行みたいなものもあるかもしれません。

後になって、友人などの家を見て、ああすれば良かった、
こっちにすれば良かったと思わないためにも、

計画性と感受性の両方が、必要になるのだと感じています。
自分達がはじめに、本当に納得していれば後になって
目移りしないはずだと思うのです。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 注文住宅 計画 感受性 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅を建てる時、計画性と感受性、両方が必要 はコメントを受け付けていません。
12

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2015年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリ