八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» 2016 » 2月のブログ記事

自然素材の家と地域性、東京、八王子では?

投稿日:2016年02月27日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

最近、八王子の工務店である大久保工務店に家づくりの相談に
来られる方は、自然素材を使うことを前提にしている方が多いです。

自然素材というと、連想する言葉はエコ、ロハス、
古民家、田舎などなど浮かびますね。

自然素材の家、八王子
実際に昨年から相談に来られている方は、
田舎にいるおばあ様の古民家の雰囲気を気に入ったのが、
自然素材の家に興味をもったキッカケだそうです。

田舎でなくても自然素材の家を味わいたい!
という気持ちが生まれたそうです。
(八王子は東京の片田舎といった感じですが…)

しかし、自然素材の人気が高まったことについて
私にはその理由が以前から明確には
分からないでいました。

確かに、家づくりのプロとしては、無垢材の温もりや珪藻土などの
塗り壁材の調湿性能がいいと思ってお客様にお勧めしています。

でも、
自然素材が良いと思う気持ちは性能や理屈ではない。
ということに、お客様とお話しているうちに感じるようになりました。

冒頭で触れたお客様のように、自然素材の家がいいと
思ったきっかけは、湿度の吸放出性能や体感温度などの
数値データを理解していいと感じたのではなく、

なんとなく雰囲気が良いとか、落ち着く、
なんとなく温かみを感じていいと思う方がほとんどです。

理屈で良いと思うのではなく、なんとなく良い
なわけです。

さらに、
なんとなく良いが継続すると他にも良いことがある!
それを最後に説明します。

自然素材がなんとなく良いといっても、今迄はビニールクロスや
合板フローリングなどの新建材に囲まれた環境で生活していた方が
ほとんどだと思います。

住み始めた時は、ピカピカ、テカテカで喜んでいても、
合板フローリングについた傷が増えた、表面が剥げた、
ビニールクロスが汚れてくすんだ色になってきた、

そんな感じの劣化が進むと、自分の住まいへの思いはどうでしょうか?
知らず知らずのうちに愛着心が薄れてくると思います。

一方で、
自然素材は初めからピカピカでも
テカテカでもありません。

無垢の木の表情や塗り壁のマッドな雰囲気を特徴としているからです。

ただ、そのような自然素材の質感は古くなっても劣化しちゃったなあ~
という印象を受けない人が多いはずです。

無垢フローリングの色が飴色に変化したり、傷がついても味わい
と捉えることができるのです。

このような現象は劣化とは違い、
経年美化や古美る(ふるびる)という言葉で表現できます。

私が言いたいことは、
古民家とまでいかないかもしれませんが、自分の家に対して、
なんとなく味わいを感じられれば、
愛着を失うどころか、愛着心が長年に渡って
増していくということです。

それが自然素材の家に住むことの醍醐味だと思っています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 自然素材の家 八王子 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材の家と地域性、東京、八王子では? はコメントを受け付けていません。

家づくり 掃除用具の収納スペース

投稿日:2016年02月25日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくり№1工務店を目指す
大久保工務店 スタッフの大久保ともこです。

家づくりで、後回しにしてしまいがちな
掃除用具のための収納スペースのこと
考えてみてはいかがでしょう?

無垢の床と塗り壁

家づくりをお考えの方に、
どんな家にしたいかご希望をお聞きすると
必ずといって良いほど
『収納は広めにしたい』
という返答をいただきます。

しまうべき場所=収納スぺースがたっぷりあれば、
すっきり片付いた状態が実現しそうです。

すっきり片付いて、清潔で気持ち良い生活
理想的です。

たいてい、年に何度かは大がかりな掃除や片付けをします。
年末の大掃除、大事なお客様をお迎えする時、
衣替えの時期などいろいろあります。

その都度毎回思うことは、
不必要なものはもうため込まない、
こまめに片づけをする、
こまめに掃除をする、
ということ。

そして
今度こそこのキレイさを維持して行こう
と決意をするのは、皆さん同じだと思います。

すっきり片付いていて、清潔で気持ちの良い家を
維持するためには、
結局のところ

収納スペースに収まりきらないほど物を多く持たず、
こまめに片づけて掃除をするしかないということは
うすうす(もう十分に?)分かっていることです・・・

家づくりが完成して、いよいよ新居へお引越しという場合、
不必要なものは処分していて少なく、
身軽な状態になっているので、

すっきり片付いて、清潔で気持ち良い理想の生活の
実現へむけて、一歩リードかもしれません。

あとは今後、片付け、掃除をこまめにやるだけ
のはずです。

では、面倒な片づけや掃除が、
負担に感じずできるためには、どうすればいいのでしょう?

片付けやすいためには、
使う場所の近くに所定の収納スペースがあり、
取り出しやすく、しまいやすいことが大事です。

使い終わったら所定の収納スペースに戻す。
シンプルです。

所定の収納スペースにしまい、出しっぱなしになっていなければ、
掃除だってとてもやりやすくなります。
物を移動させながらの掃除は、面倒くさくて嫌なものです。

実は、掃除用具こそ
近くに所定の収納スペースがあり、
取り出しやすくしまいやすいことが大事だと
いえます。

近くに収納してある掃除用具を、さっと取り出し掃除して
しまう(収納スペースに戻す)。

コーヒーをこぼしちゃった等という、突発的な掃除にも
普段の掃除にも言えることですが、

掃除をしようとする場所の近くに掃除用具がないと、
わざわざ遠くへ取りに行かなくてはいけません。

面倒くさくて、ちょっとイライラしてしまったり、
ま、いっかぁ・・・・
と、放置してしまうことにもなりかねません。

思い立ったら、掃除用具をさっと取り出し
拭く、磨く、掃除機をかける・・・
といったことができる状態にしておければいいですね。

いつでもきれいにしておきたい場所、

例えば家族が集まるリビングや、
一番人の目に触れる機会の多い玄関、

の近くに、ワイパーや掃除機用の収納スペースを
確保できればいいですね。

収納というと、衣類や寝具、キッチン回り、日用品のストック、
かさ張るレジャー用品等々いろいろな種類があります。

掃除用具のための収納というと、
後回しにしたり、見落としたりしがちです。

わくわく楽しい事でもなく、
やらずに済むならそれで済ませたい
片づけや掃除のための収納を考えることは
家づくりの中では、地味な作業かもしれません。

ただ、生活の中でずっとやり続けないといけないことだから、
いつでも負担に感じずに出来ることが大事です。

建売や賃貸では、思い通りの収納は得られません。

家づくりをお考えの方は、
これからずっと住み続ける家で
すっきり片付いて、清潔で気持ち良い生活を実現させるため、
掃除用具のための収納スペースも忘れずに整えることが
大事ではないかと思います。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 家づくり 掃除用具 収納 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 家づくり 掃除用具の収納スペース はコメントを受け付けていません。

八王子、多摩地域で家を建てる時、土地選びでの注意点

投稿日:2016年02月18日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す、
大久保工務店 代表の大久保篤です。

家を建てる時、土地選びで注意点が一つあります。

擁壁のある家

擁壁のある家

昨年末から多摩地域で土地を探しながら家を建てようとしている
方からの相談が八王子の工務店である大久保工務店に続いています。

土地を買おうとした時には、普通は金額、広さ、陽当たり、
駅からの距離などに目が行きがちですね。

でも、一つ忘れてはいけない項目があります。
それは、擁壁です。

大久保工務店のある八王子、多摩地域は丘陵が多い地域です。
高度成長期の住宅需要が旺盛な頃に、大々的に開発された住宅地
がたくさんあります。

適度に緑があり近くに公園なども整備された閑静な住宅街は
子育て中の人など、気に入る人も多いです。
しかし、丘を切り拓いて開発されたということは、坂道が多いということです。

坂道ということは、土地が面する道路と敷地に高低差があり、
擁壁や土留めがあるケースが多いのが特徴です。

では、擁壁の何が問題なのでしょうか?
敷地の入り口から、家の玄関まで階段を登らなければならい、
というようなことではありません。

そのままでは、家を建てることができない
擁壁も存在するのです。

場合によっては家を建てる前に、擁壁を壊して作り直さなければならない
ケースもあるのです。

擁壁を作り直すのには、数百万円単位の費用が必要となります。
近隣に比べて、土地の値段が安いからといって擁壁がある場合は、
その擁壁がそのまま利用できるかどうかの見極めが必要となるのです。

そもそも擁壁の役割は何かというと
高低差のある土地の崖崩れを防止するのが目的です。
せっかくの立派な家も、ただの崖の上に立っていれば、
崖崩れがあった時などにどうなるか誰でも簡単に想像がつくと思います。

では、どのような擁壁がそのまま使えないのでしょうか?
簡単に言うと、古くて劣化している擁壁や、安全な構造耐力を無視して
作られた擁壁です。

また、建築基準法や宅地造成等規制法、条例などで擁壁の安全性と
建物との関連性が規定されています。

細かい規定を説明すると長くなるので、ここでは省略しますが、
コンクリートブロックや玉石などで簡単に積まれたものは、
崖が崩れるのを防止するには安全な構造とは言えないのです。
気をつけて見れば、意外とそういう擁壁を目にする機会は多いのが実情です。

自分の土地や購入した土地の擁壁が安全な
構造でない場合は、

家を建てるために、擁壁を作り直すことがスタンダードな考え方です。
しかし、擁壁を作り直すための費用だけで、がかなりの負担となり、
家づくりの予算が圧迫されることになってしまいます。

ただし、擁壁の費用をかけずに家を建てる方法もあります。
普通の土地に家を建てる場合と比べて、
全く追加費用が発生しないわけではありませんが
、擁壁を作り直さずに家を建てる方法です。

下の図で簡単に説明すると、擁壁
擁壁の一番低い部分から30度の角度で線を図面に引きます。
その線の下まで、深く基礎を構築したり、又は杭を打ち込んで
家を作る方法です。

この方法のほうが、擁壁を作り直すよりも低コストで家が建てられるのです。
万が一、擁壁が崩れて土が崩れるのは、30度の角度よりも上の部分
と考えられており、下の部分に基礎や杭があれば、
家はそれによって支えられるという考え方です。

いずれにせよ、家を建てようと思った時に
擁壁など家以外のことは見落しがちになると思います。
土地を買う時には、駅からの近さや周囲の環境などを優先するし、
不動産会社の情報に頼るのが常だと思います。
しかし、家を建てるのは工務店などの建築会社です。

気に入った土地があった時などには、
建築のプロである工務店目線での土地に対する
アドバイスも有効な場合もあると考えています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら

 

カテゴリー: 未分類 | 八王子、多摩地域で家を建てる時、土地選びでの注意点 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2016年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829  

カテゴリ