八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» 2016 » 3月のブログ記事

八王子、多摩地区で工務店の地産地消の家づくりとは

投稿日:2016年03月15日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

国勢調査で調査開始以来、初めて日本の人口が減少した
というのが先月のニュースにありました。
減少が著しい地域もあるそうで、何だか考えさせられます。

地域の衰退を防ぐために、以前から地方創生とか地産地消による
活性化が言われていますね。

私の守備範囲である

家づくりにおいての地産地消、
特に多摩地区、八王子で考えてみました。

工務店の地産地消
地産地消というと、まず農産物が思い浮かぶと思いますが
家づくりにおいても、通じるものがあります。

まず柱や土台に使われる構造材と呼ばれる木は、国産材よりも、
北米産や欧州産の輸入材が実はシェアを持っているといわれています。

輸入材は、高度経済成長以降の住宅需要が旺盛な頃から
シェアを伸ばしてきました。

そのことにより、国内の林業の力が弱まり、担い手不足などの
いろんな問題が出てきています。

東京でも実は多摩地区西部で産出される杉や桧があり、
多摩産材と呼ばれていますが、価格が高めなのと供給量の少なさから、
なかなか利用できないのが実情です。

大久保工務店でも主に使っているのは、
お隣の埼玉県の秩父地方などで産出されるものです。

地産地消の意味は物だけではない。
地元で作られた農産物や物を購入するというと、
物や材料自体へ意識が行きがちですね。

しかし、それらを消費するということは、生産している人の
確保促進につながります。

それは分かっていても、供給量の少なさ、高めな価格から、
なかなか手が出ないのが実情だと思います。

経済がグローバル化している今、ネット通販などの手軽な入手方法
があるので、なおさらですね。

しかし、
工務店の家づくりは、まだまだ地産地消と言えます。
材料となる木材などは地域で生産されたものを
全てに使うというわけにはいきませんが、

大久保工務店では、作り手である大工さん、左官屋さん、
基礎屋さんなどの職人さん達は皆、
八王子在住かその近隣の人達です。

八王子や多摩地区から外に出て家を建てることは、めったにありません。

また、無垢材や塗り壁材などの自然素材を多く使うので、
まだまだ手仕事が必要な家づくりをしています。

そう考えると、私も含めて職人たちは世の中の流れから逆行している
ローカル人といえます。

ですが、
作り手が身近にいて顔が見えるということは、
ある意味、地産地消と言えるのでは、と思っています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 八王子 工務店 家づくり | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 八王子、多摩地区で工務店の地産地消の家づくりとは はコメントを受け付けていません。

マイナス金利の家づくりへの影響

投稿日:2016年03月11日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

2月から始まった日銀のマイナス金利政策は、
家づくりにどのような影響があるのでしょうか?

大久保工務店の本業は家を作ることです。
金融の専門家ではありません。

しかし、
家づくりの前に大久保工務店では資金計画を
大切にしています。

家を建てる時に、ほとんどの人が住宅ローンを利用しています。

家を建てたはいいけど、その後の生活が、住宅ローンの返済で家計が苦しい
というようなことがあってはならないと考えているからです。

物知り顔で金融政策を語るつもりはありませんが、
マイナス金利の目的は、銀行は日銀ばかりにお金を預け入れて
利息で稼ぐことをせずに、企業などへの積極的な貸出しを促して
景気を刺激することだと思います。

銀行にとって大事な収益源の一つなので、
住宅ローンもマイナス金利の効果が出だしています。

ここ数年、住宅ローン金利は各金融機関の競争により、底だと言われてきました。

しかし、2月と3月のメガバンクの金利を見ると、
A銀行の場合
当初10年固定金利(最優遇):1.05%(2月)
→0.80%(3月)▲0.25%ダウン

35年全期間固定金利:1.85%(2月)
→1.65%(3月)▲0.3%ダウン
です。

因みに全期間変動タイプの金利は2月と3月で変わっていません。

また、ネット銀行であれば、さらに低い金利もあります。

窓口になる金融機関や、自己資金の割合によって金利のタイプが何種類かありますが、
全期間固定のフラット35の動向も確認してみます。

今回は自己資金10%以下、手数料定率型の動向をみてみますね。
A銀行を窓口とした場合
1.92%(2月)→1.69%(3月)▲0.23ダウン
やはり、フラット35も下がっています。

ここで、
注目したいのは35年全期間固定とフラット35の金利です。

というのは、同じ35年固定でも
銀行の金利1.65%、
フラット35は1.69%
で銀行の金利の方が少しだけやすいですね。

これまで長い間、全期間固定金利はフラット35の方が安い傾向にありましたが、
3月で逆転しました。

ここで、忘れてはならないのがフラット35Sの存在です。
耐震性などのグレードを上げた家を建てると金利の優遇が受けられるのがフラット35Sです。

普通のフラット35にSがつくと1.69%から▲0.3%され、
当初10年間の金利は1.39%となります。

ただし、金利以外に必要な費用があり、
実はそれぞれに違いがあります。

それらを表にしてまとめてみました。

3-11マイナス金利1

銀行ローンでは、かかるお金もあれば、フラット35では、かからないお金もあったり、
その逆もありますね。

これらの諸費用も含めて、どちらを選択したらいいのか
試算してみました。

前提条件として、
借入金額:4,000万円
期間:35年
で試算してみたのが、下の表です。

3-11マイナス金利3

単純に返済総額を比べると、フラット35Sに軍配が上がりますが、
諸費用を含めて考えると総額が約160万円分、
銀行ローン側に逆転することとなります。

また、毎月の返済額は、
銀行-約12.5万円、フラット当初10年間12万円ですが、

フラットには年1回、団体信用生命保険料の支払いがあります。
1年目14.3万円・・・10年目11.3万円・・・、それ以降も返済に応じて、
徐々に保険料は下がっていきます。

団体信用生命保険料も含めた、支払額を年単位で考えると、
銀行ローンの方が数万円支出が減ることとなるわけです。

マイナス金利政策が実行されて、
住宅ローン金利の動向が流動的な状況の今、
このようにシュミレーションしてみることは、有効です。

また、金利変動型なのか、固定型を選ぶのかなど、色々と迷うこともあるでしょうし、
資金計画は個人のライフスタイルによって、
合うタイプがそれぞれ違います。

家づくりのことだけでなく、資金計画に詳しい工務店は意外といます。

資金計画を含めて、本来楽しむべき、
自然素材のこと、間取りのこと、などを
工務店に相談してみるのも、おススメです。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら

カテゴリー: マイナス金利 家づくり | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | マイナス金利の家づくりへの影響 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2016年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリ