八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» 2017 » 4月のブログ記事

自然素材の家と普通の家

投稿日:2017年04月18日 作成者:


自然素材の家にするのか
普通の家にするのか?

家づくりを進めていくと、
いろいろな事を選択し、決めて行きますが、
これもその一つですね。

自然素材の家でも、普通の家でも、
自分の考え方、暮らし方に
ピッタリ合っているかどうかが大切です。

普通の家ってどんな家?

八王子市で創業55年、自然素材の家づくり№1工務店を目指す
大久保工務店 スタッフの大久保ともこです。

いわゆる普通の家というのは、
床は合板フローリングで
壁はビニールクロスがはられています。

本物に似せた
本物ソックリの工業製品に囲まれた
暮らしといえます。

工業製品だから、
日々改良が加えられ

施工の際は、
より簡単により効率的に誰でも施工できるように、

見た目も、
より本物に似せた精度があがってきています。

本物ソックリの木目模様がついたフローリングや、
職人技のコテ塗り風のパターンや、
かわいらしい布目調模様のビニールクロスなど

種類も豊富に出回っています。

一般的に、そういった
本物ソックリの工業製品、新建材に囲まれていることが多く、
新建材の家が当たり前、普通の家と考える人が大半です。

何が本物か知らない人が意外に多い!

新建材とビニールクロスの家が当たり前で、
それが普通の家だと考える人が大半で、

そんな人が、はじめて自然素材の家を見たり触れたりすると
とてもビックリします。

実際に、無垢フローリングと合板フローリングを
見比べてみて、

合板フローリングは本物の木ではなく、
本物の木の木目模様を
真似してプリントして貼り付けてある工業製品だということを

はじめて知ったり、

古民家のように、
何ともいえない深い味わいがある家は、
本物の木が、凹んだりキズが付いたりシミができたりしながら、
時間をかけて少しずつ変化していった結果なのだと、
当然知ってはいたはずなのに、

改めて気付いたりします。

「無垢のフローリングという存在を知らなかった。
傷がついてボロボロに劣化していくだけのニセモノに、
高いお金を払うのが普通だなんて・・・」

と言うお客様も実際にいらっしゃいました。

自然素材の家と普通の家、どちらが良い家?

新建材とビニールクロスの普通の家にも
本物で出来ている自然素材の家にも

それぞれに長所・短所があり、
それぞれの持ち味があります。

暮らす人の考え方、生活のしかた、しやすさに
合っていない選択をすれば、

長所が欠点になってしまいますし、
不満を感じ、後悔してしまいます。

新建材にしても自然素材にしても
持ち味をよく理解して、
自分の暮らし方に合わせて採り入れないと、
自分にとっての良い家はできません。

自然素材の家の
心地よさや雰囲気、味わいも、

家をただ寝に帰るだけの箱と
考える人にとっては
全く価値をなさないでしょう。

新建材の家の
ピカピカした画一的な感じが
好きな場合や暮らしやすい場合もあります。

「夫婦がメインの家だし、
本物に囲まれてゆったり過ごしたい。」

「子供がまだ小さいから、
キズやしみは気になるし、
ずっとピカピカなのが良いな。」

「子供はまだ小さいけど、
キズやしみも家族の歴史だし、
味わいと思って気にしない。」

など、考え方や状況がそれぞれに違い、
何が正解なのかも、それぞれに違います。

持ち味をよく理解した上で、
自分の暮らし方に合う選択が出来た家が
良い家なのであって、

普通の家であろうと自然素材の家であろうと
その部分は変わりません。

自然素材の家が合うのは?

家は、住めればそれで良い。
寝に帰るだけの箱。

そう考えるのであれば、
普通の家なら欠陥住宅でない限り、
普通に住めるし、寝られるので
必要充分かもしれません。

家は、大切な家族と、
ずっと気持ちよく楽しく暮らしていく場所に
したい。

そう考える方は、
空気や肌触りの心地よさ、雰囲気なども、
本物であってほしいと思うでしょう。

キズや凹み、シミも、家族の歴史。

みすぼらしく劣化するのではなく、
家族と一緒に成長し、
味わい深いものと変化していく家が
きっとぴったりだと思うのです。

いかがでしたか?

サイズが合っていない服は、
どんなにお洒落なデザインでも、
どんなに高級なものでも、全然似合いませんし、

例えサイズがピッタリでも、
自分らしさが損なわれていると、
やっぱり全然似合わないし、着ていても楽しめません。

自然素材の家であろうと、普通の家であろうと、

家は「住めれば充分、寝に帰るだけの箱」と考えるのか、
「大切な家族との暮らしを作り、家族と一緒に成長するもの」
と考えるのか、

そういう考え方や価値観、暮らし方に
ピッタリ合った家づくりを実現したいですね。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 自然素材の家 普通の家 | タグ: , | 自然素材の家と普通の家 はコメントを受け付けていません。

自然素材の家の新築のにおい

投稿日:2017年04月10日 作成者:


新しいモノのにおいってありますね?

新品の家具や家電、衣類にも
独特のにおいがあるし、

もちろん家にも
「新築のにおい」があります。

自然素材の家は
いわゆる「新築のにおい」が
ほとんどしません。

これも、
自然素材の家の特徴のひとつです。

ワクワクする新築のにおい

八王子市で創業55年、自然素材の家づくり№1工務店を目指す
大久保工務店 スタッフの大久保ともこです。

新築の家に遊びに行くと、
「新築のにおい」がします。

新築の家に遊びに行く機会は、
そうそう何度も頻繁にあることではありませんが、

「新築のにおい」というと、
「あぁ、あのにおいね。」と、
誰もが思いおこすのが不思議です。

新しい家での
これからの暮らしへの期待でいっぱいで、
ワクワクするにおい、うれしいにおいと感じる場合も
時にはあるかもしれません。

新築のにおいは、化学物質のにおい

ワクワクする気持、うれしい気持を
差し引いてしまうと、
あの「新築のにおい」は
化学物質のにおいです。

普通の家の新建材、
合板フローリングは、

薄い板を何枚も接着剤で張り合わせ、
表面に木目模様をプリントした薄いシートを
貼り付けて出来ています。

だから、化学物質がたっぷりです。

普通の家の壁といったら
ビニールクロスですが、
これも石油製品ですから、化学物質が放出されます

新築の家独特のにおいは、
新建材やビニールクロスが放出している
化学物質のにおいです。

よく耳にする、ホルムアルデヒドは
法律で規制されてはいますが、
それ以外にも化学物質はたくさんあります。

自然素材の家の、新築のにおい

自然素材の家の完成見学会に来てくれた
お客様の実際の言葉です。

「この家は、新築のにおいがしませんが、
築後どのくらい経っているのですか?」

「先ほど、ほかの新築の家を見てきたのですが、
その時のにおい、この家ではしませんね。」

と、においについてのお話が
意外に多かったのです。

自然素材の家は、

壁と天井は、
石油製品のビニールクロスではなく、
消臭効果や調湿効果のある珪藻土等、
自然素材の塗り壁です。

床は、接着剤だらけの合板フローリングでなく、
本物の木の無垢フローリングです。

本物の木ですから、
ほのかに木のにおいがします。

香料のような
「ザ・木の香り」というような強い香りではなく、
やさしい木のにおいがします。

暮らしを楽しむための自然素材の家

自然素材の家といっても、
化学物質がゼロというわけでは、
もちろんありませんし、

実際生活するために不可欠な、
家具や家電、カーテン等をはじめ、

化学物質はたくさんのものに
含まれ、放出されています。

それらを気にしすぎると、

ワクワク気分どころか、
暮らしを楽しめなくなってしまいます。

化学物質の「新築のにおい」ではなく、
木がほのかに香る、

深呼吸しても、直接肌に触れても
安心で心地よい自然素材の家は、

肩の力を抜いて、
なんか居心地良いな~
なんて言いながら

暮らしを楽しむのにこそ、ぴったりだと思うのです。

いかがでしたか?

「新築のにおい」は
ワクワクうれしい気持を差し引くと、
化学物質のにおいです。

自然素材の家は
「新築のにおい」はほとんどしませんが、

化学物質を完全にシャットアウトして
生活しようとすることは、
とても難しいし、きりがなく、

暮らしを楽しむ事が二の次になって
しまったら、元も子もありません。

木がほのかに香る、
深呼吸しても、直接肌に触れても
安心で心地よい自然素材の家は

暮らしを楽しみ満喫するべき場所であるはずだと
思います。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 自然素材の家 新築のにおい | タグ: , | 自然素材の家の新築のにおい はコメントを受け付けていません。

自然素材の家と工務店ならではの補助金

投稿日:2017年04月08日 作成者:


お客様と去年から打合せを重ねてきた自然素材の家
の補助金がもらえることになりそうなので、
やっと着工ができそうです。

「自然素材の家を建てると、補助金をもらえるの?」
と思われそうですが、結論から言うと
自然素材の家では補助金はもらえません。

ではどうすれば?について書いていきます。工務店_補助金
工務店ならではの地域型住宅グリーン化事業
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

今回建てる家は、国の制度である地域型住宅グリーン化事業
を利用して補助金を得ることとしました。

まず、地域型住宅グリーン化事業について説明します。

地域の工務店、材木屋さんなどが作った家づくりのグループに対して、
国から年度単位で補助金予算が配分されます。
ちなみに、グループの数は全国で約800近くあります。

どこかのグループに属している工務店に任せて家を建てれば、
補助金をもらって家を新築できる可能性があるのです。

工務店ならではの補助金と言っているのは、
「地域の工務店」で家を建てる、ということがミソ
の補助金なのです。

ただ、この段階では、あくまで可能性です。
可能性と言っている意味は下の方で説明していきます。

地域型住宅グリーン化事業の補助金の種類
地域型住宅グリーン化事業の補助金には3つの種類があり、
それぞれに補助金を貰うための基準があります。

1.長寿命型住宅(長期優良住宅)―100万円の補助金
2.認定低炭素住宅―100万円の補助金
3.ゼロエネルギー住宅―165万円の補助金
となります。

それぞれをごくごく簡単にいうと、

1.は、耐震性や耐久性などがあること証明できる住宅

2.は、国が定めた省エネ基準よりも10%以上
のエネルギー消費削減ができる住宅

3.は、エネルギー消費量がゼロになる住宅です。
事実上、太陽光発電などのエネルギーを作る設備が必要となり、
今さかんに見かけるZEH住宅とほぼ同じ仕様となります。
(ZEHについては、別の機会に書きたいと思います。)

基準をクリアしただけでは貰えない補助金
上で書いた補助金の基準を達成した家を建てるためには、
普通の家をつくるよりも、コストもアップし工務店の技術レベル
も求められることになります。

認定低炭素住宅<長寿命型住宅<ゼロエネルギー住宅
の順でコストが多く必要となります。

そして、上で述べたグループには複数の工務店が属しています。
それぞれの工務店には、補助金をもらって家を建てたいお客さん
がいるので、グループに割り当てられた予算が全てのお客さん
に行き渡ることができないのが常なのです。

今回、私の会社のお客さんはゼロエネルギー住宅の補助金を
もらえることとなりましたが、

たまたま、グループ内でゼロエネルギー住宅を建てるお客さん
が少なかったので、難なく補助金をもらうことができました。

家づくりの補助金でいえること
家を建てる時に高額な補助金をもらえれば、誰でも嬉しいし助かります。

でも、補助金をもらえなくてもゼロエネルギー住宅やZEH住宅、
長期優良住宅などを建てることで得られるメリットは他にもあります。

長期優良住宅であれ税制の優遇だったり、
ゼロエネルギー住宅やZEHの場合は、ランニングコストの減少です。

そしてなによりも高性能な家に住むことで、快適さを得ることができます。
それを考えると、補助金は貰えたらラッキー程度に考えるのがいいと言えます。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた企画住宅「べっぴんハウス」や、自然素材の家の資料をご用意しています。

カテゴリー: 工務店 補助金 | タグ: , | 自然素材の家と工務店ならではの補助金 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2017年4月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリ