八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

自然素材の家で珪藻土という選択

投稿日:2016年05月11日 作成者:


数種類ある塗り壁材の中で、自然素材の家に珪藻土を選択する人は多いですね。
私の会社でも定番となっています。

「家の中の空気がサラッとしていて気持ちいい」、
「嫌な臭いがしない」
という声を頂くこともしばしばです。

しかも、お住いの方だけでなく友人など訪れた人からも同じように
言われることがあるようです。

なぜそんな風に感じるのか、少しだけ説明します。

自然素材の家、珪藻土にはどんな効果がある?

珪藻土の壁
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

珪藻土の効果は何といっても調湿性能です。
珪藻土の壁が家の中の湿気を吸ったり吐いたりすることで、
湿度を調整することをいいます。

珪藻土を顕微鏡で除くと無数のミクロ単位の穴が空いています。
その穴が湿度の高い時は湿気を吸って一時的に蓄え、
乾燥している時期には、一度蓄えたものを吐き出してくれるのです。

珪藻土は、夏場には高温多湿、冬場は乾燥する日本の気候に、
適している素材といえます。

また、同じ理屈で空気に含まれる臭いの元を穴が吸い取ってくるので、
消臭効果もあるのです。
ただし、匂いは閉じ込めて吐き出さないという優れものなのです。

だから、「空気がサラッとしていて気持ちいい」
「嫌なにおいがしない」というのは、
自然素材の家で珪藻土が果たしている効果が大きいといえるのです。

自然素材の家で使う珪藻土はどんなものでも同じ効果がある?

珪藻土が塗り壁材として使われ出したのは20年位前からで、
建築材料としての歴史は浅いといえます。
しかし今では、珪藻土と名前のつく製品はいろんな物が販売されています。

価格もピンキリなので、できれば安いものが良いと思うのですが、
確認しなければならないのは、その成分です。
どんな成分かによって、得られる効果どれも同じという訳にはいかないからです。

というのも、珪藻土は水で練ってもそれ自体では固まらないので、
固めるための混ぜ物が必要です。

代表的なものとしては、ニガリ、石灰、ゼオライト、
合成樹脂(化学系接着剤)などが使われています。

ここで問題なのが、合成樹脂などの化学系接着剤が混ざった
成分のものは、せっかくの珪藻土の穴を接着剤が塞いでしまうのです。

つまり、穴が塞がってしまうことで、珪藻土特有の
調湿性能と消臭性能を活かせなくなることになってしまいます。

せっかくの自然素材の家で珪藻土が生む効果を活かすためには、
工事を依頼する工務店などに使う予定の珪藻土は、どんな成分で
固まるかを聞いてみる必要があるのです。

自然素材の家で珪藻土、欠点と解消する方法

ビニールクロスが一般的になる前の昔の家は、塗り壁が多かったはずです。
漆喰であったり、繊維壁なんていうのも記憶にある人が多いと思います。

昔の塗り壁はひびが入ったり、ポロポロ落ちたりするというイメージが
ある人も多いと思います。

珪藻土も多少のヒビ割れは発生しますし、
中には壁に触れると白い粉が付くのもあります。

まず、ヒビ割れについてお話すると、
壁の中にある柱などの木も自然素材なので呼吸して伸び縮みします。
その伸び縮みに珪藻土が同じようについていかないので、
ヒビ割れが出ることになるのです。

ただ、柱や石膏ボードなどを工務店がしっかりと下地処理すれば、
気になるような大きなヒビは入らないと思います。

また、細かいヒビが入ったとしても製品ごとに、簡単に自分で補修する
方法はあるので、工務店に聞いてみると教えてくれるはずです。

次にポロポロ落ちたり、白い粉が服についたりする心配ですが、
私の会社が使っている珪藻土にはそういう現象が起きていません。
この問題は、しっかりと使う珪藻土を厳選すれば解消できることです。

ただ、大事なのは自然素材の家でこだわって珪藻土を選んだのであれば、
細かいヒビなどのことを気にするよりも、
カッコイイ素材感や性能にフォーカスする方が、
上手に自然素材の家で珪藻土と暮らしていく方法です。

自然素材の家で珪藻土を使うと雰囲気は?

珪藻土のメリットは上で触れたように、調湿性能や消臭性能による
気持ちいい空気を感じながら生活できることです。

しかし、もう一つ得ることができるメリットは、
空間の雰囲気が良くなることだと自信を持っていえます。
壁は床と同じくらいに家の中の空間の雰囲気を決めるものだからです。

ビニールクロスとでは、比較にならない塗り壁ならではの表情がでるので、
味わいのある雰囲気を感じることができるのが、
自然素材の家に珪藻土を使うことのもう一つのメリットだといえます。

ビニールクロスには、塗り壁調、織物調、タイル調などの
本物を真似た柄がたくさんあります。
しかし、それはそれ、どこまで行っても本物の表情は出ません。

珪藻土などの塗り壁は、左官職人がコテを使って塗っていくので、
手作りの画一的ではない表情が出てくるのです。

親切な工務店であれば試し塗りをして、パターンの確認してくれるので、
自分好みの柄を選択することもできます。

いかがでしたか?

自然素材の家の中で、壁は床と同じくらい雰囲気や性能を決める
重要な要素です。塗り壁材の中でも珪藻土はおススメのアイテムといえると思います。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた企画住宅「べっぴんハウス」や、自然素材の家の資料をご用意しています。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 自然素材の家 珪藻土 | タグ: , | 自然素材の家で珪藻土という選択 はコメントを受け付けていません。

自然素材の家で後悔しないためには?

投稿日:2016年05月09日 作成者:


自然素材の家づくりで、後悔なんかしたくないですね。

家づくりは、何度か経験して上手になる類の
ものではありませんし、
全く同じ家づくりというものはありませんが、

全てに共通する、自然素材の家で後悔しないためのポイント、
希望の家を建てて、楽しく心地よく暮らして行くためのヒントを
3つご紹介します。

自然素材の家で後悔
① 自然素材が向かずに後悔

後悔しないために

八王子市で創業55年、自然素材の家づくり№1工務店を目指す
大久保工務店 スタッフの大久保ともこです。

そもそも自然素材が向かないのに自然素材の家を建てれば
「こんなはずじゃなかった」と後悔します。

自然素材の持ち味をよく知らずに自然素材の家を建てた場合や、
知ってはいても、受け入れられないまま建ててしまう場合も
ありそうです。

大量生産の工業製品である新建材の場合は、
木目風の模様にしても、塗り壁風ビニールクロスにしても、
模様は画一的で、色むらもありません。
いつもピカピカしています。

自然素材の家だと、部材一つ一つ
同じものは決してありません。

無垢のフローリングでいうと、
木一本一本が同じものが無いように、
床板一枚一枚に個性があります。
同じ木でも色合いが違ったり、節があったりなかったりと
様々です。

塗り壁のパターン模様も、職人さんの手作業ですから、
工業製品の寸分違わぬパターンとは別物です。

大量生産の工業製品の画一的な雰囲気を好む方には
自然素材の家は向きません。
後悔することになります。

さらに、無垢のフローリングは、時間と共に色合いも
変化していきます。
最初は白っぽくても、だんだんあめ色に変化して
濃い色になっていきます。

こういった経年変化が好みで無い場合も、
自然素材の家を後悔することになります。

自然素材の家で後悔
② 自然素材の扱い方が分からない

自然素材が大好きで、
自然素材の家に住み始めても、

実際に暮らしてみて、分からないことがあったり、
不安に感じてしまうことが多いと、

自然素材の家を後悔し始めるかも知れません。

毎日の掃除や、メンテナンスの仕方がよく分からないとか、

分かってはいるけれど、
このやり方で本当に大丈夫なのかなとか、

不安になってしまう事も時にはあるかもしれません。

そんな時に、ちょっとお母さんに電話して聞くように、
「これって、どうすればいいの?」
「本当にこれで大丈夫なの?」と、

気楽に相談できる相手がいると安心です。

自然素材の家についてのお悩みなら、
自然素材の家づくりが得意な施工業者に相談するのが
一番です。

疑問や不安、不具合も解消してくれるはずです。

自然素材の家づくりが得意な施工業者を見つけ
味方につけることができれば、後悔をすることはないでしょう。

自然素材の家で後悔
③ 家は建てたけれど、味気ない生活で後悔

自然素材の家を建てたものの、
家の心地よさ以外に、生活の中に楽しみがなくなって
しまったら、自然素材の家を後悔するかも知れません。

住宅ローンの返済が大変だから、
外食もめったにできない、
旅行もほとんど行けない、
欲しいものも我慢ばかり・・・

こんな我慢だらけの味気ない生活では、
せっかく心地よい自然素材の家を建てても、本末転倒です。

自然素材の家を後悔しないように、

家づくりのスタートとしてやるべき事は、
間取りや仕様や素材や土地のことより
まずは「お金」の事です。

住宅ローンや住宅ローン減税、
自然素材の家そのものの工事費、家以外の付帯工事のこと、
申請費用、その他にも見落としがちだけれど
意外と沢山あるいろいろな費用など、

「お金」の事から家づくりを進めることが大切です。

家づくりは、建てて終わりではなく、
楽しく心地よく暮らしていくことが一番の目的です。

自然素材の家で後悔しないためには、
家づくりは、先ずは「お金」のことからスタートしましょう。

いかがでしたか?

自然素材の家で、後悔なんかしたくないですね。

後悔しないためのポイント、

自然素材の家が自分に合っているのか、
自然素材の家づくりが得意で、頼りになる施工業者を
見つけることが出来たか、
まずは一番大事な「お金」の事から取り掛かる事が出来るか、

希望の家を建てて、楽しく心地よく暮らしていくための
ヒントをご紹介しました。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。
大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

メルマガ登録
カテゴリー: 自然素材の家 後悔 | タグ: , | 自然素材の家で後悔しないためには? はコメントを受け付けていません。

自然素材の家の耐久性は高いのか?

投稿日:2016年05月06日 作成者:


自然素材の家は耐久性が高いの?普通の家と比べてどうなの?
と質問を受けたことがあります。

私は普段、自然素材の家の良さに触れていますが、
こと耐久性となるとどうでしょうか?

はっきり言います。
自然素材の家だからといって、普通の家と比べて耐久性が格段に上がる
ということはありません。

だけど、自然素材の家だから耐久性が上がる部分もあります。

どういうケースの時に上がるの?
ということについて、書いてみました。

自然素材の家の地震への耐久性

自然素材と資金計画
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

自然素材の家というと思い浮かべるのは、まず木の家ですね。
木造住宅は地震に弱いというイメージが一般的にあるようですが、
はたして本当でしょうか?

そもそも木造よりも鉄骨造、鉄筋コンクリート造のほうが
強いと思う人が意外と多いのですが、そうとは一概に言い切れません。

どんな構造の建物でも、耐震設計がどのように行われたかによって、
地震に対する耐力が決まってくるものです。

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」という法律があります。
その中に耐震についての評価基準があり、耐震等級と呼ばれているものがあります。
簡単に言うと、
耐震等級1=建築基準法を満たす強さ
耐震等級2=建築基準法の1.25倍の強さ
耐震等級3=建築基準法の1.5倍の強さ
という目安になります。

耐震等級3の木造もあれば、耐震等級1の鉄筋コンクリート造も
あるので、一概に木造は弱いとは言えないことになります。

つまり、自然素材の家とか、木造、鉄骨という分類が地震への
耐久性を決めるものではないはずです。

自然素材の家の内装部分の耐久性

今の普通の家の内装は、壁、天井はビニールクロス、
床は合板フローリングが主流です。

自然素材の家では、珪藻土や漆喰などの塗り壁、床は
無垢フローリングが主に使われています。
内装材の耐久性については、壁も床も自然素材に軍配が上がります。

ビニールクロスは年数を経て剥がれてくるものですし、
合板フローリングは、表面だけに薄い木目のシートが貼られているので、
こちらも10年、20年で、劣化し張替えをしたくなるのです。

珪藻土などの塗り壁材は全く汚れないということはありませんし、
傷もつきますが、簡単な補修をすることにより長持ちのする素材です。

また、無垢フローリングも傷つきやすい、汚れたら大変!
というイメージが強い人が多いと思いますが、傷も汚れも
簡単に補修する方法はあります。
考え方によっては、傷も味わいのうちととらえることもできます。

内装部分についていえば、自然素材の家は耐久性が高い
と言えるのは間違いないはずです。

自然素材の家の耐久性には見えない部分も大事

木造住宅にとって、大敵の一つは結露です。
致命的なのは、内部結露といわれる壁の中で起こる結露です。

窓ガラスが結露する程度であれば、拭くことができますが、
床下や壁の中で結露が発生した場合は、手を入れることもできません。

一番よくないのは、柱や土台が濡れることで腐朽を進めてしまい、
自然素材の家の耐久性を落とすこととなります。

これを避けるには、丁寧な断熱材の施工と換気計画によるところが
大となりますが、
湿気を吸ったり吐いたりする珪藻土や無垢材は、
ある程度の調湿効果を期待できる部分もあります。

自然素材の家ならではの耐久性を高めるもの

最後に、自然素材の家だからこそ、耐久性を高めることができる
効果についてお話します。

断熱性や気密性、耐震性などのスペックも家の耐久性を高めるためには、
とても大事な要素です。
しかし、それ以上に大事なものは住む人の家への愛着です。

ビニールクロスや合板フローリングなどの新建材の劣化の仕方は、
味わいを感じることができないので、家への愛着を生みにくいものです。

自然素材の家の場合、塗り壁や無垢フローリングに傷がついても
風合いを感じたり、簡単なメンテナンスをするうちに愛着が生まれ
やすくなるはずです。

つまり、家への愛着が長く保つことができるので、自分の住み家への
関心も長続きすることにより、タイムリーなメンテナンス時期を逃さず
に致命的な劣化を招きにくいはずです。

愛着心を生み出すことが、自然素材の家ならではの家の耐久性を高める
効果といえるのではないでしょうか。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた企画住宅「べっぴんハウス」や、
自然素材の家の資料をご用意しています。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 自然素材の家 耐久性 | タグ: , | 自然素材の家の耐久性は高いのか? はコメントを受け付けていません。

自然素材の家の住み心地って、どう?

投稿日:2016年04月28日 作成者:


家を建てるなら、住み心地のいい家にしたいと
誰もが思います。

自然素材の家だと、住み心地が良さそうと、
何となくイメージは持っていても、
実際に住んでみない事にはわかりません。

大久保工務店で、自然素材の家を建てたOBのお客様が
住み始めたときから今までに感じた住み心地を、
実際にお聞きした際の声をもとに、
自然素材の家の住み心地について、ご紹介したいと思います。

自然素材の家の住み心地 〈空気〉

住み心地

八王子市で創業55年、自然素材の家づくり№1工務店を目指す
大久保工務店 スタッフの大久保ともこです。

珪藻土の塗り壁や布クロス、無垢の床など
たっぷりと自然素材を使った家は、
空気が違います。

引っ越すと皆さん必ず、
「木の良い匂いがするね」と喜ばれます。

湿気のジメジメを感じなくなり、
空気が変わった、気持ち良い、

マンションで感じるような
空気のヨドミがないとおっしゃる方もいます。

ワンちゃんを飼っているお客様は、
この自然素材の家に住んでからは、
ニオイが全然気にならなくなったそうです。

ニオイが気にならないことについては、
そのお客様の家にお邪魔した時、
私自身も実感しました。

私自身は、犬を飼っているわけでもなく、
普段、動物に接する事も全くないので、動物のニオイに敏感です。

実際、自然素材の家でない場合、
ご本人が気を使っているだろうことはうかがい知れても、
やっぱりニオイを感じてしまう事が多いのです。

大久保工務店で自然素材の家を建てた
OBのお客様のお宅は、全くニオイを感じませんでした。

珪藻土塗り壁には、それほどの消臭効果がある
というのが分かります。

自然素材の家の住み心地 〈肌触り〉

「無垢フローリングは、ヒヤッとしなくて、寒くない」
と、皆が皆さん、感じるようです。

冬、寝ている時にトイレに行く場合など、
足の裏がヒヤヒヤして不快ということがないのです。

ジメジメした梅雨時でも、
床に何かをこぼしたわけでもないのに、何だかベタベタする
ということもありません。

ビニールクロスにわざわざ触れてみたくなる人は
あまりいないと思いますが、

布クロスの本物の布の感触を確かめたり、
漆喰の壁のつるんとした卵肌や、
珪藻土塗り壁の無骨なパーターン模様を指でなぞってみたり、

ついつい触れたくなるのは、
自然素材の家の肌触りが気持ちいいからです。

肌触りが気持ちいいのは、
まがい物ではなく、本物だからですし、

珪藻土の塗り壁や無垢フローリングなど、
自然素材が持つ、調湿効果のおかげなのですが、

自然素材の家の住み心地として言うとしたら
「肌触りが気持ちいい」の一言につきると思います。

自然素材の家の住み心地 〈いい雰囲気〉

塗り壁や無垢フローリングの質感、色合い、高級感
一番気に入っているところだという方も、たくさんいます。

デザイン的な雰囲気も、とてもおしゃれでいいなぁと

合板フローリングとビニールクロスのよくある新建材の家と、
自然素材の家は、雰囲気が全然違うなぁと、
一目で気に入って
自然素材の家を決めた方もいらっしゃいました。

モデルルームにあるような、
素敵なインテリアでどんなにおしゃれにキメても、

本物である
自然素材の家の持つ、質感、色合い、高級感は

新建材の家では叶わないでしょう。

そして、子育て中の方のお話で、興味深かったのは、

「キズが付いても、シミができても、
家族の歴史、思い出として考える事ができるし
あじわいとして感じることができるから、

子供がキズをつけても、汚しても、
いちいちイライラしなくなったような気がする・・・・

とおっしゃっていたことです。

つい、イライラしたり怒ってしまうこともある子育ても、
大らかでいられる、いい雰囲気で一杯の自然素材の家。

自然素材の家の住み心地がどんな感じなのか、
おのずと伝わってくるのではないでしょうか。

いかがでしたか?

今もまさに自然素材の家の住み心地を味わっている最中の
大久保工務店のOBのお客様のお話を元に、
自然素材の家の住み心地を少しだけご紹介しました。

空気が違う、肌触りがいい、雰囲気がいい、

いろいろ頂いた声で、皆さんが共通して実感された
自然素材の住み心地は、大きくこの3つです。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 自然素材の家 住み心地 | タグ: , | 自然素材の家の住み心地って、どう? はコメントを受け付けていません。

自然素材の家のデメリットは何?

投稿日:2016年04月26日 作成者:


少し前に、自然素材の家のメリットについて書きました。
自然素材の家について、無垢の床材や珪藻土などの塗り壁にしてみたい
という人が最近増えています。

しかし、自然素材の家にはデメリットもあるんじゃないの?
と思う人もいるはずです。

今回は自然素材の家のデメリットについてもまとめてみます。
ただし、私は自然素材の家を建てているので、デメリットについて
書きながらもメリットについても知らず知らずのうちに
述べてしまうかもしれません。

自然素材の家のデメリット、自分にテイストが合うか?

小上がりの和室

八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

まず、自然素材の家が自分に合うか合わないかを良く見極める
必要があります。

これから新築やリフォームをしようとしている人の多くは、
今住んでいる空間は工業化生産された建材に囲まれて
生活しているのではないでしょうか。

自然素材に触れながら生活をしたことがないでしょうし、
60代、70代の人でも子供の頃に暮らした家は
普通に自然素材の家だったかもしれませんが、
それは遠い記憶になっていると思います。

自然素材の家が持つ調湿性や化学物質の放出が少ないといった
性能は、良いと思っても、マンションや今の新建材の家の
ピカピカやテカテカ感が好きな人には、そもそも自然素材の家は
向かないと思います。

逆に自然素材のテイストに新鮮さやオシャレさを感じるとしても、
自然素材のデメリットは事前に分かって理解しておく必要があります。

自然素材の家のデメリット、価格が高い?

一般的に自然素材の家は高いと言われています。
なぜ高くなるのでしょうか?

自然素材の材料として人気が高いのは、
やはり無垢フローリングや塗り壁材です。
家の中で四六時中、目に触れ、肌に触れる素材だから当然ですね。

まず、無垢フローリングは材料費が高いと言われています。
ただ、一概に無垢フローリングといっても木の種類によって、
価格は変わります。

針葉樹系のヒノキやパイン(松)、広葉樹系のケヤキ、ナラ、
ウォールナットなど、種類に応じて価格にも幅があります。

また、同じ種類の木を使った無垢フローリングでも、
産地や節の多い少ないによっても価格は変わってくるのです。

次に、珪藻土や漆喰などの塗り壁材も、ビニールクロスと比べると
3倍から5倍の価格差が出ます。
塗り壁材も、探すといろんな種類の商品が販売されているので、
塗り壁材の価格も幅があるのです。

中にはホームセンターなどでDIY用の安い価格のものも売っています。
しかし、素人でも扱いやすいように化学系の接着剤などを混ぜている
場合があるので、調湿性能などの効果は期待できないものがほとんどです。

また、ビニールクロスでは満足できないけど、珪藻土や漆喰にも
手が出せない場合、価格差の少ない布クロスを選ぶ人も増えています。

自然素材の家のデメリットとして、頭から価格が高いと決めつけずに、
使う自然素材の種類によって、どの程度高いのかを知る必要もあるのです。

素材の選び方によっては、手の届く範囲で自然素材の家を
手に入れることも可能かもしれません。

自然素材の家のメンテナンスにデメリットを感じる

無垢フローリングは、
傷がつきやすい、
新築のままの色が保てない、
伸び縮みして隙間ができるから掃除が大変

塗り壁は、
クラックが入りやすい、
手垢とかの汚れを落とすのに苦労しそう
小さな子供に落書きされそう

などの不安の声をよく耳にします。
確かにそういった面もあるかもしれません。

ただ、合板フローリングも傷はつくし、ビニールクロスも汚れるし、
剥がれもします。

自然素材というものに慣れていないし、
掃除や簡単な補修の仕方が分からないので、
不安に思ってしまう人が多いように感じます。

自然素材の家も意外と簡単な普段のメンテナンスの仕方があるので、
工務店などにやり方を確認してから、
それを自分がデメリットと感じるのかを
判断するといいと思います。

自然素材の家のデメリット、業者によっては採用が難しい

自然素材を使って家を作るのには、大工さんや左官屋さんなどの職人に、
経験とコツが求められます。

大工さんは、木の木目を見たり、伸び縮みを予想したり、
左官屋であれば、珪藻土などを塗る前に下地を丁寧に下ごしらえ
したりする作業が必要です。

つまり、少し手間がかかるということです。
これは、自然素材の家のデメリットの1つである、
価格が高くなることの原因でもあります。

それと比べて新建材の家は、画一化された工業化製品の建材を使うので、
短い工期で職人の腕も自然素材の家ほどは、求められません。

最近の家は新建材オンリーで建てる家が圧倒的に多いので、
自然素材を扱うことに慣れていない職人さんも多く存在します。

したがって、自然素材の家を建てたいと思うのであれば、
自然素材を扱うことに慣れた建築会社を探す手間が必要となります。

まとめ、メリットとデメリットの兼ね合い
自然素材の家というと、マイナスイメージよりもプラスイメージを抱く
人の方が多いはずです。

でも、自然素材の家の長所と短所の両方を理解して、
自然素材の家が、自分の生活スタイルに合っているかを
判断してから建てると、後悔のない家づくりができはずです。

追伸:
今回は、自然素材の家のデメリットにフォーカスしましたが、
もちろんメリットもたくさんあります。

簡単なメンテナンスの仕方も自然素材なりにあります。
自然素材のメリットや扱い方を詳しく知りたい方は、
下記よりお問合せください。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた企画住宅「べっぴんハウス」や、自然素材の家の資料をご用意しています。
大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 自然素材の家 デメリット | タグ: , | 自然素材の家のデメリットは何? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2017年12月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリ