八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» 作業のブログ記事

八王子、多摩地区での自然素材の家づくり、べっぴんハウスとは?

投稿日:2016年04月15日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

仕事、家庭、趣味など結構、共同作業が求められる場面が多いですね。

チームワークと言ってもいいかもしれませんが、よく考えると
うまくチームワークを発揮するのって意外と大変なことです。

リーダー役の存在が必要だし、リーダー役には問題が起ったら
対処する力が求められますね。

では、家づくりのリーダーは誰でしょうか?

自然素材の家
工務店や大工さんなどの職人さん達が、実際に作業する工程に
限ったことではありません。
工務店はあくまで作業をする職人さん達のまとめ役にすぎません。

実際に家に住む人たちが、主役で家づくりのリーダーなのです。

間取り、外観デザイン、内装、etc…と決める指揮者は住まい手です。
構造やコストなど専門的知識を持つ工務店は、
住む人たちのアドバイザーでしかないと思います。

そうなると、注文住宅は面倒くさい!

と感じる方もいると思います。
いくらかかるか金額も見当つかないし、理想を追い求めるとキリがないと。

何でもネットで手に入る時代です。検索してヒットした良さそうな建売住宅を見て歩き、
気に入ったのを買うのも一つの方法ですね。

でも、

自然素材の家となるとどうでしょうか?

そもそも、自然素材でできた建売住宅なんて無いので、
やはり、注文住宅で建てることになります。

そこで、

大久保工務店では、分かりやすい注文住宅を企画しました。

内装に使用するのは、大久保工務店で厳選した自然素材、
構造計算をして耐震等級3の取得も可能、
間取りのアレンジも可能、

金額も分かりやすく設定していて、注文住宅とはいえ予算が立てやすくて
敷居が低いのが特徴です。

そして重要なのは、

企画住宅とはいえ注文住宅なので、
作り手の顔が見えることです。

どんな工務店の担当者、大工さん、職人さんが作るのかが確認できることです。

最後に、言い忘れましたがこの企画住宅の名前は

「べっぴんハウス」

と名づけました。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた企画住宅「べっぴんハウス」や自然素材の家の資料をご用意しています。
大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 八王子 自然素材の家 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 八王子、多摩地区での自然素材の家づくり、べっぴんハウスとは? はコメントを受け付けていません。

注文住宅を建てる工務店と住宅メーカーの違い

投稿日:2015年11月27日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

注文住宅も工務店より、住宅メーカーが安心?

工務店、無垢と珪藻土

横浜でのマンションの杭工事の問題が、全国に広まって
毎日のように新聞やテレビを賑わせています。

誰もが知っているような会社が売主、施工者、下請け、孫請け
として関わっていたので、世の中へのインパクトが
大きいと思います。

以前から言われていますが、建設業の重層下請構造が
問題の一端と言われています。

重層下請という言葉を説明すると、仕事の流れが、
ゼネコン⇒下請け⇒孫請け⇒さらにその先へと発注
されていかれることです。

現場で働く人員数は下へ行けば行くほど、多くなる
ピラミッド構造で、指示も上から下へ流れていくことと
なります。

では、マンションよりも規模の小さい
注文住宅でも、同じような下請け構造で
作られているのでしょうか?

結論として、下請けを使わないで家を建てている会社は
ほぼ存在しないと思います。

注文住宅を建てるにしても、大工さんだけで完成できる
訳ではありません。

基礎工事、左官工事、屋根工事、水道、電気etc…
といろんな専門性を持った職人が現場に入って
作業をします。

けっして、住宅メーカーの社員が作業して作るわけでは
ありません。

小さな工務店でも、大工さんや他の職種の職人を社員
として抱えている会社と、作業する職人は一人もいない
会社の2種類があります。

私の会社にも社員職人は数人いますが、
全ての作業を自社の社員で工事することはなく、
注文住宅を作るには、いろんな職種の下請けが必要と
なるわけです。

では、工務店や住宅メーカーは何をやっているのか?
となりますが、営業、設計、工事管理、工事監督をすることになります。

それなら、
工務店も住宅メーカーも仕事のやり方は
大体同じ形態なのね!

と思うかもしれませんが、少し違います。

工務店でも、もう一種類の工務店が存在します。
住宅メーカーの下請けオンリーで仕事をしている会社
が存在します。

この形態の工務店は、営業や設計をする必要がなく、
工事管理だけで済みます。

会社を運営するうえで固定費が少なく、仕事にあぶれない
ことが経営上のメリットです。

住宅メーカーとしては、そのような下請け工務店に
工事管理を任すことができ、

自社の社員監督は多くて10棟以上の現場を同時に
掛け持ちすることが可能となるわけです。

つまり現場には、たまに行けば済むこととなり、
工務店の監督が毎日のように現場に行くのとは仕事の
仕方が異なるわけです。

大きく違うのは、顔が見える仕事か
見えない仕事かです。

工務店は注文住宅を建てる時には、余程のことがないと
下請けでも、孫請け業者の人間は現場に居ないと思います。

しかし、住宅メーカーの現場では、下請け工務店以外の
ほとんどの職人が孫請けとなります。

さらに、現場に行く回数がたまになので、
顔すら合わせることがない職人がいるはずです。

その代わりに、作業内容を細かくマニュアル化して
管理する必要があるのです。

また、住宅メーカーの社員は、頻繁に現場に行くことが
できないので、品質管理の難しい無垢材や珪藻土などの
自然素材はあまり使わず、

マニュアル化しやすく施工の簡単な、合板フローリングや
ビニールクロスを好む傾向にあるのです。

職人の立場に立って考えると、
住宅メーカーは上意下達でコスト、工期に縛られる、
管理されながらの仕事相手

工務店は、マニュアルだけに頼らずに、顔を会せて
一緒に仕事をしていく共同体といえると思います。

ここまで、工務店寄りの内容で書いてしまいましたが、

注文住宅を建てる時にどちらを選ぶのか?
は志向に合わせて決めるのも一つの方法だと思います。

抽象的な言い方になりますが、
手作りの良さを求めるのであれば、工務店、
ブランドを重視するのであれば、住宅メーカー
という選択方法です。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 注文住宅 工務店 住宅メーカー | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅を建てる工務店と住宅メーカーの違い はコメントを受け付けていません。

注文住宅を建てているのは住宅メーカー?工務店?職人?

投稿日:2015年09月28日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

注文住宅を作るには、いろんな職人さんが必要です。
注文住宅の建前の時に、お客様の奥様に言われました。

「ほとんどの工事を、大工さんがするのかと思ってたわ」

上棟作業
なぜ、お客さんがそう言ったのかというと家の骨組みを
組み上げる建前の時に、

頭(かしら)と呼ばれる人と棟梁と呼ばれる人がいたの
で、「どっちが偉いの?」と質問があり、

建前の時には、大工さんの他に鳶(とび)職人も一緒に
作業することを伝えたからでした。

鳶職は元々、棟上げなど高い所で作業をする人たちで、
江戸時代は町火消しも兼ねていて、その長を頭(かしら)
と呼んだので、今でも頭と呼ばれているのだと思います。

今では、鳶職も基礎工事や足場組立、鉄骨の組み上げな
ど細分化されていますが、

私の会社では今でも建前の時に、大工さんと一緒に作業
してもらっています。

他にも、屋根工事の瓦屋さん・板金屋さん、左官屋さん、
タイル屋さん、水道設備屋さん、電気工事屋さんetc…
と説明し、納得してもらいました。

注文住宅の工事が始まって、現場に最初に登場するのは
大工さんではなく、実は鳶職の人達です。

鳶職人は、建物を配置する位置を設計図通りに、敷地内
で実際に決めて基礎工事を始めていきます。

基礎工事が完了して、足場を組み建前の時に大工さんと
力を合わせて、柱や梁を組み上げていくまでが鳶職の役
割となります。

私の会社の先代社長は、
「鳶と大工は野地(のじ)別れ」とよく言っています。
野地とは、瓦など屋根の下地となる板のことで、野地板
を張る作業から大工さんに、バトンを渡すことを表現し
ています。

では、職人たちをチームとして束ねているのは誰か?

というと、我々工務店の工事管理者ということになりま
す。

工務店はお客さんから要望などを聞き、図面を書き、
職人たちに指示を出して、仕事の出来をチェックし、時
には、やり直しをさせたりしているのです。

ここで、
工務店と住宅メーカーは仕事の仕方が違うの?
という疑問がありますが、

基本的には同じだと思います。
しいて言えば、これまでに述べてきた流れの上に、住宅
メーカーが乗っかるのが住宅メーカーのスタイルです。

分かりやすく言うと、
住宅メーカー⇒指定工務店⇒各職人
又は、
住宅メーカー⇒メーカー子会社⇒指定工務店⇒各職人
となり、

工務店と各職人は下請け、孫請け、又はその孫請けとな
ります。

工務店にとって、工事を管理する立場はお客さんから直
接、請け負う場合でも、住宅メーカーを経由して請け負
う場合でも変わりません。

だから、メーカーの社員は1人で現場の管理を同時に
10棟や20棟の新築工事を掛け持ちできるのだと思
います。

また、工務店は営業、設計、工事管理を1棟ごとに同じ
人間がすることが多いですが、
住宅メーカーの場合は、それぞれが分担されています。

工務店の立場からいうと、
お客さから見て、各職人の顔が見えるのが、工務店だと思います。

逆に住宅メーカーに注文住宅の建築を頼むメリットは、
ブランドを感じられることだと思います。

正直、工務店は住宅メーカーのブランド力の面では、か
なわないと思います。

しかし、家づくりというのは、現代でもどちらかという
とローテクの分野だと思います。

ということは、品質管理などの面でも、職人の顔が見え
る家づくりの選択も考えてほしいと思っています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 注文住宅 工務店 住宅メーカー | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅を建てているのは住宅メーカー?工務店?職人? はコメントを受け付けていません。

注文住宅を建てる目的と優先順位

投稿日:2015年08月07日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す
大久保工務店 代表の大久保篤です。

注文住宅を建てたいと思った時には、
動機や目的があるはずです。

優先順位をつけた家

私は小学生の子供に、何か買ってほしい物があると言われると、
「何でそれが欲しいの?」
「買ってどんなふうに使うの?」などと、しつこく聞いていて、
簡単には買い与えないので、煙たがられています。

子供の心理と同じように扱うのはおかしいと思うかも
しれませんが、家を建てようと思った時にも動機や目的が
あるはずです。

子供が成長して今住んでいる所では手狭になった、
将来の生活設計を考えると賃貸のままではいられない、
親と同居して二世帯住宅にしよう、
など理由は様々だと思いますし、目的はいくつも重なる
ものだと思います。

まだ早いんじゃないか?住宅ローンを返せていけるのか?
など、ためらったりもするし、

どんな家にしたいのか、家の大きさ、間取り、使う
素材や、どんな工務店に頼もうかとの希望もたくさん
出てくるものなのではないでしょうか?

いろいろと迷うことがあるのが、家づくり
だと思います。

生活の将来設計を考えて家を建てようとするのであれば、
自分で建てた生活設計、ファイナンシャルプランと建てようと
する家が合っているのか、考えなければなりません。

場合によっては、新築をあきらめたり、リフォームに変更したりと
いうこともあるかもしれませんね。

新築すると方針が決まったとしても、家を建てるには決め事が
たくさんあります。

間取りや大きさ、
自然素材を使うのか、使わないのか、
キッチンやお風呂などの住宅設備のグレード、
太陽光発電を搭載するのか、しないのか、
などなど…迷うことがたくさんでてくると思います。

我慢ではない、優先順位のつけ方

間取り、家の大きさ、使う材料、キッチンなどの設備の
グレード、など全ての希望をかなえられたら言うことは
ありません。

ただ、予算などの条件によりあきらめざるを得ないことが、
部分的に出てくる時があります。

そのような時には優先順位をつけて、譲れない部分、材料の
グレードを落とす部分、捨てる箇所などを決めていく作業が
必要となります。

そのような時は原点に帰って、目的、動機を見つめ直して
優先順位をつけると良いと思います。

自然素材を欲しいと思った動機は、見た目なのか、身体に良い
からなのか?
キッチンのグレードに、なぜこだわるのか、

寝室は、なぜこれだけの広さが必要なのか?

などを動機、目的を見つめ直して優先順位をつけると、
あきらめや、我慢の感覚というよりも、
目的を意識した、納得しながらの優先順位となり、満足度が
アップするはずです。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 注文住宅 建てる 優先順位 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅を建てる目的と優先順位 はコメントを受け付けていません。

工務店が材木加工する必要性

投稿日:2015年05月27日 作成者:


八王子市で創業55年、家づくりの大久保工業 代表の大久保篤です。

ローテクでも、残すべき技術はある。木材加工,手刻み

家を建てる時に柱、梁、土台といった材木を組み合わせて建てることは、
一般の人でも当然のように理解されていると思います。

柱と土台、梁を組み合わせる時、土台同士や梁同士をしっかりと
組み合わせるために必ず、仕口・継手といった材木を加工する
作業が必要となります。

仕口・継手とは木が組み合わさる部分に穴を開けたり、突起を設け
たりすることです。

このような作業内容のことを手刻み(てきざみ)といい、
大工が身につけなければならない重要な技能のひとつです。

仕口・継手の形状もいろんな種類があり、熟練の技術の修得は
一朝一夕ではできません。

しかし、現在では家を建てる時に、この手刻みの作業をせずに
家を建てることができます。

大工が材木に墨付けをし、ノミやノコギリを使って加工するのではなく、
プレカット加工が今では一般的です。

プレカット加工とは、大工がこれまで行ってきた仕口・継手加工を
ITの発達により、あらかじめ工場でコンピュータ制御された専用機械
により加工してしまうことです。

全国にプレカット工場はあり、大きな工場では年間1万棟~2万棟分
の生産能力があるそうです。

プレカット加工の方が手刻み加工よりも時間がかからずに、加工精度が高いといわれています。

大工の腕の良し悪しに左右されないということです。
しかも、プレカットの方がコストも安く済みます。

したがって、住宅メーカーから小さな工務店までがプレカット工場に
加工を発注するようになりました。
今では手刻みよりも、プレカット加工により建てられる住宅
の方が圧倒的に多くなったわけです。

私の会社でも新築住宅を建てる時には、ほとんどプレカット加工
に出しています。

品質が高く便利で低コストなものは利用しない手はないというのが、
ビジネスとしては常道だと思います。

しかし、基本は忘れてはならないはずです。

先日、バルコニーを木で作ってほしいとの依頼を受けました。
材木を組み上げるための仕口・継手加工の必要な材木の数は、
家を新築する時のように多くありません。木材加工,バルコニー

少量をいちいちプレカット工場に発注していたら、却って時間も
コストもかかってしまいます。

したがって、今回は大工が加工しましたが、
ローテクでも馬鹿にしたものではなく、
時と場合によってはハイテクよりも便利で安い時があるのです。

便利なものに頼り過ぎた世の中になったせいか、生活する上でも
昔の人が難なくしていた作業でも、現代人にはできないことって
結構あるのではないでしょうか。

家づくりの世界でも、この手刻み加工をできない大工さんが
増えてきていると言われています。

手刻み加工をする時には、大工は木の癖を見ます。
1本1本の木の特性を見て配置すべき箇所を決めたり、
節のある部分は加工を避けたりするのです。

手刻み加工ができない大工は、木の特性を見る目もないに等しい
ということかもしれません。

柱や梁といった構造材だけでなく、内部の造作材といわれる
窓枠や階段材などでさえもプレカットされ、現場に配達された
ものを簡単に組み立てられる工業化製品が一般的になりました。

そういった材料だけを使った家づくりであれば、木を見る目や
熟練の技術は必要ないかもしれません。

またハイテクの浸透が、無垢材や自然素材が敬遠される一因
なのかもしれません。

でも私の会社では、無垢フローリングなどの無垢材を扱うことが
多いですし、その良さを自分たちの領域で広めていきたいと
思っています。

そのために、
ハイテク技術に頼り切って腕を落とすことなく、
コアとなるローテク技術は残していかなければならない
と考えています。

大久保工業は、自然素材を取り入れた、気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。
お問い合わせは、こちらからお願いいたします。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 工務店 材木 加工 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 工務店が材木加工する必要性 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2018年7月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリ