八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» 基準のブログ記事

注文住宅には性能数値と感性が必要

投稿日:2016年01月08日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す、
大久保工務店 代表の大久保篤です。

いい家を建てるには二つの見方が必要だと
考えています。

注文住宅、性能数値と感性
どういうことかと言うと、
感性で見ることと、
数値で見ることが必要ということです。

まず、感性のお話からします。
昔は腕の良い大工さんに家の建築を頼むとか、
あの大工さんは腕が良いとか悪いという言葉が、
よく聞かれました。

これも実は、感性が言わせている言葉だと思います。
仕上がりが綺麗だとか、細かいところまで丁寧な仕事を
してくれるという見方もあるかもしれませんが、

それには明確な基準がなく個人の感覚によって
評価が分かれる部分です。

昔はそんな評価の仕方が評判につながって、注文住宅
の依頼先を決める時の判断基準になったのだと思います。

現在はそんな評判も近所から、なかなか聞こえてこないし、
逆に情報を得る手段がネット等いろいろとあるので、
依頼先を決めるには迷うことが多いと思います。

ネットなどで得た情報から気になる工務店を見つけた次は、
実際に会ってみて人を見ることがお勧めです。

営業マンや工務店の担当者が親身に相談に乗ってくるのか、
その会社、人が自分と相性が合うのかを
感性で判断するのです。

資金計画やプラン、床材や壁材の選択などを相談して
決めていく相手は、相性がいい人、会社がいいはずです。

家のデザインであったり、間取りや床や壁に
どんな風合いの自然素材を使うのかといったことを決めていくのは、
個人の感性によって決まる部分です。

それらの作業は注文住宅ならではの醍醐味であり、
ワクワク感がある部分です。

そんな楽しいことを一緒に決める相手は、
感性が合う相手としたいですね。

次に数値の部分です。
これは、耐震性や省エネ性などの性能を数値で確認する
ということです。

性能はデザインや色柄と違い、目に見えないところなので、
感性が通用しない部分ですね。

いくら言葉で「暖かい家です。」「地震に強い家です。」
と言っても、実際に家が完成して住んでみないと、
本当に暖かいのかわかりません。

ましてや、地震に強いかなんて地震が起こってみないと
わからないのです。

ですから、
建てる前にその性能を数値で確認できれば、
より安心ですね。

耐震性であれば、構造計算を実施して設計されるのか、
省エネ性も、どの位の断熱性能がある家なのかを
計算により数値で示すことができます。

省エネ性能や、耐震性能は、等級により
家ごとに格付けすることが可能です。

そして、省エネ性は国が定めた数値をクリアした家でないと、
2020年からは建てられない法律ができました。

注文住宅の性能を数値で確認することは、
技術的なことなので、なんだか難しそうなことに感じてしまうかもしれません。

しかし、
感性で相性が良いと感じた人に説明してもらえれば、
苦痛を感じずに理解できると思うのです。

だから、注文住宅を建てる時に感性と数値は言葉としては
相反する印象ですが、両方の視点で計画することが求められると考えています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらから資料請求ください

無料資料のご請求はこちら

家づくりを考えているけど、
忙しくてなかなか時間が取れない方、
何から始めたらわからない方に、
無料メールセミナーを用意しています。
こちらからご登録ください。

メルマガ登録
カテゴリー: 注文住宅 性能 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅には性能数値と感性が必要 はコメントを受け付けていません。

注文住宅を建てる時のデザインとマナー

投稿日:2015年11月24日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

注文住宅を建てる時にもマナーはあります。

注文住宅、デザイン
最近テレビで、日本人のモラルが低下していることを
警鐘している番組を見ました。

私の会社でも、職人へのマナー教育は重視していますし、
工事期間中は、お客様を代理しているつもりで、
ご近所への挨拶などは欠かせません。

家の完成後に、お客さんがご近所にスムーズに
溶け込めるためには、我々の工事中から我々のマナーも
大事だと思っています。

それとは違う観点でもう一つ、
注文住宅のデザインにもマナーは必要です。
というと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、

なにも凝ったデザインをしてはいけないと
言っている訳ではありません。

しかし、
お隣が注文住宅を建てだすと、どんな家ができるのか
気になるのが人情だと思います。

実際に注文住宅の工事中には、ご近所の人から、
どんな大きさなのか?高さは?
などの質問を受けた経験が何度もあります。

家づくりをするときには、
建築基準法や条例などにより、いろんな制限を
受けながら、計画を立てなくてはなりません。

一般の方でも、建物の大きさの限度を決めるためのもの
として建ぺい率や容積率という言葉を聞いたことが
あると思います

その他にも、高さや階数に対しての制限、
お隣との間隔を決めている民法や地区計画、
北側のお隣の日あたりを配慮した斜線規制など
いろんなものがあります。

家づくりをする際に、いろんな希望はあると思いますが、
住宅地などでお隣のことを無視して、境界線ぎりぎりに
家を建てたりするのは、おかしいことですよね。

裏を返せば、
建築基準法や条例などは家づくりをする時の
最低限のマナーを明文化したものといえるのです。

建築基準法などの法律は建物の構造など、
安全性を保つために設けられた技術的な部分と、

その土地ごとの環境や街並みのことを考慮して
定められている部分があると考えています。

住宅地の建ぺい率や容積率、最高高さが、
商業地域や工業地域よりも厳しい基準になっている
のはその一例です。

法律に定められていないとしても、外壁の色や
家の外観デザイン、外構、隣地との間隔などについては、
街並みや景観を考えながら家づくりの計画を立てる
ことを私の会社ではお勧めしています。

何年か前に、ある漫画家か建てた家の外壁の色使いが
問題となり、近隣の住民から裁判を起こされた
なんてことがニュースになっていました。

漫画家の事例は稀なケースだと思うのですが、
街並みやご近所の方々と調和しながら、満足した生活を
送るためにも家づくりのマナーは重要だと思うのです。

家は他人にその外観デザインで自慢したり
自己主張したりするためのものというよりも、
希望の生活スタイルを実現するためのものですから、
家づくりは、まずは自己満足で
いいと思うのです。

家づくりは、与えられた法律やマナーなどの制約を
守りながら、家の形や間取りを決めるだけでなく、

床にこだわって無垢材を選んだり、壁は調湿する珪藻土
などの塗り壁を選んだりと
楽しめる部分がいろいろとあります。

楽しみの結果が、周囲と調和しながら、自分の満足いく
暮らしにつながっていけばと考えています。

そして家に訪れた友人などが、いいね!
と言ってくれたら大成功の家づくりをさらに実感
できるはずです。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 注文住宅 デザイン マナー | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅を建てる時のデザインとマナー はコメントを受け付けていません。

新築する時、耐震性を工務店に確認する方法

投稿日:2015年10月07日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

東日本大震災から4年半が過ぎました。
最近も地震の発生が多いと感じています。

上棟
これから、注文住宅の新築を考えている人にとって、
建てようとする家がどの位の耐震性があるのかは、
関心が高い部分だと思います。

注文住宅を新築するということは、自分達の要望を
形にするということです。

つまり、この世に同じ形のものは一つとないという
ことになります。

そして、
自動車などの完成した製品と違い、家というものは、
その性能も一つとして同じものはないということです。

ただし、その家がどの位の性能を持っているのかを表す
指標はあります。

住宅性能表示制度、長期優良住宅の認定を戸別に取得する
ことにより、どの程度の性能があるかを把握することが
できます。

住宅性能表示も長期優良住宅も省エネ性や劣化のし難さ、
維持管理のし易さなどの一定の基準をクリアしていること
を証明しないと認定の取得ができません。

その中の一つに耐震性があるわけです。
耐震性は「耐震等級」という言葉でランク付け
がされます。この耐震等級には1から3までがあり、

ごく簡単に言うと、
耐震等級1は通常の建築基準法という法律を満たした
耐震性が求められ、

耐震等級2は耐震等級1の1.25倍以上
耐震等級3は耐震等級1の1.5倍以上
の強さが求められることとなります。

上で、家の性能に一つとして同じものはないと
いったのは、同じ耐震等級2の家でも1.25倍も
あれば、1.48倍もあるということからです。

そして、
これらのお墨付きをもらうためには、戸別に構造計算や
壁量計算などをし、基準をクリアしていることを証明
する必要があるわけです。

設計段階に希望する耐震等級のランクを工務店に
伝えて、耐震性を見える化することは意味がある
と思います。

ただし、耐震等級2や3を取得したから
といって、安心はできない面もあります。

それらは、あくまで設計段階での評価となるので、
設計通り工事がされているのかどうかが、重要となって
くるのです。

たとえば、基礎工事の時の鉄筋の組み方に誤りがないか、
設計で要求されている種類のコンクリートを使っているか、

大工さんが、金物を留めるビスの種類やサイズを誤りなく、
使っているか、
などを工事中に確認する必要があるのです。

このような確認は、専門的な知識がないとできない
ことですので、依頼する工務店の技量を見極めて
任せるしかありません。

ここで、
技量の見きわめ方が問題となってくる
と思いますが、一つの方法として、経営者や担当者と
直接会って考え方や姿勢を見極めることができます。

実際に手を動かして作業をするのは、大工さんを
はじめとする職人です。

工務店と職人が
現場でどのようにコミュニケーションを
取っているのかも大事なポイントとなります。

工事マニュアル-注意ポイント
たとえは、
私の会社では、絶対に間違えてはならない基本的なこと、
間違えそうなことをマニュアルにまとめて気をつけて
います。

工事の段階に応じて、基礎工事をする鳶さん、木工事を
する大工さんなどとミーティングを行い、マニュアルを
基に注意事項を確認しあう作業を行っているのです。

設計だけして後は、職人の力に頼り切っていては、
工務店の仕事も面白くありません。

「あの大工さんは腕が良いから、任せてれば安心」
だけでは、工務店としてはイマイチと考えています。

熟練の職人とはいえ、人間なのでミスが全くないとは
言えないのです。

それを防ぐために工務店が職人と、どのように
コミュニケーションを取っているのかを経営者や
担当者の考え方、姿勢から読み取ることを
お薦めしたいと思います。

最近はタブレット端末など、IT技術が
コミュニケーションツールとして
家づくりの現場にも利用され出していますが、

最後は人間がチームとしてどれだけ機能しているかが、
重要だと考えています。

つまり、家の性能を高めるには、
●設計段階での性能の数値化
●設計で要求されている性能を発揮させるための
コミュニケーション力
●職人の熟練した技術

が揃ってはじめて、性能の高い家が完成するといえます。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

カテゴリー: 新築 耐震性 工務店 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 新築する時、耐震性を工務店に確認する方法 はコメントを受け付けていません。

注文住宅を新築時の工務店選び

投稿日:2015年07月30日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す
大久保工務店 代表の大久保篤です。

家を建てる時、住宅会社を選ぶのは難しいのか?工務店選び

家の新築やリフォームをどこかに依頼しようとする時の基準は、
何が決め手になるのでしょうか?

人生で一番大きな買い物だから、慎重にならざるを得ませんね。

ネームバリューのある住宅メーカー、
センスの良さそうな建築家、
あまり名前は知られてない腕のいい町の工務店、
価格を安い急成長ビルダー、
大まかな選択肢はこのくらいでしょうか。

それぞれに、得意分野があると思います。
・ブランド力とシステム化された工法で安定感のある住宅メーカー
・デザインにこだわりのある建築家
・価格勝負の急成長ビルダー
・木や塗り壁などの自然素材の扱いが得意な工務店

大昔なら、知り合いや親戚などから、つき合いのある腕のいい
大工さんを紹介してもらうことが、一般的だったのではないでしょうか。

かくいう私の会社でも以前は、地元の方やOB客様からの紹介による
新築依頼がほとんどでしたが、今はホームページからの問合せから
スタートするケースが少しずつ増えています。

今はいろんな会社があることはもちろん、工法や建築材料の種類も
無数にあり、それらの情報も簡単に入手することができるので、
一般の方でも、WEBなどである程度までは表面的な知識を得る
ことができる時代だと思います。

しかし、書かれている内容は、「ウチの工法はここが凄い」、
「内断熱よりも外断熱のほうが良い」などの広告的要素が
含まれている部分も多分にあるのが実情だと感じています。

こうなると家づくりに、こだわればこだわる程、何が良いのか
悪いのか、一般の方は迷ってしまうのではないでしょうか?

次の段階として、得た情報、知識を確める機会は、
思い切って、工務店などの話を聞くしかないと思います。

自分で得た知識の認識は正しいのか・正しくないのか?
それぞれの工法や建築材料のメリット・デメリットは?
疑問に思っていること、不安なことを遠慮せずにドンドン
ぶつけてみるといいのではないでしょうか。

店に並んでいる商品を手に取って購入するのとは違い、
家づくりは、無い物を形にしていく作業となるので、

実際に会って話を聞いてみて、
その会社の姿勢や考え方を自分で感じとり、
判断する作業が重要となります。

また、住宅メーカー系なら展示場、工務店なら完成見学会や
OB客のお宅訪問など、実物を見て・触れて・感じることができる
場所もあります。

OB客のお宅訪問であれば、工務店などの話だけでなく、実際に
住んでいる家づくりの先輩に、実感を聞くことも可能です。

最後に一番重要視すべきことは、フィーリング、
工法や使用している材料に納得したら、最後は家づくりを実際に
担当する人と感性や価値観が合うか合わないかが、重要です。

なぜなら、その担当者は良き相談相手であり、長くつき合う相手となる
からです。

家づくりは工事にかかる前から、資金計画、間取り等のプラン計画、
工程計画...決めなきゃならないことも多岐にわたります。

長く住む家のスタイルを決めるためには、後で後悔しないように、
自分と家族の生活スタイル、経済状況、好みなど、プライベートな
部分も相談相手に、ある程度は開示しなければなりません。

だから、要望を伝え・相談し・長く付き合う相手は、
言いたいことを自然と言い合えるフィーリングや
価値観が合う相手が
いいと考えています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 注文住宅 新築 工務店 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅を新築時の工務店選び はコメントを受け付けていません。

家を長寿命住宅にするには?

投稿日:2015年07月10日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す
大久保工務店 代表の大久保篤です。

日本の戸建住宅の寿命は、30年程度と言われてきました。愛着ある無垢の床

住宅建築にたずさわっているものとしては、情けなく感じています。

国の住宅政策も、戦後から続いてきた住宅不足による大量供給の方針
から、やっと、住宅の長寿命化、ストック化へと舵を切ったところです。

これから新築される住宅の長寿命化の政策の1つとして、6、7年前に
長期優良住宅の認定という制度ができました。

長期優良住宅として認定されると、住宅ローン減税の控除額の拡充や、
フラット35の金利引き下げなどの面で優遇されるメリットがあります。

国も、アメを与えて長持ちする家を増やしていこうと考えているのだと
思います。

長期優良住宅として認められる基準は、次の通りとなります。
耐震性、劣化対策、維持管理の容易性、省エネルギー性、
などの項目で、国が決めた一定の基準を満たすことです。

耐震性や断熱性能の数値化、床下や天井裏を点検しやすい位置へ
点検口を設けること、建物の基礎や柱など構造をいじることなく
配管を交換できることetc…
と技術的側面が強い認定基準といえます。

今の家づくりの仕方においては、長寿命住宅が備えておくべき
最低限のスペックと言えるかもしれません。

でも、国がつくった制度や基準に沿って、
家を作っていくだけで、長持ちする家が
どんどん増えていくでしょうか?

実は個人的にはこれだけでは足りないと思っています。
家を長持ちさせるために、上記で触れたことは、国や
工務店などの作り手側の観点でのことです。

主役である、住む人側の観点が、欠けているのではないか
と感じているのです。

こういう言い方をすると、少し気恥ずかしいのですが、
欠けているものが何かといえば、住む人
の家への愛着心づくりです。

住む人の愛着心を生み出して、それを長く保つことができる家
でないと、長寿命な家とはならないと思うのです。

愛着心があれば、壊して建て替えよう、とういう発想は簡単に
生まれないはずです。場合によっては、数世代に引き継がれて
いくこともあるのではないでしょうか。

では、どうすれば住む人の愛着心を長く保つことが、出来るで
しょうか?

愛着心は、住む人個人の感情にかかわる部分であり、個人差が
ある部分なので、一概に論じるのは難しいと思います。

ただ、
家へ愛着心を長く保つには、自然素材を使う
のは、有効な手段の一つだと感じています。

これまで30年程度で壊されてきた家は、高度経済成長期に
建てられてきた、新建材という工業化製品を多用した住宅が
ほとんどだと想像します。

合板フローリングの表面が剥がれてベニヤ板が見えたり、
ビニールクロスが剥がれてしまうような劣化の仕方を見ると、
愛着はどんどん薄れてしまうはずです。

人がそのように感じてしまう感覚も、短命住宅を生み出す
一因だと思うのです。

新建材を多用した家と、自然素材を使った家の、どちらでも
長期優良住宅の認定を取得することができます。

ただ、劣化の仕方にも違いがあります。
はじめは、綺麗だったものがボロボロになる陳腐化した劣化と、
キズやシミがついても、風合いを感じることができる劣化です。

人はどちらに愛着を感じることができるでしょうか?

だから、無垢材や塗り壁などの自然素材を使った家の方が、
愛着を長く保つことができ、長寿命な家へとつながると
考えているのです。

現に、高度成長期以前に建てられた古民家が再生されたりして、
注目を集めているのは、数値や基準では表すことのできない、
味わいや愛着という部分があるからだと思うのです。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 家 長寿命 住宅 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 家を長寿命住宅にするには? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2018年4月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリ