八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» 部分のブログ記事

注文住宅を建てる目的と優先順位

投稿日:2015年08月07日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す
大久保工務店 代表の大久保篤です。

注文住宅を建てたいと思った時には、
動機や目的があるはずです。

優先順位をつけた家

私は小学生の子供に、何か買ってほしい物があると言われると、
「何でそれが欲しいの?」
「買ってどんなふうに使うの?」などと、しつこく聞いていて、
簡単には買い与えないので、煙たがられています。

子供の心理と同じように扱うのはおかしいと思うかも
しれませんが、家を建てようと思った時にも動機や目的が
あるはずです。

子供が成長して今住んでいる所では手狭になった、
将来の生活設計を考えると賃貸のままではいられない、
親と同居して二世帯住宅にしよう、
など理由は様々だと思いますし、目的はいくつも重なる
ものだと思います。

まだ早いんじゃないか?住宅ローンを返せていけるのか?
など、ためらったりもするし、

どんな家にしたいのか、家の大きさ、間取り、使う
素材や、どんな工務店に頼もうかとの希望もたくさん
出てくるものなのではないでしょうか?

いろいろと迷うことがあるのが、家づくり
だと思います。

生活の将来設計を考えて家を建てようとするのであれば、
自分で建てた生活設計、ファイナンシャルプランと建てようと
する家が合っているのか、考えなければなりません。

場合によっては、新築をあきらめたり、リフォームに変更したりと
いうこともあるかもしれませんね。

新築すると方針が決まったとしても、家を建てるには決め事が
たくさんあります。

間取りや大きさ、
自然素材を使うのか、使わないのか、
キッチンやお風呂などの住宅設備のグレード、
太陽光発電を搭載するのか、しないのか、
などなど…迷うことがたくさんでてくると思います。

我慢ではない、優先順位のつけ方

間取り、家の大きさ、使う材料、キッチンなどの設備の
グレード、など全ての希望をかなえられたら言うことは
ありません。

ただ、予算などの条件によりあきらめざるを得ないことが、
部分的に出てくる時があります。

そのような時には優先順位をつけて、譲れない部分、材料の
グレードを落とす部分、捨てる箇所などを決めていく作業が
必要となります。

そのような時は原点に帰って、目的、動機を見つめ直して
優先順位をつけると良いと思います。

自然素材を欲しいと思った動機は、見た目なのか、身体に良い
からなのか?
キッチンのグレードに、なぜこだわるのか、

寝室は、なぜこれだけの広さが必要なのか?

などを動機、目的を見つめ直して優先順位をつけると、
あきらめや、我慢の感覚というよりも、
目的を意識した、納得しながらの優先順位となり、満足度が
アップするはずです。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 注文住宅 建てる 優先順位 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅を建てる目的と優先順位 はコメントを受け付けていません。

注文住宅のどこに、こだわるか

投稿日:2015年07月06日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す
大久保工務店 代表の大久保篤です。
今の世の中、いろんな物があふれて何かを買おうとする時、
選択肢が無数にあります。

こだわって、選ぼうとする時に頼る情報も、広告、雑誌、インターネットと限りがないですね。

注文住宅どこに、こだわるか
特に、家づくり、注文住宅となると専門的で技術的な知識も
必要なことが書かれていることもあり、何が正しい情報なのか
迷ってしまうこととなると思います。
家となると服や雑貨と違い、大変大きな買い物で一生暮らしていく
場所なので、なおさら慎重になってしまいます。

規模としても大きい物なので、こだわる部分を分解すると
多岐にわたります。

私の考えとしては、
こだわる部分は大まかに2つに分類できると思います。

1つは、技術系として工法、耐震性などの構造、断熱性能や
気密性など数値化できる分野です。

2つ目は、感覚系としてデザイン、間取り、色、触れた感触、
使う素材など使い勝手や自分の好みなどの数値化できない分野です。

まずは、
数値で表せる技術系のこだわる分野について、
一般の人が、一つ一つを体系的に正しく理解するには、かなりの
時間と労力が必要となります。

ただ、今の時代、雨漏りや床が水平ではないなどの欠陥住宅に当たる
確率は、よほどのことがない限り少ないと考えています。

確かに、工事を行う上で、押さえておかなくてはならない最低限の
ポイントはありますが、方法や手順、知識や技能はプロの中では
普及していて、その技術は工務店でも住宅メーカーでも遜色はない
はずです。

太陽光発電など、時代ごとに新しい製品は登場しますが、
家づくりは、基本ローテクの世界だと考えています。

断熱性などの数値化できる部分については、材料として何を使うか、
どの程度の量を使うかなどで、性能は変わってくる部分です。

数値化できる技術系の分野については、工務店などのプロの説明
を聞いて、大まかに理解・納得できたら、信頼して任せるしかない
と思います。

次に、
数値で表せない感覚系のこだわる分野については、
個人の好き嫌いが多様化している時代、まさに十人十色の部分です。

珪藻土などの調湿性能など、数値化できる面もありますが、
自然素材が好きか嫌いかなどは、この感覚系の分野の範疇になると
思います。

この分野の方が、個人の意見を反映しやすい部分なので、
家づくりをする過程において楽しむことができる分野
と思います。

自分達の生活スタイルに合わせた間取りを実現する、
使う材料の肌触りがいいから、自然素材が良い、
床は豪華に無垢フローリングにしたい、
色合いはアースカラーが好き、いやビビッドな方が良い…
など、自由にできる部分です。

いろんな情報を参考にしながらも、最後は自分の感性に従って決めていけるので、楽しさがあると思います。

最後に、いくつものこだわりを全て実現すのは、私のこれまでの
経験では、稀ということです。

それは、
何に関してもお金がついて回るということです。
たとえば、手作りのキッチンが希望だったけど、既製品にしたとか、
タンクレスのトイレがカッコイイと思っていたけど、タンク付にしたとか、
過去のお客様でも、程度の差の多い少ないはありますが、正直、実際にはあります。

最後に、大切なことは、家が完成した後の生活が重要なので、
家づくりにどれだけの予算を使えるかということを見極めて、
自分のこだわりの優先順位をつけることが大切と考えています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 注文住宅 こだわる | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅のどこに、こだわるか はコメントを受け付けていません。

家づくり、職人とのつきあい方

投稿日:2015年06月18日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す
大久保工業改め、大久保工務店 代表の大久保篤です。

職人さんて怖いイメージしますよね!

職人との付き合い方1

写真は私の会社で、いつもお願いしている板金屋の親方です。
見るからにガテン系!
イカツクくて、昔の高倉健や菅原文太が出演していたやくざ映画に出てきそうです。

ちょっと、声をかけづらいですね!

家を新築する時やリフォームする時に、
気を使ってお茶を差し入れて頂けるお客様は
今でもいらっしゃいます。

私の会社では、「お茶などの差し入れはいりませんよ」
と言っていますが、
どうしても気を使ってしまうものなのだと思います。

労いと励まし、と受け止めて、ありがたく頂戴しています。

出したほうが、職人さんに頑張ってもらえるからと、
毎日のようにたくさんの豪華なお菓子を出される方
もいました。

いくら私が、
「そんなに気を使わないでください、
お茶が出ないからといって、工事に
差がつくようなことは
ないですよ」と言っても、中々
信じてもらえないのかもしれません。

そこで、この板金職人さんの過去にあった事例を紹介します。
少し長くなりますが、内容は職人の気質というか、
人としての生き方です。

読んでもらえると、怖くないこと、
人を見て手を抜くようなことをしないことが
分かってもらえると思います。

板金屋というと、自動車板金を
イメージする方が多いかもしれませんが、
家づくりでは、主に屋根工事や雨樋工事を
する人のことをいいます。

私の会社では、
金属系の材料で葺く時は板金屋さん、
瓦とスレートを葺く時は瓦屋さん、
に依頼しています。

スレートとは、センメントを固めて作った屋根材料です。
瓦屋さんでも、板金屋さんでも両者が扱うことができます。

この板金屋さんは、だいぶ以前に瓦屋さんに紹介されて、
板金工事をお願いするようになりました。職人とのつきあい方2

ある時、屋根工事を依頼した時の話です。

私:「来月、金属屋根の仕事1件頼みたいから、打合せをしましょう」
板金屋さん:「ここのところ、ずーっと暇で困ってたんだ、ありがとう!」

その後、お客様の希望で金属屋根の仕様がスレート屋根
に変更となってしまいました。

私:「スレートになっちゃったんたんだけど、頼むね。」
板金屋さん:「うーん、しょうがないな!分かりました。」
と一度話は終わりましたが、

次の日に電話がありました。

板金屋さん:「やっぱり今回の仕事は、俺にはできない。申し訳ない。」
私:「えー!何で?スレートでも葺けるでしょ?」
板金屋さん:「もちろんできるよ」

私:「だったら何で?よそでの仕事で忙しくなっちゃったの?」
板金屋さん:「暇なんだけど、俺は元々、瓦屋さんの紹介で大久保さんの
仕事をやりだしたから…、スレートは瓦屋さんが…、仕事を奪っちまうみたいな…」

私:「今回は急に材料が変更になったんだし、
初めに声をかけたのは板金屋さんだから頼むよ!」
「瓦屋さんには、俺から話を通しておくよ。判ってくれるよ」

板金屋さん:「昨日一晩、俺も考えたんだけど、そうはいかないよ!
瓦屋さんも暇かもしれないし…」
私:「わかった!瓦屋さんに頼むよ。俺が気を回さないで申し訳なかったね」

どうでしょう。
世知辛い世の中の昨今です、
しかも自分の仕事が暇な時に、
他人のことを気にかけて、義理立てする気持ち。

正直、こちらとしては、昔気質で面倒くさい人だな
と思ってしまう部分もあります。

でも、職人さんはこのような考え方の持ち主がほとんどです。
このような考え方の人達が、
人を見て仕事の差をつけるようなことをするでしょうか?

人間ですから、間違いやミスをすることはあります。
それを防ぐために、私のような工事監理者が打合せをしたり、工事過程を
チェックしたりしています。

見た目が怖そうでも、
職人は特殊な世界に生きているわけでなく、普通に真面目なのです。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 家づくり 職人 つきあい方 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 家づくり、職人とのつきあい方 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2018年4月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリ