八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» アドバイスのブログ記事

八王子、多摩地区での自然素材の家づくり、土地との関係性

投稿日:2016年04月09日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

家を建てようと考えた時、まず土地探しからと考える方が殆どだと思います。

しかし、大久保工務店に相談に来られる方は、今は土地を
持っていないけど、土地探しと家づくりの計画を並行して進める
方も多いです。

土地探しと自然素材の家づくりの関係性

について、まとめてみました。
自然素材の家、土地との関係性
もし自然素材の家づくりを希望するのであれば、
土地だけでなく、家づくりにもこだわりを持っている
ということだと思います。

そういう場合は、土地探しを先行することはやめた方がいいです。

なぜなら、
土地、家づくりの予算配分が大事だからです。

大久保工務店でおススメしているのは、初めに資金計画をすることです。
住宅ローンの返済はいくら位なら無理がないのか、
自己資金はどの位を用意できるのか、
希望する土地のエリアの相場は、
どんな家にしたいのか、etc
を決めて、そこからスタートしていきます。

資金計画をせずに、大まかに建築費は1500万円位
だろうと想定して土地の購入を先に決めてしまうと、

後で希望通りの家づくりのための予算がなくなって
しまったということもあるのです。

ですので、きちんと予算配分をしておくことが必要となるのです。
次に頭に入れておかなければならないことは、

土地の掘り出し物はない

ということです。
土地についての希望は、駅からの距離や街並み、
買い物の便利さなど色々あるのが普通です。

しかし、それぞれのエリアで相場があって格安や掘り出し物だという
土地は皆無と考えた方がいいです。

土地探しで希望するエリアは、限定せずに複数の場所を想定して
探したほうが、価格や面積を比較できることは当然ですし、
早く見つける近道といえます。

相場よりも安い土地には、何かデメリットが…

気をつけないといけないのが、近隣相場より安い土地を見つけたぞ!
と思っても、何かしら隠されたものがあることが多いのが常です。

八王子や多摩地区でいうと、丘陵地という特徴があるため、
擁壁がある土地が多いです。

よくあるのが、擁壁が古くて劣化していたり、きちんとした構造で
作られていない擁壁は、

家を建てる前に擁壁を作り直さなければならないケースがあります。

いくら相場よりも安い土地だからといっても、その分費用が余計にかかるので、
結果的には安くない、場合によっては高くついてしまうのです。
こういったことを避けるために、

土地探しでも工務店の意見を求める。

ことが有効です。
基本的に工務店の役目は家づくりです。
大久保工務店は土地の販売はしていません。

ただ、家を作るうえでそれぞれの土地がどのようなメリット、デメリットがあるのかを
見る目には精通しています。

この辺は不動産会社よりも、工務店の方が見る目はあるといえます。

上であげたように、擁壁がある土地の場合はその擁壁は使えるのか
使えないのかの判断や、それぞれの土地の特性に合わせて、
どんな家を予算内で作ることができるのかをアドバイスできるのです。

土地も建物も同じ物はないから楽しい。

建売住宅は別として、注文住宅であれば同じものはこの世に存在しません。
この点が、家づくりの難しいところであり、面白さを感じられる部分です。

自動車や洋服のように出来上がった製品を買うわけではないので、
時には悩み時には楽しさを感じられるのです。

間取りは?床は無垢?壁は珪藻土?などなどを考えて実現していく時の
ワクワク感は、自分達だけの空間を作り上げていく時の醍醐味です。

こだわるのであれば、信頼できるアドバイザーを
見つけるべき

土地にも家づくりについて、誰でも知識がないのは当たり前です。
手っ取り早く建売住宅を買うという手もありますが、
土地にも家にもこだわるのであれば、

信頼できるプロにアドバイスを受けて、知識をつけながら進めていく
ことが重要です。

総予算の決定、土地、建物、それぞれの優先順位の決定、自然素材の使い方
などについて、工務店にアドバイスを受けながら進めていくと、
満足した家づくりを手に入れるはずです。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 八王子 自然素材の家 土地 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 八王子、多摩地区での自然素材の家づくり、土地との関係性 はコメントを受け付けていません。

自然素材で注文住宅を建てる時の資金計画

投稿日:2015年11月06日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

段取り八部、という言葉、聞いたことがあるでしょうか。

自然素材と資金計画
仕事の成否は、計画で8割方決まる、後は実際に
手を動かして実行するのは2割だという考え方です。

この言葉、建設業の世界でよく使われています。
もしかしたら、建設業界から生まれた言葉じゃないのか
とさえ思っています。

工事を進める前に、人や材料の手配、工程の手順、
期間などを決める下準備が良ければ、上手くいくことを
表現しています。

私が以前勤めていたゼネコンでも、ベテランの現場所長が
よく言っていましたし、家業である大久保工務店に
来てからも、職人さんが「段取りが良い」「段取りが悪い」
という使い方をしている人が多いです。

では、注文住宅を建てようとする個人が
重視すべき段取りは何でしょうか?

依頼する、住宅メーカーや工務店の選択、工法の選択、
建てる時期などいろいろとあると思います。

中でも、一番重要なことは、資金計画だと私は考えています。

建築を任せてもらう側としては、家が完成して引き渡して
終わりだけではなく、その後どのような生活をその家で
送ってもらうかのほうが重要と考えているからです。

計画通りいかないのが人生といった開き直った
考え方もありますが、山あり谷ありが多少あったとしても、
ゆとりのある生活があってこそ、マイホームが意味を
なすものです。

だったら、家の建築費も安ければ安いほど安心した
生活ができるからいいんじゃないの?
となります。

しかし、人間には欲求や感受性があり、間取りや
使う素材、デザインなどの価値を求めるものです。
家に限らず、服や自動車なども一緒だと思います。

そうは言っても、お金のことが心配だから家に
取り入れる自然素材を諦めるという方も
これまでいらっしゃいました。

しかし、
イニシャルコストとランニングコストの
どちらに重きを置いて考えるかです。

安さを重視して、合板フローリングやビニールクロスの
将来の張替えにお金をかけるのか、

いつまでも長持ちして、しかも劣化しても味わいを
感じられる無垢フローリングや塗り壁材などの
自然素材を半永久的に使い、ランニングコストを
抑えるのかという選択です。

内装材に限らず、家はいろんな部分で何十年もしくは
百年と使い続けていくには、維持管理コストが必要となります。

家づくりは、かなり長い目で考えた段取り、計画が
求められるものなのです。

だから、私の会社では住宅ローンや将来の維持管理費用の
ことだけでなく、趣味などの送りたい生活スタイルを含めた
資金計画のことから、家づくりの段取り、計画をする際に
アドバイスさせていただいています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 自然素材 注文住宅 資金計画 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材で注文住宅を建てる時の資金計画 はコメントを受け付けていません。

自然素材で建てる注文住宅に何を期待するか?

投稿日:2015年10月30日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

自然素材に何を求めるのか?ポジティブに考えよう!

自然素材の注文住宅
世の中が成熟したせいなのか、オーガニックやエコが
なんとなくキーワードとなっている風潮です。

身体に良い物、環境に良いことを好むということは、
いずれにしろ悪いことではないと思います。

大量生産、大量消費で既製品が主流だったのが、画一的
ではなく、個性や優しい雰囲気のものを求められる
世の中になったのだと思います。

少し前は、自然素材はシックハウス対策をメインに注目されていました。

隙間風が吹く家が多かったのが、高度成長期以降の家は
断熱、気密化が少し改善されたのと
同時に、大量生産の工業化建材が普及しました。

換気が不十分な空間に、化学物質である接着剤などを
使った建材やビニールクロスがあたり前になったので、
シックハウスという症状が現れる人が増えてきた
のです。

そのため、どちらかというと自然素材は、止むに
やまれず使うという人が多かったのだと思います。

シックハウスの症状を解消したいとか、シックハウスが
心配、なりたくないというネガティブ思考から、
自然素材の利用が見直されようになった始まりだ
と思います。

しかし、
今はネガティブではなくポジティブに自然素材を使うことが多くなった
と感じています。

シックハウスを怖がって自然素材ではなく、

気持ちいいから、
温かみを感じるから、
オシャレだから、

自然素材を使うというように、今はポジティブな発想
から使われているのです。

そうなったことは、自然素材好きの工務店としては、
良いことだと感じています。

珪藻土などの湿気をコントロールする調湿性や、
無垢フローリングの温かみ、本物の質感など、
プラス面に注目して考えたほうが、
家づくりもより楽しくなるはずです。

またその方が、ガチガチに何が何でも家の全てに自然
素材を使わなきゃいけないというようにならずに、

良いとこ取りで、うまく自然素材を取り入れようという
家づくりの進め方になると思います。

ですので、
自然素材をうまく使うには、適材適所で考えることをおススメします。

リビングや寝室など居る時間が長い場所には、
無垢フローリングを使う、トイレや洗面所などには水に
強い別の素材を使うといった具合です。

また、無垢の木も種類によって、色合いや温かさを
感じる度合いが異なるといった特徴がそれぞれ違う
ので、自分が何を重視するのかを明確にすることも
必要となります。

最後に
自然素材についてのアドバイスと工事を頼む相手は、プロなら誰でもいいという訳ではない。
と思っています。

無垢の木に特徴があるように、設計施工する側にも
特徴があります。

ローコストビルダーや住宅メーカーのように、大量生産
された工業化建材を使うことに慣れた会社と、

自然素材を使い慣れた工務店とでは、知識と工事の腕に
差があると思っています。

無垢材のくせ、塗り壁材の品質など、材料特有の特徴を
知識として蓄えているかどうかで、アドバイスできる
内容も変わってきますし、

工事をする上でも、無垢フローリングの伸び縮みや、
塗り壁のクラックといった、後々に問題が起きない
ようにする施工方法があるのです。

また、お手入れの仕方やメンテナンスの方法などの
暮らし始めた後でのことも、自然素材になれた工務店
なら、詳しく教えてくれるはずです。

自然素材の種類も色々、会社の特徴も色々なので、自然素材を使う場合は、どうせなら知識と腕があるところに任せることをお薦めします。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 自然素材 注文住宅 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材で建てる注文住宅に何を期待するか? はコメントを受け付けていません。

注文住宅を新築する時、塗り壁の選び方

投稿日:2015年10月16日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

塗り壁にも種類があります。

珪藻土の壁
注文住宅を新築する時に、塗り壁を使ってみたい!
という人には、それぞれの特徴を知って選んで欲しいと
思っています。

私の会社で使っているのは、漆喰、珪藻土、
パーフェクトウォールです。

中でも、私の会社での一番人気は珪藻土で注文住宅の
新築やリフォームでよく使われています。

人気の理由を考えると、私自身が好きでおススメして
いることもあるかもしれませんが、塗り方のパターン
つけが自由なことと、調湿性能があると思います。

ではなぜ、私が塗り壁を薦めるのかというと、
一番の理由は単純に見た目、カッコ良さです。

建築のプロとしては、ビニールクロスをあたり前の
ように使うのは、お客様にちょっと申し訳ないと思って
いるのです。

ビニールクロスにも塗り壁調の模様がついたものが
ありますが、本物の塗り壁とは言葉では説明できない
ほどの違いがあります。

私の子供時代に育った家も和室以外は、ビニールクロス
でした。

その後、社会人となり住んだアパートや賃貸マンション
もビニールクロスでしたので、それが普通だと思って
いました。

しかし、塗り壁の風合いを知ると、正直、あたり前の
ようにビニールクロスの見本帳をお客さんに渡して
「好きなのを選んで」では申し訳ないと思うようになりました。

塗り壁は、光の当たり具合で陰影ができたり、色の
見え方が微妙に変化するので、表情が豊かといえると
思います。

上の写真で説明しきれないのが残念ですが、
やはり、人工的に作られた模様と、左官職人の手で
塗られた模様とでは実物を見ると段違いです。

では、漆喰、珪藻土、パーフェクトウォールの中で、

どれを選ぼうかとなると、
表情の好み、性能、コストを考えての選択になると
思います。

まず表情ですが、
漆喰は表面がツルツルした感じです。珪藻土はザラザラ
感がある仕上がりとなります。

パターンつけは、漆喰はフラットな印象で塗ることが
可能ですが、珪藻土は真っ平に塗ることはできません。

ツルツルした仕上がりで、フラット系が好みであれば、
漆喰、

ザラザラ感の表情でパターンつけを楽しむのであれば、
珪藻土を選ぶのがいいと思います。

次に性能ですが、
調湿機能を優先するのであれば、ずばり珪藻土です。

長くなるので、細かい試験データなどの数値はここで
示しませんが、私の会社で使っている珪藻土は抜群の
調湿性能があります。

漆喰も確かにある程度は調湿しますが、性能面で言えば
断然、珪藻土に軍配が上がります。
また、珪藻土には消臭機能という性能メリットもプラス
されます。

最後にコストを考えると、
珪藻土と漆喰を比較すれば、材料代と施工の手間代を
トータルで考えると珪藻土の方が安くあがります。

しかし、珪藻土が漆喰よりも安いからと言って、
ビニールクロスと比較するとかなり高い単価です。

ただ、塗り壁は、経年劣化でビニールクロスのように
剥がれたり、薄汚れた印象に将来ならないので、張替え
のコスト迄を考えると、差額はしれています。

それでも、できるだけ安くということであれば、
パーフェクトウォールという選択になります。

これは粘土系の材料で、調湿性能と自由なパターンつけ
は期待できませんが、できるだけコストを抑えたもの
です。

予算は厳しいけど、ビニールクロスではどうしても
物足りないという場合に、選択できる塗り壁です。

自然素材も色々と種類があって、迷ってしまうことが
あると思いますが、それぞれの人に合った選び方を
アドバイスできたらと思っています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 注文住宅 新築 塗り壁 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅を新築する時、塗り壁の選び方 はコメントを受け付けていません。

住宅展示場は自然素材に合わない

投稿日:2015年06月16日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す
大久保工業改め、大久保工務店 代表の大久保篤です。

家づくりを考えるとき、住宅展示場に足を運ぶ人
が多いですね。

展示場
住宅展示場に建っている家は、どれも大きくて床も壁もピカピカ、
豪華な造りで足を踏み入れると夢が膨らみますね。

1箇所でいろんな会社を見ることができるので、
情報収集の場としては申し分ないかもしれません。

住宅メーカー各社は、住宅展示場が位置する場所ごとにその地域の
市場ニーズを読み取り、都会の展示場なら3階建て、郊外なら2階建て
の商品を建てています。

また、魅力的な最新設備を搭載して各社がしのぎを削っています。
しかも、各社はコンセプト商品として、いろんなモデルを販促のため発表するので、
数年に一度、展示場の建物を定期的に建て替えたり、リフォームしたりします。

1工務店としては、住宅展示場にモデルハウスを出すことはできません。

モデルハウスの建設費は勿論、その地代や人件費、広告宣伝費をねん出してまで、
出店することは工務店のビジネスモデルには合わないと思います。

そこまでするには、お客様から請け負った新築工事やリフォーム工事の
単価を上げてその費用を捻出せざるを得ないからです。

なにより、
自然素材は、展示場のモデルハウスのようなピカピカで
テカテカの綺麗さは
合わないはずです。

自然素材は、経年変化します。最初のピカピカを保つことは難しいのです。
逆に変化すること、表情が変わることに良さがあるのです。

だから、定期的に建て替えたリフォームしなければならない住宅展示場には
自然素材は似合わないと思うのです。

特に無垢フローリングなどは、色合いが変わるだけでなく、
傷もつきやすい素材です。
それで良いのだと私は思っています。

色の変化を楽しむことができるし、
ちょっとしたキズなら簡単に元に戻す方法もあります。

人によっては、傷も味わいであり、
家族の思い出ととらえる人もいます。

では、
自然素材を使うことが不安な人、どのように経年変化するのか
確認したい人はどうすればいいでしょう?

それには、
自然素材を使った家づくりが得意な工務店に頼んで、
実際に建てて数年経過したOB宅を見せてもらうことをお薦めします。

変化の仕方を見ることができるだけでなく、実際にお住まいの方から、
普段の簡単なお手入れの仕方も聴けることができます。

実際にお住いのお宅を見学するのは、少し気が引けるかもしれませんが、
家づくりの先輩は、その家を気に入っていれば、気に入ってるほど、
親切にいろいろとアドバイスしてくれるものです。

住宅展示場とは違う、家づくりの勉強方法、
視点が変わるかもしれません!

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 住宅展示場 自然素材 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 住宅展示場は自然素材に合わない はコメントを受け付けていません。
12

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2019年6月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリ