八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» ビニールクロスのブログ記事

工業製品のビニールクロスと オンリーワンの塗り壁

投稿日:2020年09月30日 作成者:


家づくりで、
あれこれ悩むことの一つが内装。

内装の中でも壁材は
目につきやすく、
家の雰囲気が大きく左右されます。

壁材には、
クロス(壁紙)や塗り壁、木、タイル、パネルなど
いろいろな種類がありますが、

ここでは、
工業製品代表のビニールクロスと
オンリーワン代表の塗り壁を
比べてみます。

「工業製品」代表:ビニールクロスの良いところ

八王子市で創業60年、自然素材の家づくり№1工務店を目指す
大久保工務店 スタッフの大久保ともこです。

ビニールクロスは
工業製品なので、

製品自体が均一にできています。
ムラなどは商品自体にはなく、
あったとしたら、不良品ということになります。

また、
製品には、いろいろな工夫が施されており、
施工しやすいので、

失敗は少なく、
熟練した技が求められることは無く、
ある程度の職人であれば、

誰が施工しても
均一の美しい仕上がりになります。

また、ビニールクロスを張るのに
要する施工時間も、
短く済みます。

ビニールクロスの材料自体は
工業製品で大量生産が可能ですし、
材料費の価格を抑えることが可能です。

工事費としてのクロス職人の人件費も、
施工自体が熟練の腕を必要とせず、
施工時間が短くすむ分、抑えることができます。

ビニールクロスは
材料費、工事費ともにコストを抑えることが可能です。

また、お手入れの面でも
ビニールでできているので、
汚れがついても、気軽に落としやすいです。

経年により、みすぼらしくなってしまった場合、
いざとなったら、

塗り壁の場合よりも、
比較的気軽にコストを抑えて、

張り替えることが可能です。

ビニールクロスは
色、模様など、種類もかなり豊富で、
気分転換も可能です。

「オンリーワン」代表:塗り壁の良いところ

塗り壁は、
左官職人が塗り壁の材料を
刷毛、コテで塗って
仕上げます。

人の手によって仕上げるため、
塗り方、仕上がりには多少なりとも違いが生じます。

塗り壁の種類によって
仕上げ方は変わってきますが、

塗り壁を真っ平らに仕上げるのには、
熟練の腕が必要だったり、

パターンを付けて表情を付ける場合も、
完全に同じパターンを繰り返す模様は
不可能だったりします。


仕上がりは、
職人の腕によるところが大きいので、
誰がやっても同じ仕上がりというわけにはいきません。

ただ、それが
「オンリーワン」の味わい深い雰囲気を
作り出しているということも出来ます。

また、
ビニールクロスのように、
ボンドで貼ったらおしまいではありません。
塗り壁は
塗る作業にも時間がかかり、
塗った後、乾くまでさらに時間がかかります。

材料費は、
ビニールクロスに比べると、価格は高くなります。
工事費も、
それなりに腕のある職人によって
時間をかけて施工するので、高くなります。

コストは、ビニールクロスと比べ
材料費、工事費ともに高くなりますが、

手間暇かかる分、味わいのある雰囲気は
格別です。

お手入れの面では、
ビニールクロス程気楽に汚れを落とすことはできませんが、
汚れの上から塗り壁材を塗りなおすことができます。

塗り壁は、
化学製品と違って無機物から出来ているため、
静電気を発さないので、

ほこりを寄せ付けることはありませんので、
何かで汚さなければ、
薄汚れてくるまでは、長い時間がかかります。

少々の汚れは、
時間とともになじんできますし、

ビニールクロスのように継ぎ目がなく、
経年によって劣化が気になるということもなく、

むしろ経年変化は味わいとなります。

そういう点でも、塗り壁は「オンリーワン」
ということが出来ます。

また、
塗り壁には調湿性や消臭性があったり、
無機物で出来ているので耐火性の面でも優れています。

いかがでしたか?

工業製品のビニールクロスと
オンリーワンの塗り壁を
比べてみました。

ご自分が何を選ぶかは、
それぞれの特性を理解した上で
ご自分に合うものを選択することが大事です。

建築会社に、相談に乗ってもらうのも
良いでしょう。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: ビニールクロス 塗り壁 | タグ: , | 工業製品のビニールクロスと オンリーワンの塗り壁 はコメントを受け付けていません。

自然素材の家と地域性、東京、八王子では?

投稿日:2016年02月27日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

最近、八王子の工務店である大久保工務店に家づくりの相談に
来られる方は、自然素材を使うことを前提にしている方が多いです。

自然素材というと、連想する言葉はエコ、ロハス、
古民家、田舎などなど浮かびますね。

自然素材の家、八王子
実際に昨年から相談に来られている方は、
田舎にいるおばあ様の古民家の雰囲気を気に入ったのが、
自然素材の家に興味をもったキッカケだそうです。

田舎でなくても自然素材の家を味わいたい!
という気持ちが生まれたそうです。
(八王子は東京の片田舎といった感じですが…)

しかし、自然素材の人気が高まったことについて
私にはその理由が以前から明確には
分からないでいました。

確かに、家づくりのプロとしては、無垢材の温もりや珪藻土などの
塗り壁材の調湿性能がいいと思ってお客様にお勧めしています。

でも、
自然素材が良いと思う気持ちは性能や理屈ではない。
ということに、お客様とお話しているうちに感じるようになりました。

冒頭で触れたお客様のように、自然素材の家がいいと
思ったきっかけは、湿度の吸放出性能や体感温度などの
数値データを理解していいと感じたのではなく、

なんとなく雰囲気が良いとか、落ち着く、
なんとなく温かみを感じていいと思う方がほとんどです。

理屈で良いと思うのではなく、なんとなく良い
なわけです。

さらに、
なんとなく良いが継続すると他にも良いことがある!
それを最後に説明します。

自然素材がなんとなく良いといっても、今迄はビニールクロスや
合板フローリングなどの新建材に囲まれた環境で生活していた方が
ほとんどだと思います。

住み始めた時は、ピカピカ、テカテカで喜んでいても、
合板フローリングについた傷が増えた、表面が剥げた、
ビニールクロスが汚れてくすんだ色になってきた、

そんな感じの劣化が進むと、自分の住まいへの思いはどうでしょうか?
知らず知らずのうちに愛着心が薄れてくると思います。

一方で、
自然素材は初めからピカピカでも
テカテカでもありません。

無垢の木の表情や塗り壁のマッドな雰囲気を特徴としているからです。

ただ、そのような自然素材の質感は古くなっても劣化しちゃったなあ~
という印象を受けない人が多いはずです。

無垢フローリングの色が飴色に変化したり、傷がついても味わい
と捉えることができるのです。

このような現象は劣化とは違い、
経年美化や古美る(ふるびる)という言葉で表現できます。

私が言いたいことは、
古民家とまでいかないかもしれませんが、自分の家に対して、
なんとなく味わいを感じられれば、
愛着を失うどころか、愛着心が長年に渡って
増していくということです。

それが自然素材の家に住むことの醍醐味だと思っています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 自然素材の家 八王子 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材の家と地域性、東京、八王子では? はコメントを受け付けていません。

注文住宅に使う自然素材と先進技術

投稿日:2015年12月03日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

世の中は、ITや自動車、家電など様々な分野で
技術の進歩のスピードが速いですね。

注文住宅には自然素材と先進技術の使い分けがいい
と考えています。自然素材の無垢材

住宅にも、耐震のための制震装置や省エネ設備など、
技術の進歩によって、比較的新しいものは次々と
取り入れられています。

そういったものは、今後も新しい物が次々と出てくる
と思います。

しかし、
変わらない物、変わってほしくない物も
私にはあります。

特に衣食住に関わる部分、普段人間が食べるもの、
肌に触れるものについては技術が進歩しても、
なんとなく不安を感じる人は多いのでは
ないでしょうか。

例えば、遺伝子組換え食品であるとか、食品添加物が
そうです。

家づくりの分野でも、工業化製品として、新建材といわれる
ベニアのフローリングやビニールクロスが当たり前
のものとなっています。

しかし、
そういった物を否定したり、
危険だというつもりは全くありません。

新しい技術、新しい物にも便利で良いものが
山ほどあります。

ただ、その一方で無農薬やオーガニックなどの言葉を
見かけることが多くなりました。

住宅で言えば、古民家を再利用することが見直されたり、
無垢材や漆喰などの塗り壁材の人気が高まっています。

それは、
昔からあるものの良さに
気づき始めた人が多くなった

からだと思っています。

見る目が肥えた、贅沢になったと言っても
過言ではないかもしれません。

無垢フローリングから得られる温かみ、
珪藻土、漆喰などの塗り壁材から得る気持ちいい空気、
見た目の味わい、本物感、
を良いという人が増えてきているのだと感じるのです。

家づくりをする立場で言うと、そういう風潮が
もっと盛り上がればと思っています。

なぜなら、
手作りという職人の持っている技術を
生かせる

からというのが一つの理由です。

確かに、合板フローリングやビニールクロスなどの
新建材を使えば使うほど、早く安く家を作ることが
できます。

しかし
工務店としては、それでは仕事が面白くなくなるし、
本当の価値を提供しているとは自信を持って
言えないのです。

たまに、無添加、オーガニックな物を口にするように、
リビングなどの触れる時間が長い部分だけにでも、

自然素材を利用することで、本物の価値を味わってほしいと思っています。

つまり、
耐震や省エネなどの先進技術と
自然素材などの昔からあるものを適材適所で
取り入れることをお薦めしたいと思っています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらから資料請求ください

無料資料のご請求はこちら

家づくりを考えているけど、
忙しくてなかなか時間が取れない方、
何から始めたらわからない方に、
無料メールセミナーを用意しています。
こちらからご登録ください。

メルマガ登録
カテゴリー: 注文住宅 自然素材 先進技術 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅に使う自然素材と先進技術 はコメントを受け付けていません。

注文住宅を建てる工務店と住宅メーカーの違い

投稿日:2015年11月27日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

注文住宅も工務店より、住宅メーカーが安心?

工務店、無垢と珪藻土

横浜でのマンションの杭工事の問題が、全国に広まって
毎日のように新聞やテレビを賑わせています。

誰もが知っているような会社が売主、施工者、下請け、孫請け
として関わっていたので、世の中へのインパクトが
大きいと思います。

以前から言われていますが、建設業の重層下請構造が
問題の一端と言われています。

重層下請という言葉を説明すると、仕事の流れが、
ゼネコン⇒下請け⇒孫請け⇒さらにその先へと発注
されていかれることです。

現場で働く人員数は下へ行けば行くほど、多くなる
ピラミッド構造で、指示も上から下へ流れていくことと
なります。

では、マンションよりも規模の小さい
注文住宅でも、同じような下請け構造で
作られているのでしょうか?

結論として、下請けを使わないで家を建てている会社は
ほぼ存在しないと思います。

注文住宅を建てるにしても、大工さんだけで完成できる
訳ではありません。

基礎工事、左官工事、屋根工事、水道、電気etc…
といろんな専門性を持った職人が現場に入って
作業をします。

けっして、住宅メーカーの社員が作業して作るわけでは
ありません。

小さな工務店でも、大工さんや他の職種の職人を社員
として抱えている会社と、作業する職人は一人もいない
会社の2種類があります。

私の会社にも社員職人は数人いますが、
全ての作業を自社の社員で工事することはなく、
注文住宅を作るには、いろんな職種の下請けが必要と
なるわけです。

では、工務店や住宅メーカーは何をやっているのか?
となりますが、営業、設計、工事管理、工事監督をすることになります。

それなら、
工務店も住宅メーカーも仕事のやり方は
大体同じ形態なのね!

と思うかもしれませんが、少し違います。

工務店でも、もう一種類の工務店が存在します。
住宅メーカーの下請けオンリーで仕事をしている会社
が存在します。

この形態の工務店は、営業や設計をする必要がなく、
工事管理だけで済みます。

会社を運営するうえで固定費が少なく、仕事にあぶれない
ことが経営上のメリットです。

住宅メーカーとしては、そのような下請け工務店に
工事管理を任すことができ、

自社の社員監督は多くて10棟以上の現場を同時に
掛け持ちすることが可能となるわけです。

つまり現場には、たまに行けば済むこととなり、
工務店の監督が毎日のように現場に行くのとは仕事の
仕方が異なるわけです。

大きく違うのは、顔が見える仕事か
見えない仕事かです。

工務店は注文住宅を建てる時には、余程のことがないと
下請けでも、孫請け業者の人間は現場に居ないと思います。

しかし、住宅メーカーの現場では、下請け工務店以外の
ほとんどの職人が孫請けとなります。

さらに、現場に行く回数がたまになので、
顔すら合わせることがない職人がいるはずです。

その代わりに、作業内容を細かくマニュアル化して
管理する必要があるのです。

また、住宅メーカーの社員は、頻繁に現場に行くことが
できないので、品質管理の難しい無垢材や珪藻土などの
自然素材はあまり使わず、

マニュアル化しやすく施工の簡単な、合板フローリングや
ビニールクロスを好む傾向にあるのです。

職人の立場に立って考えると、
住宅メーカーは上意下達でコスト、工期に縛られる、
管理されながらの仕事相手

工務店は、マニュアルだけに頼らずに、顔を会せて
一緒に仕事をしていく共同体といえると思います。

ここまで、工務店寄りの内容で書いてしまいましたが、

注文住宅を建てる時にどちらを選ぶのか?
は志向に合わせて決めるのも一つの方法だと思います。

抽象的な言い方になりますが、
手作りの良さを求めるのであれば、工務店、
ブランドを重視するのであれば、住宅メーカー
という選択方法です。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 注文住宅 工務店 住宅メーカー | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅を建てる工務店と住宅メーカーの違い はコメントを受け付けていません。

注文住宅を建てる時、計画性と感受性、両方が必要

投稿日:2015年11月16日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

注文住宅には、計画性と感受性の両方が必要です。

注文住宅と計画性
家を建てる時に計画性が大事だということは、資金計画
であったり、長期的なメンテナンス計画であったりと、
アレコレ想像がつくと思います。

でも、
感受性?そんなの家に何の関係があるの?
というところだと思います。
これが意外と注文住宅を建てる時には重要なんです!

なので、今回は感受性のほうを主に説明していきます。

もし、分譲住宅や中古住宅を購入する場合は、
既に出来上がった物を目で見て触れて購入を決める
ので、それほど感受性は必要ないかもしれません。

マンションや分譲住宅でも、建物の完成前に契約をする
ケースもありますが、施工業者、間取り、使う材料は
決められた仕様で購入することになるので、感受性は
必要ないと思います。

では、注文住宅の場合はどうか?
まずは、会社選びで必要となります。自分と相性、
フィーリングが合う担当者なのかを感じることが
必要なのです。

注文住宅を建てるには、いろいろと計画を建て
なくてはなりません。

依頼する工務店、住宅メーカーの担当者と何度も
打合せが必要となります。

お金のこと、建てる時期のこと、プランのこと、
使う材料のこと…

計画を建てるのに何度も顔を突き合わせて、
打合せするのであれば、自分と相性がいい人に安心して
任せたいものです。

住み出してからも、何かあればすぐに駆けつけて
くれる人なのかどうか、頼りになる存在なのかを
判断しなくてはなりません。

だから、
人への感受性、見抜く力が必要となるのです。

次に、
物、デザインに対する感受性です。
工務店にしろ、住宅メーカーにしろ、自分の会社が使っている材料
についてアピールしてくると思います。

汚れが落ちるビニールクロスの機能性や、傷つきにくい
合板フローリングだったり、

逆に、珪藻土など、自然素材の調湿性や、無垢フローリングの
温かみだったりといった具合です。

説明を聞いて理屈でわかることもあります。
しかし、本当に自分の求めているものなのかどうか、
合うものなのかどうかを判断するのには、迷うのが人間です。

そんな時はやはり感受性に頼ってみる。

場合によっては、その会社が建てたOBの家を見せてもらう。

築後数年経って、珪藻土、無垢フローリングに五感で
触れてみて、自分の求める物なのかどうかを判断してみるのです。

現代は変化のスピードが速いです。家づくりも同じで、
工法や建材も毎年いろんな新しい物が登場します。
流行みたいなものもあるかもしれません。

後になって、友人などの家を見て、ああすれば良かった、
こっちにすれば良かったと思わないためにも、

計画性と感受性の両方が、必要になるのだと感じています。
自分達がはじめに、本当に納得していれば後になって
目移りしないはずだと思うのです。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 注文住宅 計画 感受性 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅を建てる時、計画性と感受性、両方が必要 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリ