八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» ピカピカのブログ記事

自然素材の家と地域性、東京、八王子では?

投稿日:2016年02月27日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

最近、八王子の工務店である大久保工務店に家づくりの相談に
来られる方は、自然素材を使うことを前提にしている方が多いです。

自然素材というと、連想する言葉はエコ、ロハス、
古民家、田舎などなど浮かびますね。

自然素材の家、八王子
実際に昨年から相談に来られている方は、
田舎にいるおばあ様の古民家の雰囲気を気に入ったのが、
自然素材の家に興味をもったキッカケだそうです。

田舎でなくても自然素材の家を味わいたい!
という気持ちが生まれたそうです。
(八王子は東京の片田舎といった感じですが…)

しかし、自然素材の人気が高まったことについて
私にはその理由が以前から明確には
分からないでいました。

確かに、家づくりのプロとしては、無垢材の温もりや珪藻土などの
塗り壁材の調湿性能がいいと思ってお客様にお勧めしています。

でも、
自然素材が良いと思う気持ちは性能や理屈ではない。
ということに、お客様とお話しているうちに感じるようになりました。

冒頭で触れたお客様のように、自然素材の家がいいと
思ったきっかけは、湿度の吸放出性能や体感温度などの
数値データを理解していいと感じたのではなく、

なんとなく雰囲気が良いとか、落ち着く、
なんとなく温かみを感じていいと思う方がほとんどです。

理屈で良いと思うのではなく、なんとなく良い
なわけです。

さらに、
なんとなく良いが継続すると他にも良いことがある!
それを最後に説明します。

自然素材がなんとなく良いといっても、今迄はビニールクロスや
合板フローリングなどの新建材に囲まれた環境で生活していた方が
ほとんどだと思います。

住み始めた時は、ピカピカ、テカテカで喜んでいても、
合板フローリングについた傷が増えた、表面が剥げた、
ビニールクロスが汚れてくすんだ色になってきた、

そんな感じの劣化が進むと、自分の住まいへの思いはどうでしょうか?
知らず知らずのうちに愛着心が薄れてくると思います。

一方で、
自然素材は初めからピカピカでも
テカテカでもありません。

無垢の木の表情や塗り壁のマッドな雰囲気を特徴としているからです。

ただ、そのような自然素材の質感は古くなっても劣化しちゃったなあ~
という印象を受けない人が多いはずです。

無垢フローリングの色が飴色に変化したり、傷がついても味わい
と捉えることができるのです。

このような現象は劣化とは違い、
経年美化や古美る(ふるびる)という言葉で表現できます。

私が言いたいことは、
古民家とまでいかないかもしれませんが、自分の家に対して、
なんとなく味わいを感じられれば、
愛着を失うどころか、愛着心が長年に渡って
増していくということです。

それが自然素材の家に住むことの醍醐味だと思っています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 自然素材の家 八王子 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材の家と地域性、東京、八王子では? はコメントを受け付けていません。

注文住宅を建てる時は、住宅展示場よりもOB宅見学

投稿日:2015年12月09日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

先週末、私の会社で注文住宅を建てようとしている人を
OB宅様へ見学に案内しました。

住宅展示場よりも実際のOB宅を参考にする。

OB宅見学
(写真は賑やかに出迎えてくれたOBのお子さん)

OB宅って何?と思う人も多いでしょうが、
OB宅とは、工務店から見て過去に新築させて頂いたお宅のことです。

注文住宅を建てようと考えた時、まず住宅展示場へ
行く人が多いと思います。

住宅展示場のモデルハウスは自分たちが実際に建てる
家よりも、仕様が豪華であったり面積も大きめで、
夢はどんどん膨らみますね。

一方でOB宅はリアルに近いといえるでしょう。
私の会社で案内できるOB宅は、大きさも延べ床面積
30坪弱から大きくても45坪程度です。

手作りのキッチンなどを設置したこともありますが、
キッチンやシステムバス、トイレなどの住宅設備機器は
豪華なものではなく、標準的なものが多いです。

では、OB宅を見学して何を参考にするのか?
間取りや外壁の色などを参考にしたり、
家の中の暑さ寒さがどの程度、緩和されているかを
確認するというのも大事な部分だと思います。

でも、
住宅展示場では分からない部分があります。
無垢フローリングや珪藻土などの塗り壁を考えているのであれば、
その傷つき方、汚れ方です。

私の会社で案内するOB宅は、ほとんどが無垢フローリングや
塗り壁のお宅です。

住宅展示場では、普段から念入りに手入れをして
ピカピカにしています。

しかし、OB宅は普通の人が実際に住んでいます。
小さいお子さんが飛び跳ねたり、ジュースをこぼしたり、
料理もバンバンされていて、揚げ物や焼肉などの料理も
されています。

そんな実際生活の中で、無垢の床や珪藻土、漆喰の壁は
どんな劣化の仕方をするのかを見てほしい
と思っています。

自然素材の傷や汚れを味わいと取るか、
劣化ととるかは、人によって感覚が異なります。

ちなみに、今回お連れした方には、無垢材が飴色に
変化する状況や傷のつき方を本物ならではの味
と感じ取って頂きました。

さらに、
見えない部分を感じ取ることを忘れないこと

実際に暮らしているOBの方に、普段のお掃除の仕方や
気に入っている部分、ああした方が良かった、
こうした方が良かったといった声が聴けるのも、
OB宅見学ならではです。

そして、人間関係を見ることが一番重要です。
OBがその工務店を信頼しているのか?
建てた家を満足しているのか?

ということを読み取ることが、工務店選びにおいて
OB宅見学は一番参考になることだと思います。

最後に、今回お宅を見学させていただきましたOB
の皆様には、快く応じて頂きありがとうございました。
工務店経営者として、皆様に支えられていることを
再認識させていただきました。
この場を借りてお礼申し上げます。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらから資料請求ください

無料資料のご請求はこちら

家づくりを考えているけど、
忙しくてなかなか時間が取れない方、
何から始めたらわからない方に、
無料メールセミナーを用意しています。
こちらからご登録ください。

メルマガ登録
カテゴリー: 注文住宅 住宅展示場 OB宅見学 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅を建てる時は、住宅展示場よりもOB宅見学 はコメントを受け付けていません。

新築で自然素材を使う、世代ギャップ

投稿日:2015年09月16日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す
大久保工務店 代表の大久保篤です。

自然素材を使うことへの違和感

シニア世代
無垢フローリングや漆喰、珪藻土などの自然素材への人気が
高まっていると感じています。

ただ、私が感じているのは比較的若い世代の人の方が、
自然素材をすんなり受け入れるということです。

お父様の家の敷地が広いので、息子さんの家を隣に建てた
ことがあります。

同じ敷地の中に、息子さんの家を建てるのでご両親は家が
完成するまで、毎日のように現場を覗きにいらっしゃいました。

工事の過程でもいろんな質問を受けて、
基礎工事中の鉄筋の状況や、上棟した後の太い柱や梁、断熱
材の設置状況を説明させていただき、

「ずいぶんと頑丈に作るんだね」
「これならあったかそうね」
など満足気な感想をいただきながら、工事を進めました。

しかし、
工事が進むうちに自然素材が気になりだしたようでした。
もちろん、柱や梁も自然素材です。
それらを見ている時には、何も気ならない様子でしたが、

目に触れる面積が大きい床、壁、天井に内装で使う自然素材
が入りだした時の感想は、次のようなものでした。

床にパインの無垢フローリングが張りだされた時に、
「この床は、息子たちが選んだの?」
「ちょっと節が気になるな」
「すぐに傷がついちゃうんじゃない?」

壁や天井に珪藻土が塗りだされた時に、
「なんで真っ平に塗らないの?」
「汚れたらどうするの?」
「ポロポロ剥がれない?」
と、ちょっとネガティブな言葉が多くなってきたのです。

もちろん、息子さんご夫婦が選んだ自然素材を使っていて、
ご希望のナチュラルテイストに仕上げていきました。

完成後の感想は、
「若い人の趣味はわからないな」というものでした。

息子さん夫婦は、
「自分たちは、気に入って満足しているんで、親の言うこと
は気にしないでね!」ということでしたが、

世代による趣味のギャップは結構大きいものだと思います。
もしかしたら、自然素材そのものだけでなく、内部の柱や梁
を見せていることにも違和感があったのかもしれません。

シニア世代が子供の頃、育った家は工業化製品がほとんど使われてなく、自然素材の家だったはずです。

しかし、大人になって、合板フローリングやビニールクロス
などの工業化製品を多用した家やマンションが新しい物、
便利なものとの感覚が根付いているのかもしれません。

若い世代は、自然素材に触れたことがなかったはずですが、
工業化製品のピカピカやテカテカではなく、マットな仕上がり
を逆くに新鮮でオシャレに感じるのかもしれないですね。

最終的には、自然素材を使ったほうが、本物の家づくりであること。
長持ちすること。
調湿性能など、良い面があること。
昔の家は自然素材しか使っていなかったこと。

を説明し、ご両親にも納得いただきましたが、一度染みついた
概念は中々取り払えないものです。

ただ、シニア世代は、自然素材に抵抗を感じるという理屈は私
の思い過ごしかもしれません。

実際に定年退職を機に、マンションを売って自然素材で戸建の
新築をされた方がいました。

その奥様に無垢フローリングや塗り壁は、シニア世代の方に中々
受け入れてもらえなかった経験を伝えると、

「私の感覚、センスは若いってことね!カフェとかでも使っ
ててシャレてると思うのよ。本物感もあるし。」
と自慢気な様子でした。

無垢フローリングや珪藻土などの塗り壁を使うことにより、
得られる調湿効果など、機能面で得られることは多いです。

しかしそれよりも、新築で自然素材を使おうと思い立つに
は、理屈よりも若い感覚が必要なのかもしれないと思った出来事です。

子供の頃に自然素材で育った世代の人は、本物に触れたことがあるはずです。それを思い出して、

自然素材を使うと感覚が若返るというのも、メリットの一つだと言えると思います。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 新築 自然素材 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 新築で自然素材を使う、世代ギャップ はコメントを受け付けていません。

自然素材での新築を薦める理由

投稿日:2015年09月08日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す
大久保工務店 代表の大久保篤です。

私の会社では、自然素材を使った新築やリフォームをお薦めし
ています。
実際に床や壁、天井に無垢フローリングや珪藻土を使った家を
建てています。

なぜ自然素材をお薦めするのか、
簡単に言うと、私が好きだからです。

自然素材、どこまで使う?
好きな理由は、珪藻土なら調湿性能があるとか、
無垢フローリングなら味わいある経年変化をするとか
触れた感覚や部屋の空気が気持ちいい
など…たくさんあります。

一番の理由は本物だから、ということです。
普段のブログやホームページに、自然素材の良さを書いていま
すが、文章の理屈だけでは伝わり難いかもしれませんね。

ただ、
自然素材も人によって、合う合わないがある
と思います。

以前に自然素材を使った家を建てさせて頂いたお客様のご厚意
で、完成見学会をした時の話です。

2組の来場者のうち、1組は若い子育て世代、もう1組は定年退職
後の高年世代の方でした。

若い世代のご夫婦は、当時社宅にお住まいで、分譲住宅の購入
を考えている方でした。

高年世代のご夫婦は、築30年の家の建て替えを考えている方
でした。
それぞれに、自然素材のメリットやデメリットを説明したので
すが、

若い世代の感想は、
「肌触りが普通の家と違う、高級感がある、オシャレな感じが
する、建売とは全然違う…」というポジティブな感想

高年世代は、
「たしかに高級感はあるけど、手入れや掃除が大変そう、孫が
来た時に傷をつけてしまいそう・・・」というネガティブなものでした。

結果、若い世代の方は無垢フローリングの掃除の仕方やお手入
れの方法がそんなに大変ではないこと、傷がついても味わいと
理解して、自然素材をたくさん使った注文住宅の新築へと運びました。

高年世代はの方は、工業化製品に慣れた感覚が捨てきれず、
大久保工務店とは別の会社で新築となりました。

どちらも正解だと思います。
ただ、子供の頃に自然素材で育ったはずの世代が工業化製品
の家づくりへと進み、

自然素材にほとんど触れてこなかった若い世代が自然素材の家
づくりへと進みました。

このことは、何故なんだろう?とたまに思い出してしまう出来事です。
もしかしたら、世代に関係なく単なる好みの問題だったかもしれません。

合板フローリングやビニールクロスのピカピカやテカテカが好きな人もいるし、

無垢フローリングの一枚一枚違う表情、珪藻土や漆喰のナチュ
ラルでマットな雰囲気が好きな人もいます。

自然素材に対して直感的に感じる好き嫌いは、
必ずあると思います。

そして、直感的に気に入ったとしても、
お手入れの方法や経年変化の具合が気になって、使うのを躊躇
してしまうかもしれませんね。

そんな時、実際に築後数年の自然素材の家を見て確認するの
も、良い方法だと思います。

それで結果的に、好きになるか、嫌いになるかはやはり好みの
問題だと思います。

大久保工務店では、築後数年のOB客様の家
を案内することもできます。

触れてみて、経年変化する色の具合などを確認してから、自然
素材を使うか、使わないかを判断するのも一つの良い方法だと思います。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店へのお問い合わせご希望の方は、こちらからお願いいたします。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 自然素材 新築 理由 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材での新築を薦める理由 はコメントを受け付けていません。

家づくり、味わいが増す家とは

投稿日:2015年07月03日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す
大久保工務店 代表の大久保篤です。

今、私と妻のあいだで、インテリアショップ、雑貨店を
巡るのがブームです。

先日は、
ちょっと視点を変えて古民具ショップへ行ってきました。

蔵の戸を利用したテーブル

古民具ショップとは、古民家で使われていたドアや引き戸、家具、
雑貨などを販売している店です。

明治や大正時代、昭和初期に使われていたものが展示されていて、
そのままでは使えないので、綺麗に塗装し直したりして
売られています。

また、蔵で使われていた扉を加工しテーブルに転用したものも
展示されていました。

この店は、前から知っていて住宅建築をする際の参考にさせて
もらってもいます。

実は以前にも、アンティークが好きな方の家を新築させていただいた
時に、お値打ち価格の引き戸を見つけたので、ご提案して和室の
出入り口に使用しました。

一つ気をつけなければいけない点として、綺麗に塗装し直して
あるとはいえ、そのまま使えないことです。

なぜなら、
昔と今では建具1枚の寸法が大きく異なります。
昔の建具は高さ約175cm、約幅95cm程度が基準でした。

このことは、日本人の背が当時は低かったこと、和室のつくり方、
生活様式などによると思います。

現代でこのサイズのまま使うとなると、建具に合わせて
生活することとなってしまいます。

そこで、私の会社では、古い建具に新しい木材を継ぎ足して、
高さを2m程度にして新築する家などに、はめたりしています。

↓↓新築住宅に再利用した引き戸

0015_xlarge

最近は古民家の移築など注目されていますが、
そこまで大掛かりなものでなくても、
建具など部分的に手軽に再利用できるものもあります。

古くなっても味が出る物、いいと思います。
Mottainaiとう言葉が世界で注目されているようです。

でも、もったいないと感じることができる物は、
古びても味わいがあるものなのではないでしょうか。

家づくりにおいても、使っているうちに表面が剥がれてしまうような
合板フローリングなどの工業化製品を使うよりも、

無垢材などをできるだけ使った自然素材の家のほうが、
長く暮らしているうちに味わいがでて、愛着が増し、
将来においてMottainaiを感じることができる
ものだと思います。

家づくりを考える時、新築時のピカピカを想像してワクワク
するだけでなく、
将来の味わいが出た床や壁、建具の姿を少しだけ想像してみることも、楽しいものだと思います。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 家づくり 味わい | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 家づくり、味わいが増す家とは はコメントを受け付けていません。
12

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2018年12月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリ