八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» メンテナンスのブログ記事

自然素材の家のメンテナンス方法、床編

投稿日:2016年05月20日 作成者:


自然素材の家の床といえば、無垢フローリングですね。
メンテナンスのことを気にして、
“傷つきやすそう”、
“水をこぼしたら大変でしょう”
という不安を持つ人が多いです。

確かに、合板フローリングに比べたら傷もつき易いし、
ジュースなどの液体も、こぼせば染みこんで
シミになりやすいかもしれません。

でも実は自然素材の家の床のメンテナンスの仕方を知れば、
それほど不安になる必要はないのです。

自然素材の家のメンテナンス方法、床編1:飲物をこぼしたら

自然素材の家 メンテナンス 床編

八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

自然素材の家がいいと思っても、小さいお子さんがいる人は、
床に飲物をこぼした時のシミを心配します。
ペットを飼っている人も粗相のことを気にしますね。

まず前提として、床のメンテナンスのお話の前に、

子供が飲物をこぼしてしまったたら、
普通ならすぐに雑巾で拭くはずです。
これは無垢フローリングでも合板フローリングでも同じことですね。

違うのはそのまま長い時間、放っておくと染みこんで、
シミになるかシミにならないかです。

無垢フローリングでも、オイル塗装や蜜蝋ワックスなどを塗っておくと、
ある程度はシミを防ぐことができます。

それでも、長時間そのままにしておけばシミはつくものなので、
目の細かいサンドペーパーでこすってシミを落として、
その上に蜜蝋ワックスを塗れば目立たなくなります。

自然素材の家のメンテナンス方法、床編2:傷をつけたらどうする

自然素材の家の床を、ひとくくりに無垢フローリングといっても、
いろんな種類があります。

大まかにいうと、柔らかい木のフローリング、
硬い木のフローリングで分類できます。
それぞれに特徴があり、メンテナンスの仕方も少し違います。

柔らかい木(針葉樹)の代表は、
スギ、ヒノキ、パイン
硬い木(広葉樹)の代表は、
ナラ、チーク、ウォールナット
などがあげられます。

柔らかい木のフローリングは、
触れると温かみを感じられるが、傷つきやすい。

硬い木のフローリングは、
傷つきにくいが、温かみは落ちるのが特徴です。

傷がついた場合は、シミを取るのと同じようにサンドペーパーで
擦れば消えますが、何年か経過した床は、木の色が濃くなっているので
擦った部分だけが元の木の色に戻ります。

元々、オイル塗装や蜜蝋ワックスを塗っている床であれば、
元の色に戻った部分だけ塗り直せば、気にならなくなります。

無塗装で過ごしていたのであれば、
時間の経過とともに色の違いは馴染んでくるものです。

ただ、柔らかい木の床の場合は、
傷というよりも、へこみも生活しているうちに出てきます。

へこみに対しても、柔らかい木ならではの修復方法があります。
それはアイロンを使うことです。

まず、へこんだ箇所に水を数滴たらしてしみこませます。
あとは濡れたタオルを置いて、数十秒アイロンを置くだけです。
スギやヒノキの場合は、ほとんどこの作業で元に戻すことができます。

自然素材の家のメンテナンス方法、床編3:どうしても床にシミをつけたくない場合

UV塗装、ウレタン塗装という方法があります。
これらの塗装は無垢フローリングの表面に硬い膜を作って
コーティングするものです。

はじめから、UV塗装、ウレタン塗装が施された床を使うのが普通で、
後で塗装するのはプロにしかできません。

木に染みこませるタイプのオイル塗装や蜜蝋ワックスとは別物です。
こちらは、誰でも簡単に塗れるのが特徴です。

UV塗装やウレタン塗装は、膜でコーティングすることによって、
液体を木に染みこませないので、シミができにくく効果があるのです。

しかしコーティングしてしまうと、無垢フローリング本来の
温かみを半減させることになることを覚悟しておく必要があります。

個人的には、せっかくの自然素材の家の床なのでメンテナンスは、
自分でオイル塗装や蜜蝋ワックスを塗って、
無垢本来のメリットである温かみを味わう方がいいと思っています。

自然素材の家のメンテナンス方法、床編4:メンテナンスを楽しむ

シミや傷もついたばかりの時には気になるかもしれませんが、
少し時間が経てば馴染んできて、傷も味わいと感じることができるのが、
無垢の木の良さなのです。

合板フローリングなどの工業化生産された建材の劣化は、
ボロボロにみすぼらしい感じになり、20年位で張替えたくなります。

自然素材の家の劣化は、オリジナルな劣化の仕方で
古美る(フルビル)感じです。
特に無垢の床は味わいが増す代表的なものです。

自然素材の家のメンテナンスも、気が向いたときにする程度の
意識でもいいかもしれません。

自然素材の家のメンテナンス方法、床編5:気にしない!

床は、自然素材の家の中で視界に入る面積が大きいので、
空間の雰囲気づくりには重要な部分です。
目で見るだけでなく、家の中で触れる割合が一番高いのが床です。

普段は当たり前に床の上を歩いているだけですが、顔を近づけて
シミを取ったり、傷を補修するといった作業をすることで、
普段よりも木目や温もりといった表情を楽しむことができます。

いかがでしたか

自然素材の家に暮らしても、自然素材でない家でも
メンテナンスフリーで住み続けることはできません。

ただ、自然素材の家の場合、特に床は自分でメンテナンスできる部分が
多いのです。

しかも、おおらかに考えるとメンテナンスの頻度も少なくすんで、
長く使えるのです。


大久保工務店は、自然素材を取り入れた企画住宅「べっぴんハウス」や、自然素材の家の資料をご用意しています。

カテゴリー: 自然素材の家 メンテナンス 床 | タグ: , , | 自然素材の家のメンテナンス方法、床編 はコメントを受け付けていません。

自然素材の家のメンテナンス方法、壁編

投稿日:2016年05月17日 作成者:


自然素材の家は、汚れやすそう、掃除が大変そう、
などのイメージがありますね。
果たして本当にそうでしょうか?

塗り壁や無垢フローリングなどはオシャレに見えて憧れるけど、
自分の家に取り入れるのを、ためらう人もいます。

実際に自然素材の家に暮らした時のメンテナンスの仕方、
楽しみ方を書いてみます。

自然素材の家のメンテナンス方法、壁編1:表面的な汚れの場合

自然素材の家のメンテナンス、壁

八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

自然素材の家の壁というと、漆喰や珪藻土の塗り壁が代表的です。
「子供の落書きや、手垢やシミがついたらどうするの?」
という質問をよく受けます。

小さな子供は、壁に落書きをしてしまうこともありますし、
少し大きくなっても、わんぱくな子供は汚れた手で壁をペタペタ触って
手垢がつきがちですね。

このような場合は一番簡単なメンテナンスの方法があります。
鉛筆や手垢、程度の汚れであれば、プラスチック消しゴムで
こすれば、落ちるケースがほとんどです。

自然素材の家のメンテナンス方法、壁編2:壁に染みこんだ汚れの場合

コーヒーやジュースなどの染み込み汚れは、
表面についた汚れと違い、消しゴムでは落としきれません。

こうした場合、自然素材の家のメンテナンス方法の中でも、
少しだけコツコツやる根気が必要な方法で対応します。

まずは、スプレー、濡れタオルで水を浸してトントン叩いくと
ある程度は落ちます。洋服の染み抜きの感覚ですね。

それでも中々落ちない場合は、中性洗剤もしくは
キッチンハイターなど、漂白剤を薄めて合わせて使うと、
ほとんどの染み込み汚れは落ちます。

自然素材の家のメンテナンス方法、壁編3:頑固な汚れの場合

自然素材の家の壁をメンテナンスする中で強敵なのは、
マジックなどの中々落ちない汚れですね。
これはビニールクロスでも同じことだと思います。

この時には、サンドペーパーで削り落とすしかありません。
但し、塗り壁のパターン、テクスチャーも変わってしまうので、
目の細かいサンドペーパーで少しずつ擦るのがお勧めです。

自然素材の家のメンテナンス方法、壁編4:塗り重ねるという選択

大きな面積の汚れを一気に綺麗にしたいという時もあると思います。
そんな時は上から、新たに漆喰や珪藻土などの塗り壁材を
塗り重ねることもできます。

ただし、製品によっては下地の調整が必要になるので、
工務店などの専門家にやり方のアドバイスを受けてDIYするのも良いですし
、任せてやってもらう選択もありです。

ビニールクロスの場合、選んだ柄が3年から5年で廃盤になってしまいます。
部分的に新しいものを張替えると、違和感がでてしまうので、
部屋全体を張替えることが多いですが、

自然素材の家の壁の場合、珪藻土や漆喰に廃盤はないので、
DIYにしろ、工務店に任せるにしろ、
壁の一面だけを塗り重ねても違和感はなく、
しかも面積が少ない分、安上がりとなります。

自然素材の家のメンテナンス方法、壁編5:気にしない!

はっきり言って、
自然素材の家に暮らしてメンテナンスはあまりせずに、
多少の汚れは気にしないというのも一つの方法です。

汚れ方によっては、
自然素材の壁の味わいと感じられることもできます。

ビニールクロスだとヴィンテージにはなりませんが、
自然素材の家の壁の汚れであれば、ヴィンテージ、
という印象が見方によってはできます。

新築当初は小さな汚れや傷を気にするものですね。

しかし、長い時間の経過による変化を劣化ではなく、
経年美化として感じることができるのが、
自然素材の家の醍醐味です。

細かい汚れや傷を気にするよりも、
自然素材の家で珪藻土などの壁から得られるメリット、
調湿性やデザイン的な風合い、表情を楽しむことの方が
自然素材の家で暮らすことが楽しめるはずです。

いかがでしたか

確かに自然素材の家の壁は汚れます。
しかし、ビニールクロスも汚れます。

違うのは汚れの落とし方だけで、そのメンテナンス方法も
意外と簡単なのです。

もしくは、そもそも汚れを気にしないというのも自然素材の家に
暮らす上での意識の持ち方としてありだと思います。


大久保工務店は、自然素材を取り入れた企画住宅「べっぴんハウス」や、自然素材の家の資料をご用意しています。

カテゴリー: 自然素材の家 メンテナンス 壁 | タグ: , , | 自然素材の家のメンテナンス方法、壁編 はコメントを受け付けていません。

注文住宅を建てる時、計画性と感受性、両方が必要

投稿日:2015年11月16日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

注文住宅には、計画性と感受性の両方が必要です。

注文住宅と計画性
家を建てる時に計画性が大事だということは、資金計画
であったり、長期的なメンテナンス計画であったりと、
アレコレ想像がつくと思います。

でも、
感受性?そんなの家に何の関係があるの?
というところだと思います。
これが意外と注文住宅を建てる時には重要なんです!

なので、今回は感受性のほうを主に説明していきます。

もし、分譲住宅や中古住宅を購入する場合は、
既に出来上がった物を目で見て触れて購入を決める
ので、それほど感受性は必要ないかもしれません。

マンションや分譲住宅でも、建物の完成前に契約をする
ケースもありますが、施工業者、間取り、使う材料は
決められた仕様で購入することになるので、感受性は
必要ないと思います。

では、注文住宅の場合はどうか?
まずは、会社選びで必要となります。自分と相性、
フィーリングが合う担当者なのかを感じることが
必要なのです。

注文住宅を建てるには、いろいろと計画を建て
なくてはなりません。

依頼する工務店、住宅メーカーの担当者と何度も
打合せが必要となります。

お金のこと、建てる時期のこと、プランのこと、
使う材料のこと…

計画を建てるのに何度も顔を突き合わせて、
打合せするのであれば、自分と相性がいい人に安心して
任せたいものです。

住み出してからも、何かあればすぐに駆けつけて
くれる人なのかどうか、頼りになる存在なのかを
判断しなくてはなりません。

だから、
人への感受性、見抜く力が必要となるのです。

次に、
物、デザインに対する感受性です。
工務店にしろ、住宅メーカーにしろ、自分の会社が使っている材料
についてアピールしてくると思います。

汚れが落ちるビニールクロスの機能性や、傷つきにくい
合板フローリングだったり、

逆に、珪藻土など、自然素材の調湿性や、無垢フローリングの
温かみだったりといった具合です。

説明を聞いて理屈でわかることもあります。
しかし、本当に自分の求めているものなのかどうか、
合うものなのかどうかを判断するのには、迷うのが人間です。

そんな時はやはり感受性に頼ってみる。

場合によっては、その会社が建てたOBの家を見せてもらう。

築後数年経って、珪藻土、無垢フローリングに五感で
触れてみて、自分の求める物なのかどうかを判断してみるのです。

現代は変化のスピードが速いです。家づくりも同じで、
工法や建材も毎年いろんな新しい物が登場します。
流行みたいなものもあるかもしれません。

後になって、友人などの家を見て、ああすれば良かった、
こっちにすれば良かったと思わないためにも、

計画性と感受性の両方が、必要になるのだと感じています。
自分達がはじめに、本当に納得していれば後になって
目移りしないはずだと思うのです。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 注文住宅 計画 感受性 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅を建てる時、計画性と感受性、両方が必要 はコメントを受け付けていません。

自然素材で建てる注文住宅に何を期待するか?

投稿日:2015年10月30日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

自然素材に何を求めるのか?ポジティブに考えよう!

自然素材の注文住宅
世の中が成熟したせいなのか、オーガニックやエコが
なんとなくキーワードとなっている風潮です。

身体に良い物、環境に良いことを好むということは、
いずれにしろ悪いことではないと思います。

大量生産、大量消費で既製品が主流だったのが、画一的
ではなく、個性や優しい雰囲気のものを求められる
世の中になったのだと思います。

少し前は、自然素材はシックハウス対策をメインに注目されていました。

隙間風が吹く家が多かったのが、高度成長期以降の家は
断熱、気密化が少し改善されたのと
同時に、大量生産の工業化建材が普及しました。

換気が不十分な空間に、化学物質である接着剤などを
使った建材やビニールクロスがあたり前になったので、
シックハウスという症状が現れる人が増えてきた
のです。

そのため、どちらかというと自然素材は、止むに
やまれず使うという人が多かったのだと思います。

シックハウスの症状を解消したいとか、シックハウスが
心配、なりたくないというネガティブ思考から、
自然素材の利用が見直されようになった始まりだ
と思います。

しかし、
今はネガティブではなくポジティブに自然素材を使うことが多くなった
と感じています。

シックハウスを怖がって自然素材ではなく、

気持ちいいから、
温かみを感じるから、
オシャレだから、

自然素材を使うというように、今はポジティブな発想
から使われているのです。

そうなったことは、自然素材好きの工務店としては、
良いことだと感じています。

珪藻土などの湿気をコントロールする調湿性や、
無垢フローリングの温かみ、本物の質感など、
プラス面に注目して考えたほうが、
家づくりもより楽しくなるはずです。

またその方が、ガチガチに何が何でも家の全てに自然
素材を使わなきゃいけないというようにならずに、

良いとこ取りで、うまく自然素材を取り入れようという
家づくりの進め方になると思います。

ですので、
自然素材をうまく使うには、適材適所で考えることをおススメします。

リビングや寝室など居る時間が長い場所には、
無垢フローリングを使う、トイレや洗面所などには水に
強い別の素材を使うといった具合です。

また、無垢の木も種類によって、色合いや温かさを
感じる度合いが異なるといった特徴がそれぞれ違う
ので、自分が何を重視するのかを明確にすることも
必要となります。

最後に
自然素材についてのアドバイスと工事を頼む相手は、プロなら誰でもいいという訳ではない。
と思っています。

無垢の木に特徴があるように、設計施工する側にも
特徴があります。

ローコストビルダーや住宅メーカーのように、大量生産
された工業化建材を使うことに慣れた会社と、

自然素材を使い慣れた工務店とでは、知識と工事の腕に
差があると思っています。

無垢材のくせ、塗り壁材の品質など、材料特有の特徴を
知識として蓄えているかどうかで、アドバイスできる
内容も変わってきますし、

工事をする上でも、無垢フローリングの伸び縮みや、
塗り壁のクラックといった、後々に問題が起きない
ようにする施工方法があるのです。

また、お手入れの仕方やメンテナンスの方法などの
暮らし始めた後でのことも、自然素材になれた工務店
なら、詳しく教えてくれるはずです。

自然素材の種類も色々、会社の特徴も色々なので、自然素材を使う場合は、どうせなら知識と腕があるところに任せることをお薦めします。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 自然素材 注文住宅 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材で建てる注文住宅に何を期待するか? はコメントを受け付けていません。

瓦屋根の家は地震に弱いのか

投稿日:2015年04月14日 作成者:


八王子市で創業55年、家づくりの大久保工業 代表の大久保篤です。

瓦は高級車、スレートは大衆車なの?IMGP0079

今施工中の木造住宅の耐震改修工事の一部で、地震のことを考えて屋根を瓦から軽い屋根に葺き替える予定です。

耐震改修とはいえ、この瓦を下すのはもったいないなあー!と大工さんと会話していたところ、いつも屋根工事をお願いしている瓦屋さんの親方が登場し一目見て開口一番、「俺、この仕事やりたくねえ」と始まりました。

親方の言い分は、軽い屋根に葺き替えると「ベンツがカローラになっちまう」ということで、そんなもったいないことは、したくないとのことです。

既存の瓦は、瓦の中でも一文字瓦といって先端が一直線に揃えられた種類のものです。一般の方でも、近くで瓦屋根の家を注意して見ると、先端が丸い形の飾りがついたものが使われている瓦を見ることの方が多いと思います。こちらは万十瓦と呼ばれています。

一文字瓦を使うときには、先端を一直線に揃えて葺き上げなくてはならず、隣の瓦同士で継ぎ目に隙間を作ることが許されません。万十の場合は、隙間を丸い飾りの部分で隠すことができるのです。したがって一文字瓦には、職人の技術が必要になるため、「ベンツがカローラになる」という言葉が出たのです。

たしかに、もったいないとの考えから、私も当初は瓦を乗せたままの耐震補強を検討しましたが、耐力壁を新たに設置しなければならなくなる箇所が多くなったり、他の部分での補強工事が多くなるため、経済的メリットのある屋根の軽量化も行うこととなりました。

ここで屋根屋さんの親方の肩を持つわけではないですが、
瓦に対する誤解を解いておきたいと思います。

確かに木造住宅においては、耐震性を考えると重い屋根よりも軽い屋根のほうが横揺れの発生した時には有利です。

しかし、瓦はスレートといわれる屋根や金属系の屋根のように10年20年と年数を経てから塗装する必要はなく、耐久性は半永久的と言われています。
塗装や葺き替えなどのメンテナンス費用のことを考えると、瓦も捨てたものではないと思っています。

また、構造計算をすることで、瓦でも耐震性の高い建物が可能です。
木造2階建て住宅の場合は、構造計算を建築法規で義務づけられていません。しかし、瓦のような重い屋根を乗せることを前提に建物の構造計算を行い、それに見合った構造躯体を組めば、瓦屋根の家だからといって、耐震性がないということはありません。

昨年、実際に私の会社でも構造計算を実施して、お客様の好みを反映して和瓦の家を建てさせて頂き安心してお住いいただいています。
まだまだ、構造計算を実施して木造住宅を建てることはマイナーかもしれませんが、
構造計算という根拠に基づいて、建てた方が安心した暮らしができるはずです。

屋根に使う材料につて書きましたが、様々な材料の選定には先入観を捨てて、デザインの好み、初期コスト、予想されるメンテナンスコスト、耐久性などを考慮したり、信頼できる工務店などの専門家のアドバイスに耳を傾けることが、重要となってくると考えています。

大久保工業は、自然素材を取り入れた、気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。
お問い合わせは、こちらからお願いいたします。

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 瓦 屋根 地震 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 瓦屋根の家は地震に弱いのか はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2018年8月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリ