八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» 商品のブログ記事

新築で無垢フローリングを使う目的

投稿日:2015年09月25日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

人間の行動には、全てに何かしらの目的があると思います。

無垢と合板
経済活動をする上ではなおさらですね。
昔、ゼネコンに勤務していた時に海外勤務を2度経験し
たことがありました。

1度目の海外勤務の時、英語力に全く自信のなかった私
は、赴任前の1か月間必死に勉強して準備し、数年の海
外勤務中に英語をマスターしてやるつもりでいました。

しかし、赴任初日に上司に一発くらわせられました。
「お前は英語をマスターしに、ここに来たわけではな
い。英語がいくらうまくなっても、仕事ができなければ直ぐ
に帰国させるぞ」ということでした。

要は目的をはき違えるなよということです。

これって、家づくりにも共通するところが
結構あるんです。

たとえば、フローリングです。
先日、建材問屋さんが合板フローリングのメーカーを連
れて来社され、商品の説明を受けました。

私の会社では無垢フローリングを使うことが多く、合板
フローリングには興味はなかったのですが、メーカーさん
曰く無垢フローリングを超えることを目指しているそうです。

合板フローリングは幅が約30cmで表面に10cm間
隔で溝が掘ってある物が普通ですが、

上の写真のように、最近は幅を狭くして無垢フローリン
グと同じように1枚ずつ張るものがあるそうです。
金額もそれなりに高価です。

写真だけだと、どちらが無垢フローリングなのか見分け
がつかないですね。

合板フローリングで幅を狭めた目的は、張り上がった時
の見た目が表面に掘った溝とは違い、無垢フローリング
と同じように、溝がリアルに見えることだそうです。

しかし、断面を見ると一目瞭然、無垢は無垢、合板は合板です。無垢と合板の断面

無垢フリーリングには、温もり、長持ち、味わい、など
の良さがあります。

合板フローリングにも、施工が簡単、傷がつきにくいと
いう良さがあります。

それぞれにメリットがあるので、それを追求すればいいと思うのです。

工業技術が発達して、見た目だけをいくら真似しても本
物を超えることはできないはずです。

幅を狭くして、見た目を無垢に近づけたら、施工スピー
ドの速さが失われてしまいます。

大量に家を作っている住宅会社にとっては、メリットが
なくなってしまうのではないでしょうか。

やはり、目的をはき違えてはいけない
のだと、思うのです。

肌触りや、温もり、味わい、は無垢でないと感じることができません。

私の会社では、無垢材や珪藻土をはじめとする塗り壁材
などの自然素材を使った家が、本物だと考えています。

それを作っていくのが、地域工務店の仕事だと思うのです。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。


大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします。

お問い合わせはこちら


大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 新築 無垢フローリング 目的 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 新築で無垢フローリングを使う目的 はコメントを受け付けていません。

住宅展示場は自然素材に合わない

投稿日:2015年06月16日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す
大久保工業改め、大久保工務店 代表の大久保篤です。

家づくりを考えるとき、住宅展示場に足を運ぶ人
が多いですね。

展示場
住宅展示場に建っている家は、どれも大きくて床も壁もピカピカ、
豪華な造りで足を踏み入れると夢が膨らみますね。

1箇所でいろんな会社を見ることができるので、
情報収集の場としては申し分ないかもしれません。

住宅メーカー各社は、住宅展示場が位置する場所ごとにその地域の
市場ニーズを読み取り、都会の展示場なら3階建て、郊外なら2階建て
の商品を建てています。

また、魅力的な最新設備を搭載して各社がしのぎを削っています。
しかも、各社はコンセプト商品として、いろんなモデルを販促のため発表するので、
数年に一度、展示場の建物を定期的に建て替えたり、リフォームしたりします。

1工務店としては、住宅展示場にモデルハウスを出すことはできません。

モデルハウスの建設費は勿論、その地代や人件費、広告宣伝費をねん出してまで、
出店することは工務店のビジネスモデルには合わないと思います。

そこまでするには、お客様から請け負った新築工事やリフォーム工事の
単価を上げてその費用を捻出せざるを得ないからです。

なにより、
自然素材は、展示場のモデルハウスのようなピカピカで
テカテカの綺麗さは
合わないはずです。

自然素材は、経年変化します。最初のピカピカを保つことは難しいのです。
逆に変化すること、表情が変わることに良さがあるのです。

だから、定期的に建て替えたリフォームしなければならない住宅展示場には
自然素材は似合わないと思うのです。

特に無垢フローリングなどは、色合いが変わるだけでなく、
傷もつきやすい素材です。
それで良いのだと私は思っています。

色の変化を楽しむことができるし、
ちょっとしたキズなら簡単に元に戻す方法もあります。

人によっては、傷も味わいであり、
家族の思い出ととらえる人もいます。

では、
自然素材を使うことが不安な人、どのように経年変化するのか
確認したい人はどうすればいいでしょう?

それには、
自然素材を使った家づくりが得意な工務店に頼んで、
実際に建てて数年経過したOB宅を見せてもらうことをお薦めします。

変化の仕方を見ることができるだけでなく、実際にお住まいの方から、
普段の簡単なお手入れの仕方も聴けることができます。

実際にお住いのお宅を見学するのは、少し気が引けるかもしれませんが、
家づくりの先輩は、その家を気に入っていれば、気に入ってるほど、
親切にいろいろとアドバイスしてくれるものです。

住宅展示場とは違う、家づくりの勉強方法、
視点が変わるかもしれません!

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 住宅展示場 自然素材 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 住宅展示場は自然素材に合わない はコメントを受け付けていません。

自然素材を採用する時の考え方

投稿日:2015年05月23日 作成者:


八王子市で創業55年、家づくりの大久保工業 代表の大久保篤です。

性能よりも<感性、感覚をまずは優先!

自然素材、採用、考え方

施工中の耐震リフォーム工事が、完成間近です。
和瓦から軽い屋根材へ葺き替えたり、筋交いを入れた壁を
増やしたりして地震に耐える家にする事が主目的でした。

それに伴って、お風呂、洗面室の改修などのリフォームも
施工させて頂きましたが、

なかでもフローリングの張替、
壁・天井をビニールクロスから珪藻土塗り壁への変更は、
お客様にとっては耐震補強に匹敵するプライオリティーの
高さだったようです。

男性目線で考えると、
「床が無垢で調湿するなら、壁も天井も調湿したほうがいい」
「珪藻土は湿気を吸ったり吐いたりする調湿性能が重要!」
「数値として1時間当たりどれだけ水分を調湿するのか」
など、

理論的に性能面を考えがちだと思います。

また、汚れやすさ、傷の付きやすさも気になるところかもしれません。

少し目線を変えると、
ただ、無垢フローリングや塗り壁材の見た目、雰囲気が好き!
と感じて採用する人もいらっしゃいます。

性能や機能云々よりも、単純に感性に従うことも大事だと思います。

無垢フローリングを使うから、壁には珪藻土を使いたい。
その逆で、珪藻土を壁に使うから床は無垢にしたい。
と思うのは性能云々を難しく言うよりも、
当然の感覚かもしれません。

したがって、自然素材を採用する時には、

まずは好き嫌いの感覚を優先し、次に性能、機能を理解して使う素材を決めると、納得した家づくりとなると思います。

 

自然素材の性能や機能については、ネットや書籍で調べる
ことができます。

しかし、その賛否やメリット・デメリットが色々と
書かれていて、実際のところはどうなのか判断はしにくいと思います。

また、無垢材や塗り壁材もいろんな商品が出回っていて、
中にはまがい物めいた商品もあります。

そこで、

自然素材を得意とする工務店を探ってみることをお薦めします。

そこに頼むかどうかは別として、相談にのることくらいは、
今どきの工務店なら快く応じるはずです。

無垢フローリングだったら木の種類による傷のつき易さなどの特徴、
加工精度の良い商品について、

塗り壁材なら、珪藻土や漆喰などの種類とそれぞれの特徴について、
どの商品なら安心して使えるのか、

工務店などのプロにアドバイスを貰うのです。

掃除の仕方などの簡単な普段のお手入れの仕方も、
プロなら教えてくれるはずです。

自然素材は工業化された建材と違い、木の種類、素材によって、
どれでも均一な性能を持っているものではありません。

したがって、感性や感覚と性能や特徴を理解すること
の両輪が大事だと考えています。

大久保工業は、自然素材を取り入れた、気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。
お問い合わせは、こちらからお願いいたします。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 自然素材 採用 考え方 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材を採用する時の考え方 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2018年12月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリ