八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» 大工のブログ記事

八王子、多摩地区での自然素材の家づくり、べっぴんハウスとは?

投稿日:2016年04月15日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

仕事、家庭、趣味など結構、共同作業が求められる場面が多いですね。

チームワークと言ってもいいかもしれませんが、よく考えると
うまくチームワークを発揮するのって意外と大変なことです。

リーダー役の存在が必要だし、リーダー役には問題が起ったら
対処する力が求められますね。

では、家づくりのリーダーは誰でしょうか?

自然素材の家
工務店や大工さんなどの職人さん達が、実際に作業する工程に
限ったことではありません。
工務店はあくまで作業をする職人さん達のまとめ役にすぎません。

実際に家に住む人たちが、主役で家づくりのリーダーなのです。

間取り、外観デザイン、内装、etc…と決める指揮者は住まい手です。
構造やコストなど専門的知識を持つ工務店は、
住む人たちのアドバイザーでしかないと思います。

そうなると、注文住宅は面倒くさい!

と感じる方もいると思います。
いくらかかるか金額も見当つかないし、理想を追い求めるとキリがないと。

何でもネットで手に入る時代です。検索してヒットした良さそうな建売住宅を見て歩き、
気に入ったのを買うのも一つの方法ですね。

でも、

自然素材の家となるとどうでしょうか?

そもそも、自然素材でできた建売住宅なんて無いので、
やはり、注文住宅で建てることになります。

そこで、

大久保工務店では、分かりやすい注文住宅を企画しました。

内装に使用するのは、大久保工務店で厳選した自然素材、
構造計算をして耐震等級3の取得も可能、
間取りのアレンジも可能、

金額も分かりやすく設定していて、注文住宅とはいえ予算が立てやすくて
敷居が低いのが特徴です。

そして重要なのは、

企画住宅とはいえ注文住宅なので、
作り手の顔が見えることです。

どんな工務店の担当者、大工さん、職人さんが作るのかが確認できることです。

最後に、言い忘れましたがこの企画住宅の名前は

「べっぴんハウス」

と名づけました。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた企画住宅「べっぴんハウス」や自然素材の家の資料をご用意しています。
大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 八王子 自然素材の家 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 八王子、多摩地区での自然素材の家づくり、べっぴんハウスとは? はコメントを受け付けていません。

八王子、多摩地区で工務店の地産地消の家づくりとは

投稿日:2016年03月15日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

国勢調査で調査開始以来、初めて日本の人口が減少した
というのが先月のニュースにありました。
減少が著しい地域もあるそうで、何だか考えさせられます。

地域の衰退を防ぐために、以前から地方創生とか地産地消による
活性化が言われていますね。

私の守備範囲である

家づくりにおいての地産地消、
特に多摩地区、八王子で考えてみました。

工務店の地産地消
地産地消というと、まず農産物が思い浮かぶと思いますが
家づくりにおいても、通じるものがあります。

まず柱や土台に使われる構造材と呼ばれる木は、国産材よりも、
北米産や欧州産の輸入材が実はシェアを持っているといわれています。

輸入材は、高度経済成長以降の住宅需要が旺盛な頃から
シェアを伸ばしてきました。

そのことにより、国内の林業の力が弱まり、担い手不足などの
いろんな問題が出てきています。

東京でも実は多摩地区西部で産出される杉や桧があり、
多摩産材と呼ばれていますが、価格が高めなのと供給量の少なさから、
なかなか利用できないのが実情です。

大久保工務店でも主に使っているのは、
お隣の埼玉県の秩父地方などで産出されるものです。

地産地消の意味は物だけではない。
地元で作られた農産物や物を購入するというと、
物や材料自体へ意識が行きがちですね。

しかし、それらを消費するということは、生産している人の
確保促進につながります。

それは分かっていても、供給量の少なさ、高めな価格から、
なかなか手が出ないのが実情だと思います。

経済がグローバル化している今、ネット通販などの手軽な入手方法
があるので、なおさらですね。

しかし、
工務店の家づくりは、まだまだ地産地消と言えます。
材料となる木材などは地域で生産されたものを
全てに使うというわけにはいきませんが、

大久保工務店では、作り手である大工さん、左官屋さん、
基礎屋さんなどの職人さん達は皆、
八王子在住かその近隣の人達です。

八王子や多摩地区から外に出て家を建てることは、めったにありません。

また、無垢材や塗り壁材などの自然素材を多く使うので、
まだまだ手仕事が必要な家づくりをしています。

そう考えると、私も含めて職人たちは世の中の流れから逆行している
ローカル人といえます。

ですが、
作り手が身近にいて顔が見えるということは、
ある意味、地産地消と言えるのでは、と思っています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 八王子 工務店 家づくり | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 八王子、多摩地区で工務店の地産地消の家づくりとは はコメントを受け付けていません。

注文住宅には性能数値と感性が必要

投稿日:2016年01月08日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す、
大久保工務店 代表の大久保篤です。

いい家を建てるには二つの見方が必要だと
考えています。

注文住宅、性能数値と感性
どういうことかと言うと、
感性で見ることと、
数値で見ることが必要ということです。

まず、感性のお話からします。
昔は腕の良い大工さんに家の建築を頼むとか、
あの大工さんは腕が良いとか悪いという言葉が、
よく聞かれました。

これも実は、感性が言わせている言葉だと思います。
仕上がりが綺麗だとか、細かいところまで丁寧な仕事を
してくれるという見方もあるかもしれませんが、

それには明確な基準がなく個人の感覚によって
評価が分かれる部分です。

昔はそんな評価の仕方が評判につながって、注文住宅
の依頼先を決める時の判断基準になったのだと思います。

現在はそんな評判も近所から、なかなか聞こえてこないし、
逆に情報を得る手段がネット等いろいろとあるので、
依頼先を決めるには迷うことが多いと思います。

ネットなどで得た情報から気になる工務店を見つけた次は、
実際に会ってみて人を見ることがお勧めです。

営業マンや工務店の担当者が親身に相談に乗ってくるのか、
その会社、人が自分と相性が合うのかを
感性で判断するのです。

資金計画やプラン、床材や壁材の選択などを相談して
決めていく相手は、相性がいい人、会社がいいはずです。

家のデザインであったり、間取りや床や壁に
どんな風合いの自然素材を使うのかといったことを決めていくのは、
個人の感性によって決まる部分です。

それらの作業は注文住宅ならではの醍醐味であり、
ワクワク感がある部分です。

そんな楽しいことを一緒に決める相手は、
感性が合う相手としたいですね。

次に数値の部分です。
これは、耐震性や省エネ性などの性能を数値で確認する
ということです。

性能はデザインや色柄と違い、目に見えないところなので、
感性が通用しない部分ですね。

いくら言葉で「暖かい家です。」「地震に強い家です。」
と言っても、実際に家が完成して住んでみないと、
本当に暖かいのかわかりません。

ましてや、地震に強いかなんて地震が起こってみないと
わからないのです。

ですから、
建てる前にその性能を数値で確認できれば、
より安心ですね。

耐震性であれば、構造計算を実施して設計されるのか、
省エネ性も、どの位の断熱性能がある家なのかを
計算により数値で示すことができます。

省エネ性能や、耐震性能は、等級により
家ごとに格付けすることが可能です。

そして、省エネ性は国が定めた数値をクリアした家でないと、
2020年からは建てられない法律ができました。

注文住宅の性能を数値で確認することは、
技術的なことなので、なんだか難しそうなことに感じてしまうかもしれません。

しかし、
感性で相性が良いと感じた人に説明してもらえれば、
苦痛を感じずに理解できると思うのです。

だから、注文住宅を建てる時に感性と数値は言葉としては
相反する印象ですが、両方の視点で計画することが求められると考えています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらから資料請求ください

無料資料のご請求はこちら

家づくりを考えているけど、
忙しくてなかなか時間が取れない方、
何から始めたらわからない方に、
無料メールセミナーを用意しています。
こちらからご登録ください。

メルマガ登録
カテゴリー: 注文住宅 性能 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅には性能数値と感性が必要 はコメントを受け付けていません。

注文住宅の信頼、顔の見える工務店、職人

投稿日:2015年11月10日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

理念、姿勢が伝わる注文住宅


注文住宅、顔の見える工務店

私は以前ゼネコンに約13年間勤めるサラリーマンでした。
会社への愛着心もあり、そのまま定年まで勤め続ける
つもりでいました。

しかし、自分の中でエンドユーザーと面と突き合わせた
仕事がしてみたいという思いから、いろんな葛藤が
起ったり、

前任社長である父の高齢化や、子供の頃から知っている
社員、職人の将来も考えて、家業である工務店を継ぐべく
大久保工務店へ、はじめは専務として入社しました。

しかし、いざ戻ってみると勤めていたゼネコンとは組織の
大きさも、作る物の規模も、営業力も大違いでした。

やはり、
上場企業などの大手のほうが、先進的で
安心感があり、お客様への信用力もある、

ちっぽけなうちの会社が生き残るのは、相当大変だとの不安が
どんどん膨らんでいきました。

さらに当時、世の中はデフレの真っただ中、注文住宅も
ローコストビルダーが流行っていました。

うちの会社も改革だ、コストダウンして
いかないと生き残れないぞ、
との単純な思いから、

労務費や資材納入価格のダウンに協力してくれなければ、
各職方や資材納入業者の総入れ替えも辞さないと私は
言いだしていました。

当時は小泉政権の「聖域なき構造改革」がもてはやされて
いましたので、社員の中には「聖域なき専務改革」と
陰で揶揄している者もいたようです。

そんな中、
当時社長であった父から待ったがかかりました。
「ウチは牛丼屋やハンバーガー屋じゃねぇ、
そんなことしたって誰もついて来ねぇ」

社内は社長と専務の喧々諤々のケンカが続きました。
父の言いたいことは、

大手のように元請けー下請けー孫請けーさらにその下請け
のような形態で仕事をしているわけではないこと。

大工、左官、鳶、水道、電気などの職人や協力会社、
資材業者は、いつものメンバーで顔見知り、

だけれども、ただの仲良しクラブではなく、元請けである
我々にも良いことは良い、悪いことは悪いと正直に言う
存在であること。

それをまとめ上げて、お客さんも我々も納得いくものを
作り上げるのが、我々の仕事だということでした。

メンバーをコロコロ変えて、納得いくものを作れるのか?

職人はみんな、うちの姿勢を理解しているから、
手を抜かずに技術を出していること。

下職を叩くだけで、そんな関係がなければ手直し工事や
監理するコストが嵩むだけで、やがてはお客さんの信頼も失くすこと。

信頼関係は、適正な対価と義理人情があって初めて
出来るものだということ。

価格だけで職人や下請けを選んでも、
そこには理念も心意気もないということでした。

結果、労務費コストを削減せずに工法や工程の見直しなど
による根拠あるコスト削減をすることにして今に至っています。

マンションをはじめ大手でも品質に問題が起きています。

建設業は、安い労務単価、熟練の職人不足、無理な工期、
など色んな部分に原因があると言われています。

マンションなどの大規模な物や、住宅でも棟数を
たくさん作るには、職人をたくさん集めるために、
下請けー孫請けーそのまた下請けとなることも問題だと
言われています。

それについて、どうこう論じるつもりは私にはありません。

ただ、過去に理念なきコスト削減や安さを求めた職人の
選択をしなくて本当に良かったと思っています。

私の会社の注文住宅の現場では、
初めて見る職人はほとんどいません。

しいて言えば、住宅設備メーカーが手配して、システムバスを
組立に来る職人くらいです。

だからこそ、
個人の注文住宅を建てるには大手よりも、
顔が見える小さな会社も捨てたものではない、

と思うようになりました。

大量の職人を必要としない個人住宅であれば、資本力や
ブランドよりも、むしろ求められるのは工務店経営者や
職人の質、技だからです。

私の会社の前任の社長は叩き上げなので、理念とか難しい
言葉を使わずに心意気と言っていました。

顔が見える職人たちであれば、確かに難しいことを
言わずともダイレクトに姿勢や理念は伝わるもの
だと実感しています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 注文住宅 信頼 工務店 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅の信頼、顔の見える工務店、職人 はコメントを受け付けていません。

注文住宅で珪藻土、製品の品質と工務店の腕次第

投稿日:2015年10月20日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

品質がピンキリの製品ってありますよね!
珪藻土もその一つです。

珪藻土の施工
そもそも珪藻土が住宅の内装に使われ出したのは、
20年位前からです。

珪藻土が利用されているものとして、有名なのは七輪
です。意外と知られていないと思いますが、ビールの
生産工程ではろ過材として使われているそうです。

では、珪藻土がなぜ住宅の内装に使われるようになった
のか?

かなりテキトーな回答しかできませんが、単純に左官
材料として使おうと思いついた人が偉かったとしか、
私には言えません。

恐らく、珪藻土のいい点に着目したのだと思います。

珪藻土のいい点とは?
見た目がオシャレ、豪華というのも勿論あります。
しかし、それだけなら漆喰など、他の左官材もあります。

一番は何といっても調湿性能です。
漆喰も調湿すると思いがちですが、珪藻土に比べると
大分その性能は落ちます。

古民家など昔の家は土壁と漆喰の組み合わせが多かっ
たと思いますが、漆喰が湿度を調整しているのではなく、
むしろその役目は土壁の方が担っているのです。

現代の家では、余程のこだわりがない限り、土壁にする
人はいないと思います。

湿気の逃げ場が少ない、家全体の気密性が求められる
現代の家づくりにおいては、珪藻土の調湿性能は結露
防止の補助の役目を果たすものとして、大きな意味があると思います。

また、調湿とは湿気を吸うことだけでなく、吐くということです。

つまり、冬場の湿度が低い時期には珪藻土が一度吸った
湿気を吐き出してくれるので、部屋の中が過乾燥に
ならずに加湿器に頼る必要がないということです。

さらに、
匂いを吸い取ってくれる消臭機能があるのも珪藻土です。
ペットの匂いや、焼き肉などホットプレートでの料理の
匂いが部屋の中に残らないのです。

なぜ、珪藻土は調湿や消臭の機能があるのか?
という疑問があると思います。秘密は目に見えない穴
です。

珪藻土は簡単に言うと植物性プランクトンの化石で、
元々小さな穴が開いているのです。
その穴が呼吸して、調湿し消臭する訳です。

では、珪藻土という商品ならなんでもいいのか?
というと、そうでもありません。ここは気をつけたい
ところです。

珪藻土は漆喰などと違い、それ自体では固まりません。
珪藻土だけを壁に塗っても、すぐに剥がれ落ちてきて
しまいます。

したがって、世に出ている珪藻土を謳っている商品は
かなりの数がありますが、みな何らかの固まりやすい
成分を含んだ混ぜ物をしているのです。

その混ぜ物が、化学系の樹脂などが混ざっていると、
固まりやすく、塗りやすいのでDIY向きといえます。

しかし、化学系の樹脂は珪藻土の穴をつぶしてしまいます
ので、調湿や消臭というせっかくの性能を台無し
にしてしまうこととなります。

私の会社で標準仕様にしている珪藻土の固化材は、
穴を潰すことなく、珪藻土を固めることができるもの
を使っています。

長くなったのでその成分について、ここでは細かく書き
ませんが、固化材自体も自然素材で珪藻土と相性の良い
ものです。

いろんなものを試してみたのですが、この珪藻土は、
小さな自然素材メーカーの経営者の方と知り合った
ことにより、安心して使うようになりました。

最後は、実際に珪藻土を塗る工務店の腕が問われることとなります。

まず、価格だけを求めて樹脂が多く混ざった珪藻土を
使うのは論外として、施工の肝を知っているかどうか
です。

珪藻土や漆喰などの塗り壁を塗るのは、左官職人です。
しかし、その前の工程である下地をつくる大工さんの
腕も問われることとなります。

それは、下地となる石膏ボードが綺麗に張られているか
どうかなどです。ボードの継ぎ目の隙間が大きかったり
すると、塗られた珪藻土が後々、ヒビが入る原因となっ
たりします。

また、左官職人は珪藻土の壁に後でシミやアクが
浮き出ないように、珪藻土を塗る前にひと手間加えたり
する訳です。

したがって、珪藻土を施工する上での特性を知っていて、
使い慣れている工務店が求められてくるのだと
思います。

新築の匂いは、どんな匂いかというと、接着剤の匂いという感覚の人がいます。

ビニールクロスなどを貼る時の糊が、その大きな原因
だと思いますが、

本来は、新築の匂いは木の香りです。
木の香りが生きる珪藻土は、気持ちのいい空気を
実現できるものだと考えています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 注文住宅 珪藻土 工務店 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅で珪藻土、製品の品質と工務店の腕次第 はコメントを受け付けていません。
123

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2019年11月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリ