八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» 形のブログ記事

注文住宅を建てる時のデザインとマナー

投稿日:2015年11月24日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

注文住宅を建てる時にもマナーはあります。

注文住宅、デザイン
最近テレビで、日本人のモラルが低下していることを
警鐘している番組を見ました。

私の会社でも、職人へのマナー教育は重視していますし、
工事期間中は、お客様を代理しているつもりで、
ご近所への挨拶などは欠かせません。

家の完成後に、お客さんがご近所にスムーズに
溶け込めるためには、我々の工事中から我々のマナーも
大事だと思っています。

それとは違う観点でもう一つ、
注文住宅のデザインにもマナーは必要です。
というと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、

なにも凝ったデザインをしてはいけないと
言っている訳ではありません。

しかし、
お隣が注文住宅を建てだすと、どんな家ができるのか
気になるのが人情だと思います。

実際に注文住宅の工事中には、ご近所の人から、
どんな大きさなのか?高さは?
などの質問を受けた経験が何度もあります。

家づくりをするときには、
建築基準法や条例などにより、いろんな制限を
受けながら、計画を立てなくてはなりません。

一般の方でも、建物の大きさの限度を決めるためのもの
として建ぺい率や容積率という言葉を聞いたことが
あると思います

その他にも、高さや階数に対しての制限、
お隣との間隔を決めている民法や地区計画、
北側のお隣の日あたりを配慮した斜線規制など
いろんなものがあります。

家づくりをする際に、いろんな希望はあると思いますが、
住宅地などでお隣のことを無視して、境界線ぎりぎりに
家を建てたりするのは、おかしいことですよね。

裏を返せば、
建築基準法や条例などは家づくりをする時の
最低限のマナーを明文化したものといえるのです。

建築基準法などの法律は建物の構造など、
安全性を保つために設けられた技術的な部分と、

その土地ごとの環境や街並みのことを考慮して
定められている部分があると考えています。

住宅地の建ぺい率や容積率、最高高さが、
商業地域や工業地域よりも厳しい基準になっている
のはその一例です。

法律に定められていないとしても、外壁の色や
家の外観デザイン、外構、隣地との間隔などについては、
街並みや景観を考えながら家づくりの計画を立てる
ことを私の会社ではお勧めしています。

何年か前に、ある漫画家か建てた家の外壁の色使いが
問題となり、近隣の住民から裁判を起こされた
なんてことがニュースになっていました。

漫画家の事例は稀なケースだと思うのですが、
街並みやご近所の方々と調和しながら、満足した生活を
送るためにも家づくりのマナーは重要だと思うのです。

家は他人にその外観デザインで自慢したり
自己主張したりするためのものというよりも、
希望の生活スタイルを実現するためのものですから、
家づくりは、まずは自己満足で
いいと思うのです。

家づくりは、与えられた法律やマナーなどの制約を
守りながら、家の形や間取りを決めるだけでなく、

床にこだわって無垢材を選んだり、壁は調湿する珪藻土
などの塗り壁を選んだりと
楽しめる部分がいろいろとあります。

楽しみの結果が、周囲と調和しながら、自分の満足いく
暮らしにつながっていけばと考えています。

そして家に訪れた友人などが、いいね!
と言ってくれたら大成功の家づくりをさらに実感
できるはずです。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 注文住宅 デザイン マナー | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅を建てる時のデザインとマナー はコメントを受け付けていません。

新築する時、耐震性を工務店に確認する方法

投稿日:2015年10月07日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

東日本大震災から4年半が過ぎました。
最近も地震の発生が多いと感じています。

上棟
これから、注文住宅の新築を考えている人にとって、
建てようとする家がどの位の耐震性があるのかは、
関心が高い部分だと思います。

注文住宅を新築するということは、自分達の要望を
形にするということです。

つまり、この世に同じ形のものは一つとないという
ことになります。

そして、
自動車などの完成した製品と違い、家というものは、
その性能も一つとして同じものはないということです。

ただし、その家がどの位の性能を持っているのかを表す
指標はあります。

住宅性能表示制度、長期優良住宅の認定を戸別に取得する
ことにより、どの程度の性能があるかを把握することが
できます。

住宅性能表示も長期優良住宅も省エネ性や劣化のし難さ、
維持管理のし易さなどの一定の基準をクリアしていること
を証明しないと認定の取得ができません。

その中の一つに耐震性があるわけです。
耐震性は「耐震等級」という言葉でランク付け
がされます。この耐震等級には1から3までがあり、

ごく簡単に言うと、
耐震等級1は通常の建築基準法という法律を満たした
耐震性が求められ、

耐震等級2は耐震等級1の1.25倍以上
耐震等級3は耐震等級1の1.5倍以上
の強さが求められることとなります。

上で、家の性能に一つとして同じものはないと
いったのは、同じ耐震等級2の家でも1.25倍も
あれば、1.48倍もあるということからです。

そして、
これらのお墨付きをもらうためには、戸別に構造計算や
壁量計算などをし、基準をクリアしていることを証明
する必要があるわけです。

設計段階に希望する耐震等級のランクを工務店に
伝えて、耐震性を見える化することは意味がある
と思います。

ただし、耐震等級2や3を取得したから
といって、安心はできない面もあります。

それらは、あくまで設計段階での評価となるので、
設計通り工事がされているのかどうかが、重要となって
くるのです。

たとえば、基礎工事の時の鉄筋の組み方に誤りがないか、
設計で要求されている種類のコンクリートを使っているか、

大工さんが、金物を留めるビスの種類やサイズを誤りなく、
使っているか、
などを工事中に確認する必要があるのです。

このような確認は、専門的な知識がないとできない
ことですので、依頼する工務店の技量を見極めて
任せるしかありません。

ここで、
技量の見きわめ方が問題となってくる
と思いますが、一つの方法として、経営者や担当者と
直接会って考え方や姿勢を見極めることができます。

実際に手を動かして作業をするのは、大工さんを
はじめとする職人です。

工務店と職人が
現場でどのようにコミュニケーションを
取っているのかも大事なポイントとなります。

工事マニュアル-注意ポイント
たとえは、
私の会社では、絶対に間違えてはならない基本的なこと、
間違えそうなことをマニュアルにまとめて気をつけて
います。

工事の段階に応じて、基礎工事をする鳶さん、木工事を
する大工さんなどとミーティングを行い、マニュアルを
基に注意事項を確認しあう作業を行っているのです。

設計だけして後は、職人の力に頼り切っていては、
工務店の仕事も面白くありません。

「あの大工さんは腕が良いから、任せてれば安心」
だけでは、工務店としてはイマイチと考えています。

熟練の職人とはいえ、人間なのでミスが全くないとは
言えないのです。

それを防ぐために工務店が職人と、どのように
コミュニケーションを取っているのかを経営者や
担当者の考え方、姿勢から読み取ることを
お薦めしたいと思います。

最近はタブレット端末など、IT技術が
コミュニケーションツールとして
家づくりの現場にも利用され出していますが、

最後は人間がチームとしてどれだけ機能しているかが、
重要だと考えています。

つまり、家の性能を高めるには、
●設計段階での性能の数値化
●設計で要求されている性能を発揮させるための
コミュニケーション力
●職人の熟練した技術

が揃ってはじめて、性能の高い家が完成するといえます。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

カテゴリー: 新築 耐震性 工務店 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 新築する時、耐震性を工務店に確認する方法 はコメントを受け付けていません。

注文住宅、坪単価で比較する

投稿日:2015年08月28日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す
大久保工務店 代表の大久保篤です。

いくらで注文住宅が建てられるのか?小上がりの和室

注文住宅の新築を考えている人にとって、いったいどの位の金額で
建てられるのかは、一番気になるところだと思います。

大御所おねえタレントが、CMで言っているように本当に
「8○○万円で家が建つ!」だといいですよね。

そこで、家づくりの金額を大まかに知りたい時には、
坪単価は便利なツールといえるかもしれません。
よく広告などで見られる、坪○○万円の家というやつです。

30坪くらいの大きさの家を考えていれば、坪単価が28万円なら、
30坪×28万=840万円で家を建てられることになります。

実際に、大久保工務店へ問い合わせをいただく方の中にも、
「坪いくらですか?」と言われる方がいらっしゃいます。

そもそも坪ってどの位の大きさ?
最近は、坪という単位を分かりづらいと感じる世代も増えている
ようです。

メートル法で育った世代である私も、実は建築業界で仕事を始める
までは1坪と言われてもイマイチ、ピンときませんでした。

1坪は約3.3m2、畳2枚分の大きさと理解すれば分かりやすいかも
しれません。

どんな形の家でも坪単価×面積で金額を
計算できるの?

家の形は、平屋、二階建て、真四角の家、でっこみ引っ込みがある家
など様々ですよね。
どんな形の家でも同じ坪単価になるのでしょうか?

結論から言うと、坪単価×面積で金額を出せません。
これは、どこの会社でも同じです。
たとえ、坪28万円と広告を出している会社でもそうです。

28万円と言っているのは、
その会社作ったモデルプランの形と全く同じ場合のみです。

敷地が狭かったり、地域ごとに決められた建築法規の関係で
モデルプランの形どおりではなく、でっこみ引っ込みをつけた形で
建てなくてはならいないケースが意外と多いです。

こうなると、同じ面積でも坪単価は広告の坪単価では済まない
ケースがほとんどです。

当然といえば当然ですが、やはりスーパーやデパートに並んでいる
食品や服を選んで買うのとは違いますね。

そして、坪単価で家づくりを考える時に、忘れてはいけない
専門用語があります。

それは、
本体工事費と付帯工事費という言葉です。
ほとんどの会社が「ウチは坪○○万円です」と言うのは、
本体工事費のみのことを言っています。

通常、本体工事費とは、建物の骨組み、外装、内装、水回り設備
など、家としてほぼ完成させた状態までの価格です。

付帯工事費とは、主に水道、下水、電気、電話などの接続費や
敷地の調査費、設計費などです。

この本体工事費と付帯工事費の振り分け方が、
建築会社によって違うのです。

会社によっては、それは普通、本体工事に含めるだろうという部分が、
付帯工事扱いだったりすることがあります。

そしてこの付帯工事費は一般的に、総工事費の2割から3割
と言われています。けっこうな金額となりますね。

この付帯工事費の単価を広告などで表示している会社は、
まずありません。

さらに、
標準仕様とオプションというのもあります。
坪単価○○万円と設定している会社であれば、標準仕様を
決めています。

標準仕様とは、フローリングや外壁材、内装材など、その会社で
使える材料のグレードのことです。

もし床は無垢材、壁は珪藻土など建て主が指定した場合は、
オプションとなり追加費用が必要となるのです。

こうなってくると、坪単価って意味がないじゃん!
坪単価だけで会社を比較できない!と感じるかもしれませんが、
次のことに注意をすれば、そうでもありません。

その坪単価の見きわめ方をまとめると、
・どんな形でどの位の大きさの家の場合の坪単価なのか
・本体工事費にどこまでの内容が含まれているのか
・本体工事費と付帯工事費を合わせたのが総額
・標準仕様として、どんな材料を選べるのか

を認識しておくことです。
そして、坪単価は、自分が建てたい家をイメージする時の
参考資料の1つ程度に考えるのがいいと思います。

私の会社でも、坪単価、標準仕様を決めています。
以前は坪単価で家を建てるのは、邪道だと思っていたのですが、
ある人にメニューの無い寿司屋と同じだよと言われて用意しました。

もちろん、本体工事費にほとんどの工事内容を含めていますし、
内装の標準仕様は、珪藻土や無垢フローリングなどの
自然素材が基本です。

大久保工務店の坪単価の内容をお知りになりたい方は、こちらから
お問い合わせをお願いします。お問い合わせはこちら

大久保工務店は、自然素材を取り入れた
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 注文住宅 坪単価 比較 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅、坪単価で比較する はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリ