八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» 成功のブログ記事

注文住宅を建てる時のデザインとマナー

投稿日:2015年11月24日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

注文住宅を建てる時にもマナーはあります。

注文住宅、デザイン
最近テレビで、日本人のモラルが低下していることを
警鐘している番組を見ました。

私の会社でも、職人へのマナー教育は重視していますし、
工事期間中は、お客様を代理しているつもりで、
ご近所への挨拶などは欠かせません。

家の完成後に、お客さんがご近所にスムーズに
溶け込めるためには、我々の工事中から我々のマナーも
大事だと思っています。

それとは違う観点でもう一つ、
注文住宅のデザインにもマナーは必要です。
というと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、

なにも凝ったデザインをしてはいけないと
言っている訳ではありません。

しかし、
お隣が注文住宅を建てだすと、どんな家ができるのか
気になるのが人情だと思います。

実際に注文住宅の工事中には、ご近所の人から、
どんな大きさなのか?高さは?
などの質問を受けた経験が何度もあります。

家づくりをするときには、
建築基準法や条例などにより、いろんな制限を
受けながら、計画を立てなくてはなりません。

一般の方でも、建物の大きさの限度を決めるためのもの
として建ぺい率や容積率という言葉を聞いたことが
あると思います

その他にも、高さや階数に対しての制限、
お隣との間隔を決めている民法や地区計画、
北側のお隣の日あたりを配慮した斜線規制など
いろんなものがあります。

家づくりをする際に、いろんな希望はあると思いますが、
住宅地などでお隣のことを無視して、境界線ぎりぎりに
家を建てたりするのは、おかしいことですよね。

裏を返せば、
建築基準法や条例などは家づくりをする時の
最低限のマナーを明文化したものといえるのです。

建築基準法などの法律は建物の構造など、
安全性を保つために設けられた技術的な部分と、

その土地ごとの環境や街並みのことを考慮して
定められている部分があると考えています。

住宅地の建ぺい率や容積率、最高高さが、
商業地域や工業地域よりも厳しい基準になっている
のはその一例です。

法律に定められていないとしても、外壁の色や
家の外観デザイン、外構、隣地との間隔などについては、
街並みや景観を考えながら家づくりの計画を立てる
ことを私の会社ではお勧めしています。

何年か前に、ある漫画家か建てた家の外壁の色使いが
問題となり、近隣の住民から裁判を起こされた
なんてことがニュースになっていました。

漫画家の事例は稀なケースだと思うのですが、
街並みやご近所の方々と調和しながら、満足した生活を
送るためにも家づくりのマナーは重要だと思うのです。

家は他人にその外観デザインで自慢したり
自己主張したりするためのものというよりも、
希望の生活スタイルを実現するためのものですから、
家づくりは、まずは自己満足で
いいと思うのです。

家づくりは、与えられた法律やマナーなどの制約を
守りながら、家の形や間取りを決めるだけでなく、

床にこだわって無垢材を選んだり、壁は調湿する珪藻土
などの塗り壁を選んだりと
楽しめる部分がいろいろとあります。

楽しみの結果が、周囲と調和しながら、自分の満足いく
暮らしにつながっていけばと考えています。

そして家に訪れた友人などが、いいね!
と言ってくれたら大成功の家づくりをさらに実感
できるはずです。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 注文住宅 デザイン マナー | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅を建てる時のデザインとマナー はコメントを受け付けていません。

家づくりのルールを知って、大成功

投稿日:2015年11月13日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくり№1工務店を目指す
大久保工務店 スタッフの大久保ともこです。

ルールを知らないと楽しめないこと、多いです。

珪藻土の壁

ラグビーがすごい人気です。

テレビで選手やプレイを見るのはもちろん、
我が家では『父と娘のふれあいタイム』(?!)で、
ラグビーをやりだしました。

『父と娘のふれあいタイム』というのは、
就寝前のくつろぎのひと時に、
布団の上で戯れる時間を、
我が家ではそう呼んでいます。

これまでは相撲をとっていましたが、
このところは専らラグビー。
見よう見まねでやっています。

お決まりの五郎丸ポーズ、
枕をラグビーボールに見立てたキック、
タックルもどきのおしくらまんじゅう。

ありがちな結末は、
娘が怒って騒いで泣いて、

私の「うるさい!!」の一言でノーサイド、
試合終了です。

せっかくの団欒の一時も、娘にとっては
悔しくて忌々しい気分の時間となっているようです。

何がそんなにもめるのかというと、
ルールが分かる夫と、全く分からないままでやっている娘とが、

「あ、それ反則ね」「反則じゃないぃ」
「パパ、ズルしたぁ」「ズルじゃない、ルールなの」

といった感じで、
全くかみ合わないのも原因の一つのようです。

娘にとってラグビーは、
今まで全く馴染みのないスポーツで、
ルールが分からないのは当然です。

観戦するのもプレイするのも、
楽しむためには、それなりのレベルでルールを
理解していないといけません。

ルールブックをきちんと覚える必要はありませんが、
観ていて、やっていて分かるぐらいには理解が必要です。

夫はラグビーのルールをそれなりに理解し、
一方娘は全く分からないままで
形を真似しているだけ。

ただでさえ、父親を煙たがり出す年頃の娘と
もめないはずはありませんね。

スポーツでも勉強でも仕事でも、
やり方やルールが分からないまま進めても
うまくは行きません。

練習したり、やりながら覚えたり、失敗しながら
上達していくのでしょう。

でも、練習なしのぶっつけ本番で
臨まなくてはいけないこともあります。
人生で1度か2度しか経験できない事です。

家づくりもその一つですね。
前の経験をもとに上達する類のものでは
なさそうです。

だから、家づくりに取り掛かるとき、
気になる事を色々調べたり、
経験者や専門家に意見を聞いたり質問したり、
勉強をたくさんして準備します。

気になる事を知るのはとても大切です。

ただ、家づくりは、闇雲に進めても成功するのは難しいものです。
進め方を誤ると、悲しい結果になってしまうかも知れません。

家づくりを成功させるにはルールがあります。

大久保工務店では、
失敗しない家づくりのルールがわかる
メールセミナーをご用意しています。

こちらからご登録ください。

メルマガ登録

何とか家は建ったけれど、
あれもこれも妥協して、希望が実現しなかった・・・・
満足する家だけれど、外食にも旅行にも行けなくなった・・・・

これでは悲しい家づくりです。

ルールを知って、家づくりを成功させたいものですね。

『父と娘のふれあいタイム』も、
今後は形が変わってくると思いますが、
楽しい一時となるように、
ラグビーのルールも少しは覚えたいものです。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 家づくり ルール | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 家づくりのルールを知って、大成功 はコメントを受け付けていません。

家づくり、家族で役割分担?

投稿日:2015年06月11日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくり№1工務店を目指す
大久保工業 スタッフの大久保ともこです。

家づくりの役割分担は
どうすればうまく行くのでしょう?

役割分担

何かを一緒にやろうとする時、チームで役割分担があります。
分担する人が適材かどうかが重要だし、
分担した人も役割をきちんと果たす
必要があります。

先日子供の運動会がありました。

いつもより早起きをして場所取りのために並んだり、
いつもよりずっと気合を入れてお弁当を作ったりしました。

我が家の場合、場所取りは夫の役割、お弁当作りは私の役割でした。

お料理上手な男性ならば、お弁当作りをパパさんが
分担することもあるだろうし、それは当然の成り行きです。
それぞれの得意分野を分担したほうがいいですね。

早起きの苦手な私が場所取りを、料理することに慣れていない
夫がお弁当作りを分担していたらどうでしょう?

きっとお弁当も食べる場所も、ダメダメな感じだったでしょう。

幸い、というか、当然ながら、我が家の運動会での
役割分担は適材適所で、それぞれが役割をきちんと
全うしました。

がんばる子供たちをベストポジションで応援し、
皆で美味しいお弁当を楽しく食べる事が出来ました。

何かをやるとき、役割を分担すること、
そして分担する人が適材かどうかということが
とても大事です。

家づくりという大プロジェクトを成功させるのも
役割分担が大事だと思います。

家づくりを考えるとき、
どんな家にしたいのかあれこれ考えて
とてもわくわくして楽しい気分で
スタートすると思います。

人生に1度の大プロジェクトですから、
失敗は許されないし、とても熱心に
情報収集したり勉強したりします。

資金計画、補助金制度、間取り、
バス・トイレ・キッチン等の設備をどうするか、
耐震性、土地など、
他にもまだまだたくさんあります。

家が完成してからの引越しのこと、
通勤通学、ご近所さんとの関係、
生活環境も気になります。

家づくりに関係する事柄って、ものすごく
たくさんありますね。

そして、それぞれについての情報量も
膨大な上に、難しい専門用語があったりで
訳が分からなくなります。

何が正しくて何が間違っているのか。
自分たちにとって有用な情報なのか、そうでないのか。
見極めるのも一仕事です。

なんだか、面倒くさい
となってしまいます。

わくわくした楽しい気分
で始めた家づくりが
途中で面倒くさくなっては、
家づくりがうまく行きません。

そんなことにならないためには、
信頼できる工務店を探す事をお勧めします。
そして、上手に工務店を利用してはいかがでしょう?

工務店の役割は、一言なら単に
「家を建てること」ですが、
そればかりとは考えていません。

工務店は、家づくりの専門家ですので、
訳の分からなくなるような、面倒くさそうなことでも
もちろん勉強していますし、経験もあります。

その上で、
家づくりを失敗しないためのステップ
提案すること。
それぞれのステップにおいて、適切な説明、
提案をすること。

家のことで気になるアレコレを一緒にお話すること。
訳の分からない、面倒くさそうなことでも、
専門用語などでなくお子さんにも分かるような
説明をすること。

これらも工務店の大事な役割と考えています。

家づくりは、
実際に暮らし始めてからの毎日を楽しむための
準備期間といえます。

家づくりを成功させるためには、
わくわくした楽しい気分で進めることが
その家に住む人の大事な役割だと思います。

大久保工業は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工業の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 家づくり 役割分担 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 家づくり、家族で役割分担? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2020年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリ