八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» 新しいのブログ記事

新築で自然素材を使う、世代ギャップ

投稿日:2015年09月16日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す
大久保工務店 代表の大久保篤です。

自然素材を使うことへの違和感

シニア世代
無垢フローリングや漆喰、珪藻土などの自然素材への人気が
高まっていると感じています。

ただ、私が感じているのは比較的若い世代の人の方が、
自然素材をすんなり受け入れるということです。

お父様の家の敷地が広いので、息子さんの家を隣に建てた
ことがあります。

同じ敷地の中に、息子さんの家を建てるのでご両親は家が
完成するまで、毎日のように現場を覗きにいらっしゃいました。

工事の過程でもいろんな質問を受けて、
基礎工事中の鉄筋の状況や、上棟した後の太い柱や梁、断熱
材の設置状況を説明させていただき、

「ずいぶんと頑丈に作るんだね」
「これならあったかそうね」
など満足気な感想をいただきながら、工事を進めました。

しかし、
工事が進むうちに自然素材が気になりだしたようでした。
もちろん、柱や梁も自然素材です。
それらを見ている時には、何も気ならない様子でしたが、

目に触れる面積が大きい床、壁、天井に内装で使う自然素材
が入りだした時の感想は、次のようなものでした。

床にパインの無垢フローリングが張りだされた時に、
「この床は、息子たちが選んだの?」
「ちょっと節が気になるな」
「すぐに傷がついちゃうんじゃない?」

壁や天井に珪藻土が塗りだされた時に、
「なんで真っ平に塗らないの?」
「汚れたらどうするの?」
「ポロポロ剥がれない?」
と、ちょっとネガティブな言葉が多くなってきたのです。

もちろん、息子さんご夫婦が選んだ自然素材を使っていて、
ご希望のナチュラルテイストに仕上げていきました。

完成後の感想は、
「若い人の趣味はわからないな」というものでした。

息子さん夫婦は、
「自分たちは、気に入って満足しているんで、親の言うこと
は気にしないでね!」ということでしたが、

世代による趣味のギャップは結構大きいものだと思います。
もしかしたら、自然素材そのものだけでなく、内部の柱や梁
を見せていることにも違和感があったのかもしれません。

シニア世代が子供の頃、育った家は工業化製品がほとんど使われてなく、自然素材の家だったはずです。

しかし、大人になって、合板フローリングやビニールクロス
などの工業化製品を多用した家やマンションが新しい物、
便利なものとの感覚が根付いているのかもしれません。

若い世代は、自然素材に触れたことがなかったはずですが、
工業化製品のピカピカやテカテカではなく、マットな仕上がり
を逆くに新鮮でオシャレに感じるのかもしれないですね。

最終的には、自然素材を使ったほうが、本物の家づくりであること。
長持ちすること。
調湿性能など、良い面があること。
昔の家は自然素材しか使っていなかったこと。

を説明し、ご両親にも納得いただきましたが、一度染みついた
概念は中々取り払えないものです。

ただ、シニア世代は、自然素材に抵抗を感じるという理屈は私
の思い過ごしかもしれません。

実際に定年退職を機に、マンションを売って自然素材で戸建の
新築をされた方がいました。

その奥様に無垢フローリングや塗り壁は、シニア世代の方に中々
受け入れてもらえなかった経験を伝えると、

「私の感覚、センスは若いってことね!カフェとかでも使っ
ててシャレてると思うのよ。本物感もあるし。」
と自慢気な様子でした。

無垢フローリングや珪藻土などの塗り壁を使うことにより、
得られる調湿効果など、機能面で得られることは多いです。

しかしそれよりも、新築で自然素材を使おうと思い立つに
は、理屈よりも若い感覚が必要なのかもしれないと思った出来事です。

子供の頃に自然素材で育った世代の人は、本物に触れたことがあるはずです。それを思い出して、

自然素材を使うと感覚が若返るというのも、メリットの一つだと言えると思います。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 新築 自然素材 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 新築で自然素材を使う、世代ギャップ はコメントを受け付けていません。

古くて新しい、自然素材の家

投稿日:2015年07月13日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す
大久保工務店 代表の大久保篤です。

自然素材というと、大昔からあるものとのイメージ
があるかもしれません。珪藻土の壁

以前、自然素材について、本やネットでよく勉強されている方が、
自宅の新築の相談に私の会社にいらっしゃったことがあります。

お話しを聞いていると、かなりマニアックという印象を受けました。
・壁は、土壁の上に漆喰、
・ベニヤ板は1枚でも使ってもらいたくない、
・接着剤はもちろん使わないでほしい、
・当然、柱や土台などの構造材は国産無垢材で自然乾燥、

などなど、使用する材料についての要望が、かなりの項目
でありました。

シックハウス症候群にかかっているのかと思い、尋ねてみると、
そういうわけではないとのことです。

自分が調べた、本やネットに書いてあるとおりの家、
昔からの材料や工法で建てる家、が本物の家だと
の思いが強い
という印象の方でした。

たとえば、珪藻土についての、その方の評価は、
・歴史が浅いので、信用できない。
・化学系接着剤が混ざっているはず。
など…
といったマイナスイメージがすりこまれているようでした。

確かに珪藻土の住宅用建材としての歴史は浅く、
住宅に使用されるようになったのは20年位前
からです。

住宅以外での歴史はあり、
火に強いことから七輪の材料として、
1ミクロンに満たない細かい穴が開いていることから、
ビールのろ過材として使われてきたのです。

なぜ、住宅に使われてこなかったかと言えば、それ自体
では固まりにくく、壁に塗ってもポロポロと剥がれて
しまうからです。

そこで、珪藻土に固まる成分を持つ他の材料を混ぜて塗り壁材
として、住宅に使われているのが現状なのです。

確かに、化学系の接着剤を使って珪藻土を固めると、せっかくの
細かい穴が接着剤で塞がれて、湿気を吸ったり吐いたりしない壁
となってしまいます。

しかし、ここでは詳しく成分を書きませんが、接着剤などとは違い、
珪藻土の穴を塞がない固化材があるのです。

珪藻土を住宅に使う大きな目的の一つは、調湿機能です。
漆喰よりも、調湿性能は高い材料です。

そういう意味では、珪藻土は新しい自然素材
と言えます。

漆喰のように、古くから使われていて、いいものは確かに存在します。
しかし、あまりに固執し過ぎるのはいかがなものかと感じます。

古い物と新しい物、どちらかに偏るのではなく、
それぞれを使用する目的を考えるほうが大事だと思うのです。

要は、適材適所で使っていくべきだと
考えています。

家づくりに限らず、技術の進歩は速い世の中です。
20年前に太陽光パネルが、これだけ家に搭載されるとは
私は想像していませんでした。

他にも、機械式の換気装置や地中熱を利用した設備機器
なんていうのもあります。

古い物の良さと、新しい物の良さの両方を生かした自然素材の家
を増やしていきたいと考えています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 古く 新しい 自然素材 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 古くて新しい、自然素材の家 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリ