八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» 暑さのブログ記事

注文住宅を建てる時は、住宅展示場よりもOB宅見学

投稿日:2015年12月09日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

先週末、私の会社で注文住宅を建てようとしている人を
OB宅様へ見学に案内しました。

住宅展示場よりも実際のOB宅を参考にする。

OB宅見学
(写真は賑やかに出迎えてくれたOBのお子さん)

OB宅って何?と思う人も多いでしょうが、
OB宅とは、工務店から見て過去に新築させて頂いたお宅のことです。

注文住宅を建てようと考えた時、まず住宅展示場へ
行く人が多いと思います。

住宅展示場のモデルハウスは自分たちが実際に建てる
家よりも、仕様が豪華であったり面積も大きめで、
夢はどんどん膨らみますね。

一方でOB宅はリアルに近いといえるでしょう。
私の会社で案内できるOB宅は、大きさも延べ床面積
30坪弱から大きくても45坪程度です。

手作りのキッチンなどを設置したこともありますが、
キッチンやシステムバス、トイレなどの住宅設備機器は
豪華なものではなく、標準的なものが多いです。

では、OB宅を見学して何を参考にするのか?
間取りや外壁の色などを参考にしたり、
家の中の暑さ寒さがどの程度、緩和されているかを
確認するというのも大事な部分だと思います。

でも、
住宅展示場では分からない部分があります。
無垢フローリングや珪藻土などの塗り壁を考えているのであれば、
その傷つき方、汚れ方です。

私の会社で案内するOB宅は、ほとんどが無垢フローリングや
塗り壁のお宅です。

住宅展示場では、普段から念入りに手入れをして
ピカピカにしています。

しかし、OB宅は普通の人が実際に住んでいます。
小さいお子さんが飛び跳ねたり、ジュースをこぼしたり、
料理もバンバンされていて、揚げ物や焼肉などの料理も
されています。

そんな実際生活の中で、無垢の床や珪藻土、漆喰の壁は
どんな劣化の仕方をするのかを見てほしい
と思っています。

自然素材の傷や汚れを味わいと取るか、
劣化ととるかは、人によって感覚が異なります。

ちなみに、今回お連れした方には、無垢材が飴色に
変化する状況や傷のつき方を本物ならではの味
と感じ取って頂きました。

さらに、
見えない部分を感じ取ることを忘れないこと

実際に暮らしているOBの方に、普段のお掃除の仕方や
気に入っている部分、ああした方が良かった、
こうした方が良かったといった声が聴けるのも、
OB宅見学ならではです。

そして、人間関係を見ることが一番重要です。
OBがその工務店を信頼しているのか?
建てた家を満足しているのか?

ということを読み取ることが、工務店選びにおいて
OB宅見学は一番参考になることだと思います。

最後に、今回お宅を見学させていただきましたOB
の皆様には、快く応じて頂きありがとうございました。
工務店経営者として、皆様に支えられていることを
再認識させていただきました。
この場を借りてお礼申し上げます。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらから資料請求ください

無料資料のご請求はこちら

家づくりを考えているけど、
忙しくてなかなか時間が取れない方、
何から始めたらわからない方に、
無料メールセミナーを用意しています。
こちらからご登録ください。

メルマガ登録
カテゴリー: 注文住宅 住宅展示場 OB宅見学 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅を建てる時は、住宅展示場よりもOB宅見学 はコメントを受け付けていません。

寝ころんで過ごす空間のある家

投稿日:2015年07月14日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す
大久保工務店 代表の大久保篤です。

誰でも、自分の家ではリラックスして過ごしたいはずですよね!

忙しく働いて帰宅した時、旅行から疲れて帰って来た時など、
ほっと一息つける空間があると、我が家の良さを実感できますね。

私の場合は、断然、畳の部屋がリラックスできる空間です。

畳の和室
最近は、和室の無い家も増えていますが、その良さを知れば
欲しくなるのが日本人なのではないでしょうか。
暑さが増してきたこの時期には、
畳の上にごろんと寝ころぶと、清々しさを感じます。

漢字など、さまざまな文化的影響を大陸から受けている日本、
畳もそうなのかなと思いきや、そうではなく、
畳は日本独自のジャパンオリジナルらしいです。

歴史を調べてみると、原型は奈良時代にはすでに存在し、町人や
庶民の家にまで完全に広まったのは、江戸、明治の頃だそうです。

やはり、はじめは、高貴な身分の人の家から使いだして、敷き詰める
のではなく、寝る場所や座る場所などの部屋の所々に1畳、2畳と置い
て使っていたらしいです。

今の置き畳と似た感覚で使っていたようですね。
そういえば、家にある娘のおひな様も最上段のお内裏様とお雛様
だけが畳の上に座っています。畳は、階級の高さを示す証だった
のかもしれませんね。

そう考えると、現代は庶民でも気楽に畳を使えるので、恵まれて
いる世の中といえると思います。

畳というと種類がなさそうですが、
自分でバリエーションをアレンジできるのです。

縁あり、縁なし、琉球畳のような半畳タイプなどがあり、縁の色柄も
いろんな種類が選べます。

畳の並べ方にはゲン担ぎで、決まりがありますが、
今はアイデア次第で自由に使ってもいいのでは?
きっちりしたTHE和室という部屋にだけでなく、
小上がりにしてその下は収納にしたり、小上がりの和室

場合によっては、リビングはフローリングをやめて全面、
畳を敷き詰めるのもありだと思うのです。

小さい家で、和室を設けるのは無理でも、リビングの一部に少しだけ、
畳コーナーを設けるだけでも、寝ころぶことはできます。

畳屋さんの営業のようなことを書いてしまいましたが、
クッション性や肌触り、イグサの香りを思い出して、
少しだけでも畳を使うこと、おススメです。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 寝ころんで 空間 家 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 寝ころんで過ごす空間のある家 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリ