八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» 消費のブログ記事

八王子、多摩地区で工務店の地産地消の家づくりとは

投稿日:2016年03月15日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

国勢調査で調査開始以来、初めて日本の人口が減少した
というのが先月のニュースにありました。
減少が著しい地域もあるそうで、何だか考えさせられます。

地域の衰退を防ぐために、以前から地方創生とか地産地消による
活性化が言われていますね。

私の守備範囲である

家づくりにおいての地産地消、
特に多摩地区、八王子で考えてみました。

工務店の地産地消
地産地消というと、まず農産物が思い浮かぶと思いますが
家づくりにおいても、通じるものがあります。

まず柱や土台に使われる構造材と呼ばれる木は、国産材よりも、
北米産や欧州産の輸入材が実はシェアを持っているといわれています。

輸入材は、高度経済成長以降の住宅需要が旺盛な頃から
シェアを伸ばしてきました。

そのことにより、国内の林業の力が弱まり、担い手不足などの
いろんな問題が出てきています。

東京でも実は多摩地区西部で産出される杉や桧があり、
多摩産材と呼ばれていますが、価格が高めなのと供給量の少なさから、
なかなか利用できないのが実情です。

大久保工務店でも主に使っているのは、
お隣の埼玉県の秩父地方などで産出されるものです。

地産地消の意味は物だけではない。
地元で作られた農産物や物を購入するというと、
物や材料自体へ意識が行きがちですね。

しかし、それらを消費するということは、生産している人の
確保促進につながります。

それは分かっていても、供給量の少なさ、高めな価格から、
なかなか手が出ないのが実情だと思います。

経済がグローバル化している今、ネット通販などの手軽な入手方法
があるので、なおさらですね。

しかし、
工務店の家づくりは、まだまだ地産地消と言えます。
材料となる木材などは地域で生産されたものを
全てに使うというわけにはいきませんが、

大久保工務店では、作り手である大工さん、左官屋さん、
基礎屋さんなどの職人さん達は皆、
八王子在住かその近隣の人達です。

八王子や多摩地区から外に出て家を建てることは、めったにありません。

また、無垢材や塗り壁材などの自然素材を多く使うので、
まだまだ手仕事が必要な家づくりをしています。

そう考えると、私も含めて職人たちは世の中の流れから逆行している
ローカル人といえます。

ですが、
作り手が身近にいて顔が見えるということは、
ある意味、地産地消と言えるのでは、と思っています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 八王子 工務店 家づくり | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 八王子、多摩地区で工務店の地産地消の家づくりとは はコメントを受け付けていません。

省エネ住宅以外の家は建たない

投稿日:2015年07月15日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す
大久保工務店 代表の大久保篤です。

省エネ住宅でないと、家を建てられなくなります。省エネ基準

いきなり何のことか、分かりずらいかもしれませんが、
本当のことです。2020年以降はそうなります。

家を建てる時に関わってくる法律や条例は、建築基準法を
はじめとして意外といろいろあります。その中に、
省エネルギー法というのがあります。

どんな法律なのかというと、生活する際に石油やガスなどの
エネルギーをできるだけ消費しない家にしましょうという法律です。

法律の目的は、なかなか減らないCO2やエネルギー需給の問題
について、各家庭も協力してくださいね!ということだと思います。

どんな家に住んでいても、冷暖房の運転を控えたり、家電製品の
コンセントを抜いたりしてエネルギー消費を抑えればいいんじゃ
ないの?と思うのですが、

これから新築される家については、そこで生活した場合、どれだけ
エネルギーが消費されるのか計算して、

国が決めた省エネ基準をクリアした性能
でないと
新築は認められなくなるのです。

これまでも、何年も前から国が住宅に対して定めた省エネ基準は
ありました。

ただ、その基準をクリアしなければ、家を建てることはできない
というわけではありませんでした。
あくまで目安、奨励という感じだったのです。

しかし、2020年からは計画・設計の段階で、基準値をクリア
していないと建築を認められなくなります。

この省エネ基準、実はすでに2年前に
中身が変更されています。

すこしだけ詳しく書くと、
これまでの基準は主に、家の断熱性能についての基準といって
よかったと思います。

ごく簡単に言えば、どの位の性能の断熱材やサッシなどを使って
家を建てるのかということです。

断熱性能が良ければ、冷暖房設備などの運転も控えられるというこ
とを想定した考え方だったといえます。

変更後は、
家の断熱性能に加えて、どの位のエネルギー
消費量の設備を家で使うのかということです。

設備とはエアコン、給湯器、照明器具、換気装置などです。

当然、断熱性能が高くて、エネルギー消費の少ないグレードの
設備機器を入れた家であれば、基準をクリアできる可能性が高い
ということになります。

肝は、家づくりの計画段階で、建物の断熱性能と設備性能を
複雑な計算をして、家のエネルギー消費量を算出して数値で
示さなければならなくなったことです。

そうなると、
今までよりもスペックが高い、建築費が
かさむ家を建てなくてはならないという
心配があると思います。

しかし、普段から勉強している工務店にとっては、いかにコストを
抑えて省エネ基準をクリアするか検討しているので、それほど高い
ハードルではないと考えています。

また、エネルギー消費が少ないということは、ランニングコストが
抑えられるので、月々の電気代などが安くなるメリットもあるという
ことです。

それよりも、
省エネ基準は、建てる前の計画・設計段階での基準なので、
しっかりした施工力のある会社に頼まないと、
せっかくの省エネ基準が絵に描いた餅
となってしまいます。

たとえば、性能のいい高額な断熱材を使っていても、壁の中にしっかりと
充填されておらず、隙間が空いていたりすると計画通りの断熱性を得る
ことができません。

あくまで、手を動かすのは職人ですので、省エネ基準が改正された意図、
どうすれば、各住宅で計画した省エネの基準値を達成できるのかを

しっかりと各職人に説明、周知して取り組んで
いきたいと思います。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 省エネ住宅 家 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 省エネ住宅以外の家は建たない はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2019年11月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリ