八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» 熟練のブログ記事

新築する時、耐震性を工務店に確認する方法

投稿日:2015年10月07日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

東日本大震災から4年半が過ぎました。
最近も地震の発生が多いと感じています。

上棟
これから、注文住宅の新築を考えている人にとって、
建てようとする家がどの位の耐震性があるのかは、
関心が高い部分だと思います。

注文住宅を新築するということは、自分達の要望を
形にするということです。

つまり、この世に同じ形のものは一つとないという
ことになります。

そして、
自動車などの完成した製品と違い、家というものは、
その性能も一つとして同じものはないということです。

ただし、その家がどの位の性能を持っているのかを表す
指標はあります。

住宅性能表示制度、長期優良住宅の認定を戸別に取得する
ことにより、どの程度の性能があるかを把握することが
できます。

住宅性能表示も長期優良住宅も省エネ性や劣化のし難さ、
維持管理のし易さなどの一定の基準をクリアしていること
を証明しないと認定の取得ができません。

その中の一つに耐震性があるわけです。
耐震性は「耐震等級」という言葉でランク付け
がされます。この耐震等級には1から3までがあり、

ごく簡単に言うと、
耐震等級1は通常の建築基準法という法律を満たした
耐震性が求められ、

耐震等級2は耐震等級1の1.25倍以上
耐震等級3は耐震等級1の1.5倍以上
の強さが求められることとなります。

上で、家の性能に一つとして同じものはないと
いったのは、同じ耐震等級2の家でも1.25倍も
あれば、1.48倍もあるということからです。

そして、
これらのお墨付きをもらうためには、戸別に構造計算や
壁量計算などをし、基準をクリアしていることを証明
する必要があるわけです。

設計段階に希望する耐震等級のランクを工務店に
伝えて、耐震性を見える化することは意味がある
と思います。

ただし、耐震等級2や3を取得したから
といって、安心はできない面もあります。

それらは、あくまで設計段階での評価となるので、
設計通り工事がされているのかどうかが、重要となって
くるのです。

たとえば、基礎工事の時の鉄筋の組み方に誤りがないか、
設計で要求されている種類のコンクリートを使っているか、

大工さんが、金物を留めるビスの種類やサイズを誤りなく、
使っているか、
などを工事中に確認する必要があるのです。

このような確認は、専門的な知識がないとできない
ことですので、依頼する工務店の技量を見極めて
任せるしかありません。

ここで、
技量の見きわめ方が問題となってくる
と思いますが、一つの方法として、経営者や担当者と
直接会って考え方や姿勢を見極めることができます。

実際に手を動かして作業をするのは、大工さんを
はじめとする職人です。

工務店と職人が
現場でどのようにコミュニケーションを
取っているのかも大事なポイントとなります。

工事マニュアル-注意ポイント
たとえは、
私の会社では、絶対に間違えてはならない基本的なこと、
間違えそうなことをマニュアルにまとめて気をつけて
います。

工事の段階に応じて、基礎工事をする鳶さん、木工事を
する大工さんなどとミーティングを行い、マニュアルを
基に注意事項を確認しあう作業を行っているのです。

設計だけして後は、職人の力に頼り切っていては、
工務店の仕事も面白くありません。

「あの大工さんは腕が良いから、任せてれば安心」
だけでは、工務店としてはイマイチと考えています。

熟練の職人とはいえ、人間なのでミスが全くないとは
言えないのです。

それを防ぐために工務店が職人と、どのように
コミュニケーションを取っているのかを経営者や
担当者の考え方、姿勢から読み取ることを
お薦めしたいと思います。

最近はタブレット端末など、IT技術が
コミュニケーションツールとして
家づくりの現場にも利用され出していますが、

最後は人間がチームとしてどれだけ機能しているかが、
重要だと考えています。

つまり、家の性能を高めるには、
●設計段階での性能の数値化
●設計で要求されている性能を発揮させるための
コミュニケーション力
●職人の熟練した技術

が揃ってはじめて、性能の高い家が完成するといえます。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

カテゴリー: 新築 耐震性 工務店 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 新築する時、耐震性を工務店に確認する方法 はコメントを受け付けていません。

工務店と住宅メーカーのブランド

投稿日:2015年07月02日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す
大久保工務店 代表の大久保篤です。

家づくりを考える時の依頼先について考える機会がありました。

一点ものの床と塗り壁

私は小さな工務店の経営者なので、これから書くことは工務店
贔屓の内容になるかもしれません。

区画整理地域内で新築工事をさせて頂いた時のことです。
区画整理は行政などが、古い一定の地域の土地を道路と
共に宅地を作り直すので、新築の家が同時期にそのエリアで
何棟も建てられます。

私の会社のお客さんの家づくりは、周囲の方々の家が完成し
ご近所さんが既に住み始めてからの家づくりでした。

工事開始前に近隣の方々に、お客様と一緒にご挨拶に伺い工事
を始めました。
それからしばらくして、お客様に言われたことで釈然としない
気持ちになりました。

ストレートな言い回しではなかったらしいのですが、お隣の方に
「工務店に頼むとは物好きね、任せて大丈夫なの?」
的なニュアンスのことをお客様が言われたそうです。

確かに周りを見渡すと住宅メーカーで建てられた家ばかりです。
やはり、家も洋服などと同じで、○○ハウスや○○ホームといった、
住宅メーカーに対して、エルメスやヴィトンと同じように
ラグジュアリーな雰囲気を抱くものなのでしょうか。

工務店というと、野暮ったくてダサいイメージ
なのだなと感じた出来事でした。

また、大きな会社に任せた方が品質においても、
なんとなく安心という心理が働くものだとも思います。

しかし、実は工務店の市場シェアは高いのです

住宅業界は売上高1兆円規模の住宅メーカーと
数千万円規模の零細工務店が混在する特殊性があります。

自動車や家電製品などのように、数社で市場シェアの大部分
を占めているわけではないのです。

社員数2万人を超える会社と数人の会社が、
同種・同規模の製品を供給している市場です。

そして、市場統計を見ると年間供給棟数50棟未満の
地場工務店が約50%のシェアを占めているそうです。

さらに、プレハブやツーバイフォーなどを除いた
木造軸組工法の住宅に限れば、地域工務店のシェアは
約60%となるそうです。

このことは、
家づくりが全く同じものを大量生産するものではなく、
一品生産をするものだということを現しています。

確かに、家の大部分を工場でユニット生産加工した
プレハブ住宅や大量生産された材料を現場で組み立て
ていく住宅もあります。

しかしまだまだ、機械ではできない人力や
熟練の手仕事が家づくりには、必要なこと
を物語っていると思います。

工務店は住宅メーカーのように
下請け、そのまた下請けへと仕事をたらい回しにしない、
営業マンがいない、展示場がない
などの間接経費がかからない分、安いといった

メリットを前面に出す営業手法もありますが、
ここではそのようなことを述べるつもりはありません。

これまでの時代は住宅に限らず、いろんな製品が大量生産、
規格品、普及品が重宝されてきたと思います。

ここで、言いたいのは、
みんなと一緒、普通が良いといった感覚は
薄れてきている時代なのではないかということです。

何も超個性的な物、尖ったデザインの物が良いと言っているわけではないです。

ただ、大企業が考えたお仕着せや大量生産品を選んで良いと
感じるのではなく、
たまには、一点ものを選ぶコダワリもカッコイイ感や満足感
を得られるのではないかと思っています。

ちょっとだけ視点を変えて、家づくりにおいても、
手作りの温もりが感じられたり、工業製品にはない味わいを感じられる自然素材を扱える工務店の良さに目を向けてもらいたいと思っています。

コダワリの間取りの実現、塗り壁の手作り感、無垢の床の1枚ごと
の表情などは、工業製品にはない一点ものです。

家の全ての部分にこだわるのは無理でも、
この部屋だけには、一点ものの素材を使おう、
こだわろう、でもいいと思っています。

注文住宅とは、自分だけの一点ものであるべきと
考えています。

営業力、発信力、ブランド力が地域工務店にないことは否めませんが、
自分の地域の工務店のホームページなどにも覗いてみて
もらいたいと考えています。

自分なりの家づくりを実現できそうな会社が、
地域ごとに存在するはずです。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 工務店 住宅メーカー ブランド | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 工務店と住宅メーカーのブランド はコメントを受け付けていません。

工務店が材木加工する必要性

投稿日:2015年05月27日 作成者:


八王子市で創業55年、家づくりの大久保工業 代表の大久保篤です。

ローテクでも、残すべき技術はある。木材加工,手刻み

家を建てる時に柱、梁、土台といった材木を組み合わせて建てることは、
一般の人でも当然のように理解されていると思います。

柱と土台、梁を組み合わせる時、土台同士や梁同士をしっかりと
組み合わせるために必ず、仕口・継手といった材木を加工する
作業が必要となります。

仕口・継手とは木が組み合わさる部分に穴を開けたり、突起を設け
たりすることです。

このような作業内容のことを手刻み(てきざみ)といい、
大工が身につけなければならない重要な技能のひとつです。

仕口・継手の形状もいろんな種類があり、熟練の技術の修得は
一朝一夕ではできません。

しかし、現在では家を建てる時に、この手刻みの作業をせずに
家を建てることができます。

大工が材木に墨付けをし、ノミやノコギリを使って加工するのではなく、
プレカット加工が今では一般的です。

プレカット加工とは、大工がこれまで行ってきた仕口・継手加工を
ITの発達により、あらかじめ工場でコンピュータ制御された専用機械
により加工してしまうことです。

全国にプレカット工場はあり、大きな工場では年間1万棟~2万棟分
の生産能力があるそうです。

プレカット加工の方が手刻み加工よりも時間がかからずに、加工精度が高いといわれています。

大工の腕の良し悪しに左右されないということです。
しかも、プレカットの方がコストも安く済みます。

したがって、住宅メーカーから小さな工務店までがプレカット工場に
加工を発注するようになりました。
今では手刻みよりも、プレカット加工により建てられる住宅
の方が圧倒的に多くなったわけです。

私の会社でも新築住宅を建てる時には、ほとんどプレカット加工
に出しています。

品質が高く便利で低コストなものは利用しない手はないというのが、
ビジネスとしては常道だと思います。

しかし、基本は忘れてはならないはずです。

先日、バルコニーを木で作ってほしいとの依頼を受けました。
材木を組み上げるための仕口・継手加工の必要な材木の数は、
家を新築する時のように多くありません。木材加工,バルコニー

少量をいちいちプレカット工場に発注していたら、却って時間も
コストもかかってしまいます。

したがって、今回は大工が加工しましたが、
ローテクでも馬鹿にしたものではなく、
時と場合によってはハイテクよりも便利で安い時があるのです。

便利なものに頼り過ぎた世の中になったせいか、生活する上でも
昔の人が難なくしていた作業でも、現代人にはできないことって
結構あるのではないでしょうか。

家づくりの世界でも、この手刻み加工をできない大工さんが
増えてきていると言われています。

手刻み加工をする時には、大工は木の癖を見ます。
1本1本の木の特性を見て配置すべき箇所を決めたり、
節のある部分は加工を避けたりするのです。

手刻み加工ができない大工は、木の特性を見る目もないに等しい
ということかもしれません。

柱や梁といった構造材だけでなく、内部の造作材といわれる
窓枠や階段材などでさえもプレカットされ、現場に配達された
ものを簡単に組み立てられる工業化製品が一般的になりました。

そういった材料だけを使った家づくりであれば、木を見る目や
熟練の技術は必要ないかもしれません。

またハイテクの浸透が、無垢材や自然素材が敬遠される一因
なのかもしれません。

でも私の会社では、無垢フローリングなどの無垢材を扱うことが
多いですし、その良さを自分たちの領域で広めていきたいと
思っています。

そのために、
ハイテク技術に頼り切って腕を落とすことなく、
コアとなるローテク技術は残していかなければならない
と考えています。

大久保工業は、自然素材を取り入れた、気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。
お問い合わせは、こちらからお願いいたします。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 工務店 材木 加工 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 工務店が材木加工する必要性 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2019年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリ