八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» 自然素材のブログ記事

新築 薪ストーブを設置する時のポイント4つ

投稿日:2019年04月25日 作成者:


新築をする時に薪ストーブを置きたい
という要望がたまにあります。

家の中でオレンジ色の炎がユラユラしているのを目にすると、
ゆったりとした気分でいられますね。
大久保工務店でもこの前のお引き渡ししたお家に設置しました。

今回は家づくりで薪ストーブを入れるかどうか
決めるときの大事なポイントについて書いてみます。

ポイント①時間と体力またはお金があるか。

八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

寒い冬に薪ストーブを暖房の主な手段として使う場合は、
時間と体力もしくはお金が必要です。

というのも、薪を確保しなければならないからです。

薪はどんな木でもいいかというと、
そうではなく、
杉やヒノキの針葉樹だけではなく
ケヤキやブナなどの広葉樹が主に必要となります。

簡単に言うと、
軽くて燃えやすい木と、
重くて燃えにくい木
が必要となるのです。

比重が軽い針葉樹は燃えやすいのですが
長持ちしないので着火用、焚き上げようとして、

比重が重い広葉樹は長持ちするので、
種火として使います。

それらの薪の一冬分は結構な量になります。

ではどのようにして、入手するのか。

お金をかけたくなければ、
植木屋さんにもらいに行くという
方法があります。

植木屋さんは仕事で剪定した木を処分
しなければならないので、言えばただでくれます。

それにはやはり、もらいに行く時間、
薪を割る体力が必要となるのです。

時間がない人は、薪を購入という手段がありますが、
これが意外と安くありません。

おそらくエアコンや他の暖房器具のランニングコストの
ほうが安く済みます。

ポイント②適切な配置場所を工務店に相談する。

薪ストーブの配置場所も重要なポイントです。
どの部屋を暖めたいのか?
暖めたい部屋の広さは?
などです。

空気、熱の循環を考えて配置する場所を
決めていくにはやはり専門家の知識が
必要となります。

薪ストーブ販売店と工務店の両方の知識
を有効に利用しましょう。

気をつけないといけないのは、
薪ストーブにプライオリティーを置き過ぎることです。

輻射熱の効率等を優先しすぎると、
薪ストーブありきプランになり過ぎて、
人ではなく薪ストーブのための間取りに
なってしまうのです。

そこは、何のための家なのかを再認識して
工務店に知恵を出してもらうことが必要です。

先日お引き渡した家でもこの点が
一番気をつけた点でした。

ポイント③金額を知る

インターネットで薪ストーブを調べると
いろんな種類があり、金額も様々です。
ホームセンターなどでも目にすることもあります。

当然、金額によって暖房としての機能、効率、
耐久性の優劣はありますが、
忘れてはならないのは、
工事費も掛かることです。

薪ストーブはかなりの熱を発するのでその付近は、
レンガやタイルなど燃えない素材で覆わなければなりませんし、
その下地も不燃の物を使って熱が逃げる仕組みを
工務店に作ってもらわなければなりません。

他にも屋根や壁に穴をあけて煙突を通すわけですから、
雨漏りしないように適切に
工事してもらわなければなりません。

薪ストーブの製品代にだけ目が行きがちですが、
薪ストーブを置くことによって、
普通の家とは違う工事代が発生すること
をわかっておく必要があります。

④メンテナンス方法を知る

薪ストーブ内部の煙突内にはススが溜まりますし、
ストーブ内部も掃除しなければなりません。

ポイント①の時間と体力、お金とダブりますが、
メンテナンスも自分でするのか、
専門家に頼むのか両方の選択肢があります。

自分でやるのであれば、ススの溜まりにくい薪の燃やし方、
煙突の掃除の仕方を覚えておく必要がありあます。

いかがでしたか、

薪ストーブ一つをとっても意外と奥深いものがある
と感じられたのではないでしょうか。

薪ストーブのある新築をお考えでしたら、
大久保工務店までご相談ください。
施工エリアは八王子近郊となります。

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 新築 薪ストーブ | タグ: , , | 新築 薪ストーブを設置する時のポイント4つ はコメントを受け付けていません。

自然素材の家で大満足の暮らし

投稿日:2016年08月01日 作成者:


家づくりをするからには、
大満足の暮らしを手に入れたいですね。

自然素材の家は、
心地よく、見た目にもオシャレで
とても魅力的なのですが、

実際に暮らし始めたら
「こんなはずじゃなかった・・・」

となってしまったら、
残念ながら家づくりは失敗ですね。

自然素材の家で
大満足の暮らしを手に入れられるかどうかは、
実は重要なポイントがあります。

自然素材の家を良いと感じる価値観

自然素材の家

八王子市で創業55年、自然素材の家づくり№1工務店を目指す
大久保工務店 スタッフの大久保ともこです。

自然素材はとても大らかです。

本物の木の温もりや
本物の塗り壁の雰囲気、

目で見ても、手に触れても、
癒してくれる大らかさがあります。

梅雨のジメジメの時期でも、
冬の乾燥の時期でも、
不快さを和らげてくれる懐の深さがあります。

そんな大らかさや懐の深さを楽しむことも、
自然素材の家の魅力と言えます。

ですから、
量産の工業製品のように、
規格が統一されて、
寸分の誤差も遊びもないものにこそ
価値を見出したり、

他の誰かと、みんなと同じだから、
大丈夫、安心、満足だと感じたり、

そんなタイプの人が、
自然素材の家で良かったと感じることは、
ないと思います。

きっと、自然素材の家に、
「こんなはずじゃなかった・・・」と
感じてしまうこともあるでしょう。

自然の大らかさを
良き物として、心地よいものとして
捉えるのか、

自然素材の家で
満足を感じるかどうかは、

価値観による部分が大きいです。

チョットずつ違う個性や遊びの部分を
オモシロいと感じる人にこそ
自然素材の家がぴったりだと思います。

ポジティブシンキングで大満足

自然素材の家にしても、新建材の家にしても、
暮らし始めた我が家に満足できるかどうかは、

メリットもデメリットも含めた特性を
よく理解したうえで、

どれだけメリットに注目できるかで
変わってきます。

自然素材の家にも、新建材の家にも、
それぞれの持ち味があります。

メリットもありますし、
デメリットもあります。

毎日、デメリットにばかり気をとられていたら、
毎日、「こんなはずじゃなかった・・・」と
後悔する暮らしになってしまいます。

幸せな暮らしが実現した、
大満足の家づくりとは言えないですね。

メリットもデメリットも受け入れて、
最大限にメリットを享受しようとする心意気、

ポジティブシンキング
大満足の家づくり、大満足な暮らしのポイントです。

実は品質もイロイロなんです

自然素材の家といっても
実は、品質はイロイロです。

自然素材を取り入れた家とはいえ、
粗悪品の材料で建てられていたら、
大満足の暮らしは実現できません。

「自然素材は大らか」といっても、
「自然素材の持ち味」といっても、
それは無理な話です。

特性を活かしていないナンチャッテ自然素材や、
きちんとした処理がされていない材料だと、

せっかくの自然素材の良さを殺してしまっていたり、

暮らしはじめてから、
支障が出ることもあります。

「自然素材」と謳っている材料が、
何でもかんでも素晴らしいという訳ではないので、
注意が必要です。

材料の品質だけでなく、
施工の品質、施工の技術力も大切です。

自然素材は、
量産の工業製品である新建材と違って、
材料ひとつひとつに個性があります。

誰が建ててもだいたい同じ品質の家が出来る新建材と違って、

材料それぞれの個性を見極め作り上げていく
自然素材の家は、

施工に確かな技術が必要です。

自然素材の家づくりに慣れているのか、得意なのか、
自然素材の個性も品質も見極める目を持っているかどうか
家の仕上がりは大きく差が出ます。

自然素材の家は、使う材料も、作り上げる技術も
品質がとても大切で、
大満足の自然素材の家となるかどうかが
大きく左右されます。

いかがでしたか?

自然素材の家で大満足な暮らしを
手に入れるためのポイントは、

自然素材の家が好きで、
持ち味も理解して、
自然素材の家を満喫する、楽しむ準備があるかどうかが、
まずは重要ですが、

その上で、
使う材料も、作り上げる技術も
確かな品質で、家づくりをすることだと思います。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

 

カテゴリー: 自然素材 満足 | タグ: , | 自然素材の家で大満足の暮らし はコメントを受け付けていません。

自然素材の内装と子育て

投稿日:2016年07月01日 作成者:


大人も子供も、みんなが心地よい、
自然素材の内装の家。

赤ちゃんだって、小さな子供だって、
言葉には出来なくても、
心地よさには敏感だし、違いが分かるはずですね。

自然素材の内装なら、
子供も心地よくご機嫌で、
子育てもうまく行きそうですが、

自然素材の内装が、子育てに良い理由は
心地よさ以外にもあります。

自然素材の内装と子育て
五感の発達は心地よい刺激で

子育て

八王子市で創業55年、自然素材の家づくり№1工務店を目指す
大久保工務店 スタッフの大久保ともこです。

いつも目にし、肌に直接触れ、
部屋の空気や雰囲気にまでも影響力をもつのが
内装材です。

だからこそ、内装材を何にするのかは
家の心地よさに大きく関わってきます。

お子さんがいる方や、
これからお子さんが生まれてくる方には特に、
自然素材の内装をお勧めします。

体がよく触れる床に無垢材を使うと、
本当に気持ちがいいです。

小さな子供は、
ハイハイしたり、お座りしたり、寝っ転がったり、
床や畳など、低い位置で過ごす事が多く、

それだけ、床や畳の肌触りや質感を
もろに感じ取ります。

空気の違いも大きいです。

家具や新建材等
身の回りの色々な物から揮発する化学物質も
自然素材の内装にすることで、
抑えることができるし、

珪藻土の壁なら、調湿効果・消臭効果も
期待できます。

梅雨時の不快なジメジメもないので、

新建材の部屋と、
快適な自然素材の部屋とでは、

オムツの中のジメジメにも
少し違いがあるかも知れませんね。

自然素材は、本物風のまがい物ではなく
本物なので、見た目にも申し分なしで、

人間の五感に
心地よい刺激を与えてくれる自然素材は

小さな子供の五感の発達にも
良い影響を与えてくれそうです。

自然素材の内装と子育て
本物の良さがわかる

子供が大きくなっていく過程で、
「本物」に触れられる環境で成長する事は
とても大切です。

自然に「本物」と「本物でない物」の区別をする力が
養われ、

体に良いものなのか、悪いものなのかを見極める力が
付きます。

こういった力は、
大人になれば、経験を積んだり知識を得たりすれば、
手に入れることが出来るかもしれません。

でも、
経験や知識として、ではなく

感覚として、「本物」「本物でない物」を見極める力が
自然に備わる環境、

これって、子供へのとても素敵なプレゼントだと思います。

自然素材の内装と子育て
モノを大切にする心

世の中には、使い捨ての便利なモノがたくさんあります。
とてもよくお世話になっているけれど、
何でも使い捨てで生活しているわけではありません。

使い捨てとして使うものと
大切に長く使うものとを
自然に区別して暮らしています。

家は、使い捨てのモノではありません。
建て替えない限り、ずっと長く使っていくものです。

自然素材の内装は、キズやシミも、
家族の成長のしるし、大切な思い出だし、
味わい深さとなり、愛着が増していきます。

ビニールクロスがボロボロだから、張替えるとか
新建材の木目模様が剥がれて、みすぼらしいから
床を貼りかえるとか、

新しく交換すれば
それでおしまい、めでたしめでたし、

ということは
自然素材の内装にはありません。

一番身近な、家という場所で、
愛着を感じて、大切に長く使う、

そういう気持ちや姿勢を自ずと培うことが出来るのも
自然素材の持つ力だと思います。

自然素材の内装と子育て
大らかでいられる

「あ、もう!キズがつくから、やめて!」
「ほら、またこぼした!」

こんな調子で、些細なことでも
ついついイラッとして、
感情的になってしまうことが
あります。(私はよくありました)

キズをつけたり、こぼしてばかりいたら、
きちんと注意したり、叱ったりはしますが、

内装が自然素材の場合、

キズがついたりシミが出来ても
それはもはや味わいです。

キズやシミが増えてきても
味わいが増してきたということ。

「ま、しょうがないな~」という余裕を持った気分で、
大らかに、冷静に子供に向き合えると思います

イラッと感情的に怒ってしまうことは
減りそうです。

大らかに子供に接すれば、
きっと子供も応えてくれる事でしょう。

いかがでしたか?

家の内装は、直接肌に触れ、いつも目にして、
空気をも変える、一番身近なところです。

赤ちゃんだって、小さな子供だって、
言葉には出来なくても、
心地よさを一番感じ取っています。

自然素材の内装は、心地よいだけでなく、
「本物」を見極める力や、モノを大切に使う心を
培う事ができ、大らかに子育てしやすいのでは
ないかと思います。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 自然素材 内装 | タグ: , | 自然素材の内装と子育て はコメントを受け付けていません。

自然素材の家をつくる理由

投稿日:2016年04月18日 作成者:


八王子の大久保工務店は、自然素材の家を
つくっています。

それでは、なぜ自然素材の家なのか、
その理由を、簡単にお話すると、

自然素材の家は、
心地良くて、経済的で、お掃除も楽々です。
そして本物に囲まれた素敵な時間を、
大切な家族と過ごして欲しい

と、大久保工務店は思っているからです。

一点ものの床と塗り壁

自然素材の家は「心地よい」から

八王子市で創業55年、自然素材の家づくり№1工務店を目指す
大久保工務店 スタッフの大久保ともこです。

大久保工務店が、自然素材の家づくりをする理由で、
まず挙げたいのは「心地よい」からです。

無垢の木の床や塗り壁は、温かみがあって、
本当に「心地よい」です。

梅雨の時期や、夏、裸足でいると、
汚れているわけでもないのに
床がベタ付くことがあります。

無垢の床だと、ベタ付くことなく、
サラッとしています。
肌触りが「心地よい」です。

冬の寒い朝も、足の裏がヒヤッとする事もありません。

珪藻土の塗り壁には湿度を調整してくれる
調湿効果があるので、
空気も「心地よい」です。

梅雨のジメジメも冬の乾燥も、
和らげてくれるし、
前夜の夕飯の臭いが、翌朝まで残る事もありません。

自然素材の家は「経済的でお徳」だから

自然素材の家というと、
価格が高いイメージがあるかもしれません。
「経済的でお徳」というのとは、
全然当てはまらないのではないかと
思われるかもしれません。

確かに、無垢の床材と工業製品化された新建材の床、
ビニールクロスと布クロスなど、
それぞれの単価で比べれば、高いでしょう。

でも、新建材の床もビニールクロスも、
ただではありませんし、
プラスαの差額として考えてみれば、
自然素材の家を手に入れるのは、
難しいことではありません。

そして「経済的でお徳」だというのには、
新建材の床や、ビニールクロスの壁と違って、
「長く使える」からという理由があります。

住み続けるうちに、どうしても、
傷がついたり汚れてしまったり
します。

でも、それが自然素材だと、みすぼらしく無く、
味わい深く、むしろ、かっこよくなっていきます。

ボロボロ感が出てみすぼらしくなってしまう、
新建材の床やビニールクロスは、
十数年単位で、張り替える費用が必要になってきます。

メンテナンスは、
設備機器や外壁などは必ず必要ですが、
その上、床や壁などの内装まで張替えというと、
大きな出費です。
「経済的でお徳」ではありません。

自然素材の内装はメンテナンスフリーとも
いえます。
だから「経済的でお徳」なのです。

自然素材の家は、普段の掃除も楽々だから

自然素材の家は掃除が大変
と思っている方、多いと思います。

自然素材だからといって、
特別な掃除の必要は全くありません。
無垢の床でも
掃除機もかけられれば、雑巾がけもできます。

自然素材は静電気がおきません。
汚れやホコリを吸い寄せないので
壁もそんなに汚れることもありません。

私の自宅はビニールクロスの賃貸マンションで、
壁もみすぼらしく汚れてしまいましたが、
壁の掃除は普段はとくにやらないし、
ほったらかしです。

塗り壁や布クロスなら、あまり汚れない。
ほったらかしでも
みすぼらしくなくならないなんて、
楽々ですね。

自然素材は本物だから

そして、自然素材は、
まがい品ではなく、本物だからです。

木目調ではなく、本物の木目。
ビニール製のクロス(布)ではなく本物の布クロス。

まがい品ではない、「本物」に囲まれて
大切な家族との時間を過ごして欲しいと
思うからです。

大久保工務店が、なぜ自然素材の家づくりを
するのか、その理由は、

自然素材の家は、
心地良くて、経済的で、お掃除も楽々、
そして本物に囲まれた素敵な時間を、
大切な家族と過ごして欲しい

と、考えているからです。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 自然素材の家 理由 | タグ: , , , , , , , | 自然素材の家をつくる理由 はコメントを受け付けていません。

八王子、多摩地区での自然素材の家づくり、べっぴんハウスとは?

投稿日:2016年04月15日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

仕事、家庭、趣味など結構、共同作業が求められる場面が多いですね。

チームワークと言ってもいいかもしれませんが、よく考えると
うまくチームワークを発揮するのって意外と大変なことです。

リーダー役の存在が必要だし、リーダー役には問題が起ったら
対処する力が求められますね。

では、家づくりのリーダーは誰でしょうか?

自然素材の家
工務店や大工さんなどの職人さん達が、実際に作業する工程に
限ったことではありません。
工務店はあくまで作業をする職人さん達のまとめ役にすぎません。

実際に家に住む人たちが、主役で家づくりのリーダーなのです。

間取り、外観デザイン、内装、etc…と決める指揮者は住まい手です。
構造やコストなど専門的知識を持つ工務店は、
住む人たちのアドバイザーでしかないと思います。

そうなると、注文住宅は面倒くさい!

と感じる方もいると思います。
いくらかかるか金額も見当つかないし、理想を追い求めるとキリがないと。

何でもネットで手に入る時代です。検索してヒットした良さそうな建売住宅を見て歩き、
気に入ったのを買うのも一つの方法ですね。

でも、

自然素材の家となるとどうでしょうか?

そもそも、自然素材でできた建売住宅なんて無いので、
やはり、注文住宅で建てることになります。

そこで、

大久保工務店では、分かりやすい注文住宅を企画しました。

内装に使用するのは、大久保工務店で厳選した自然素材、
構造計算をして耐震等級3の取得も可能、
間取りのアレンジも可能、

金額も分かりやすく設定していて、注文住宅とはいえ予算が立てやすくて
敷居が低いのが特徴です。

そして重要なのは、

企画住宅とはいえ注文住宅なので、
作り手の顔が見えることです。

どんな工務店の担当者、大工さん、職人さんが作るのかが確認できることです。

最後に、言い忘れましたがこの企画住宅の名前は

「べっぴんハウス」

と名づけました。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた企画住宅「べっぴんハウス」や自然素材の家の資料をご用意しています。
大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 八王子 自然素材の家 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 八王子、多摩地区での自然素材の家づくり、べっぴんハウスとは? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2019年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリ