八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» 要望のブログ記事

新築する時、耐震性を工務店に確認する方法

投稿日:2015年10月07日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

東日本大震災から4年半が過ぎました。
最近も地震の発生が多いと感じています。

上棟
これから、注文住宅の新築を考えている人にとって、
建てようとする家がどの位の耐震性があるのかは、
関心が高い部分だと思います。

注文住宅を新築するということは、自分達の要望を
形にするということです。

つまり、この世に同じ形のものは一つとないという
ことになります。

そして、
自動車などの完成した製品と違い、家というものは、
その性能も一つとして同じものはないということです。

ただし、その家がどの位の性能を持っているのかを表す
指標はあります。

住宅性能表示制度、長期優良住宅の認定を戸別に取得する
ことにより、どの程度の性能があるかを把握することが
できます。

住宅性能表示も長期優良住宅も省エネ性や劣化のし難さ、
維持管理のし易さなどの一定の基準をクリアしていること
を証明しないと認定の取得ができません。

その中の一つに耐震性があるわけです。
耐震性は「耐震等級」という言葉でランク付け
がされます。この耐震等級には1から3までがあり、

ごく簡単に言うと、
耐震等級1は通常の建築基準法という法律を満たした
耐震性が求められ、

耐震等級2は耐震等級1の1.25倍以上
耐震等級3は耐震等級1の1.5倍以上
の強さが求められることとなります。

上で、家の性能に一つとして同じものはないと
いったのは、同じ耐震等級2の家でも1.25倍も
あれば、1.48倍もあるということからです。

そして、
これらのお墨付きをもらうためには、戸別に構造計算や
壁量計算などをし、基準をクリアしていることを証明
する必要があるわけです。

設計段階に希望する耐震等級のランクを工務店に
伝えて、耐震性を見える化することは意味がある
と思います。

ただし、耐震等級2や3を取得したから
といって、安心はできない面もあります。

それらは、あくまで設計段階での評価となるので、
設計通り工事がされているのかどうかが、重要となって
くるのです。

たとえば、基礎工事の時の鉄筋の組み方に誤りがないか、
設計で要求されている種類のコンクリートを使っているか、

大工さんが、金物を留めるビスの種類やサイズを誤りなく、
使っているか、
などを工事中に確認する必要があるのです。

このような確認は、専門的な知識がないとできない
ことですので、依頼する工務店の技量を見極めて
任せるしかありません。

ここで、
技量の見きわめ方が問題となってくる
と思いますが、一つの方法として、経営者や担当者と
直接会って考え方や姿勢を見極めることができます。

実際に手を動かして作業をするのは、大工さんを
はじめとする職人です。

工務店と職人が
現場でどのようにコミュニケーションを
取っているのかも大事なポイントとなります。

工事マニュアル-注意ポイント
たとえは、
私の会社では、絶対に間違えてはならない基本的なこと、
間違えそうなことをマニュアルにまとめて気をつけて
います。

工事の段階に応じて、基礎工事をする鳶さん、木工事を
する大工さんなどとミーティングを行い、マニュアルを
基に注意事項を確認しあう作業を行っているのです。

設計だけして後は、職人の力に頼り切っていては、
工務店の仕事も面白くありません。

「あの大工さんは腕が良いから、任せてれば安心」
だけでは、工務店としてはイマイチと考えています。

熟練の職人とはいえ、人間なのでミスが全くないとは
言えないのです。

それを防ぐために工務店が職人と、どのように
コミュニケーションを取っているのかを経営者や
担当者の考え方、姿勢から読み取ることを
お薦めしたいと思います。

最近はタブレット端末など、IT技術が
コミュニケーションツールとして
家づくりの現場にも利用され出していますが、

最後は人間がチームとしてどれだけ機能しているかが、
重要だと考えています。

つまり、家の性能を高めるには、
●設計段階での性能の数値化
●設計で要求されている性能を発揮させるための
コミュニケーション力
●職人の熟練した技術

が揃ってはじめて、性能の高い家が完成するといえます。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

カテゴリー: 新築 耐震性 工務店 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 新築する時、耐震性を工務店に確認する方法 はコメントを受け付けていません。

注文住宅を建てているのは住宅メーカー?工務店?職人?

投稿日:2015年09月28日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

注文住宅を作るには、いろんな職人さんが必要です。
注文住宅の建前の時に、お客様の奥様に言われました。

「ほとんどの工事を、大工さんがするのかと思ってたわ」

上棟作業
なぜ、お客さんがそう言ったのかというと家の骨組みを
組み上げる建前の時に、

頭(かしら)と呼ばれる人と棟梁と呼ばれる人がいたの
で、「どっちが偉いの?」と質問があり、

建前の時には、大工さんの他に鳶(とび)職人も一緒に
作業することを伝えたからでした。

鳶職は元々、棟上げなど高い所で作業をする人たちで、
江戸時代は町火消しも兼ねていて、その長を頭(かしら)
と呼んだので、今でも頭と呼ばれているのだと思います。

今では、鳶職も基礎工事や足場組立、鉄骨の組み上げな
ど細分化されていますが、

私の会社では今でも建前の時に、大工さんと一緒に作業
してもらっています。

他にも、屋根工事の瓦屋さん・板金屋さん、左官屋さん、
タイル屋さん、水道設備屋さん、電気工事屋さんetc…
と説明し、納得してもらいました。

注文住宅の工事が始まって、現場に最初に登場するのは
大工さんではなく、実は鳶職の人達です。

鳶職人は、建物を配置する位置を設計図通りに、敷地内
で実際に決めて基礎工事を始めていきます。

基礎工事が完了して、足場を組み建前の時に大工さんと
力を合わせて、柱や梁を組み上げていくまでが鳶職の役
割となります。

私の会社の先代社長は、
「鳶と大工は野地(のじ)別れ」とよく言っています。
野地とは、瓦など屋根の下地となる板のことで、野地板
を張る作業から大工さんに、バトンを渡すことを表現し
ています。

では、職人たちをチームとして束ねているのは誰か?

というと、我々工務店の工事管理者ということになりま
す。

工務店はお客さんから要望などを聞き、図面を書き、
職人たちに指示を出して、仕事の出来をチェックし、時
には、やり直しをさせたりしているのです。

ここで、
工務店と住宅メーカーは仕事の仕方が違うの?
という疑問がありますが、

基本的には同じだと思います。
しいて言えば、これまでに述べてきた流れの上に、住宅
メーカーが乗っかるのが住宅メーカーのスタイルです。

分かりやすく言うと、
住宅メーカー⇒指定工務店⇒各職人
又は、
住宅メーカー⇒メーカー子会社⇒指定工務店⇒各職人
となり、

工務店と各職人は下請け、孫請け、又はその孫請けとな
ります。

工務店にとって、工事を管理する立場はお客さんから直
接、請け負う場合でも、住宅メーカーを経由して請け負
う場合でも変わりません。

だから、メーカーの社員は1人で現場の管理を同時に
10棟や20棟の新築工事を掛け持ちできるのだと思
います。

また、工務店は営業、設計、工事管理を1棟ごとに同じ
人間がすることが多いですが、
住宅メーカーの場合は、それぞれが分担されています。

工務店の立場からいうと、
お客さから見て、各職人の顔が見えるのが、工務店だと思います。

逆に住宅メーカーに注文住宅の建築を頼むメリットは、
ブランドを感じられることだと思います。

正直、工務店は住宅メーカーのブランド力の面では、か
なわないと思います。

しかし、家づくりというのは、現代でもどちらかという
とローテクの分野だと思います。

ということは、品質管理などの面でも、職人の顔が見え
る家づくりの選択も考えてほしいと思っています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 注文住宅 工務店 住宅メーカー | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅を建てているのは住宅メーカー?工務店?職人? はコメントを受け付けていません。

古くて新しい、自然素材の家

投稿日:2015年07月13日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す
大久保工務店 代表の大久保篤です。

自然素材というと、大昔からあるものとのイメージ
があるかもしれません。珪藻土の壁

以前、自然素材について、本やネットでよく勉強されている方が、
自宅の新築の相談に私の会社にいらっしゃったことがあります。

お話しを聞いていると、かなりマニアックという印象を受けました。
・壁は、土壁の上に漆喰、
・ベニヤ板は1枚でも使ってもらいたくない、
・接着剤はもちろん使わないでほしい、
・当然、柱や土台などの構造材は国産無垢材で自然乾燥、

などなど、使用する材料についての要望が、かなりの項目
でありました。

シックハウス症候群にかかっているのかと思い、尋ねてみると、
そういうわけではないとのことです。

自分が調べた、本やネットに書いてあるとおりの家、
昔からの材料や工法で建てる家、が本物の家だと
の思いが強い
という印象の方でした。

たとえば、珪藻土についての、その方の評価は、
・歴史が浅いので、信用できない。
・化学系接着剤が混ざっているはず。
など…
といったマイナスイメージがすりこまれているようでした。

確かに珪藻土の住宅用建材としての歴史は浅く、
住宅に使用されるようになったのは20年位前
からです。

住宅以外での歴史はあり、
火に強いことから七輪の材料として、
1ミクロンに満たない細かい穴が開いていることから、
ビールのろ過材として使われてきたのです。

なぜ、住宅に使われてこなかったかと言えば、それ自体
では固まりにくく、壁に塗ってもポロポロと剥がれて
しまうからです。

そこで、珪藻土に固まる成分を持つ他の材料を混ぜて塗り壁材
として、住宅に使われているのが現状なのです。

確かに、化学系の接着剤を使って珪藻土を固めると、せっかくの
細かい穴が接着剤で塞がれて、湿気を吸ったり吐いたりしない壁
となってしまいます。

しかし、ここでは詳しく成分を書きませんが、接着剤などとは違い、
珪藻土の穴を塞がない固化材があるのです。

珪藻土を住宅に使う大きな目的の一つは、調湿機能です。
漆喰よりも、調湿性能は高い材料です。

そういう意味では、珪藻土は新しい自然素材
と言えます。

漆喰のように、古くから使われていて、いいものは確かに存在します。
しかし、あまりに固執し過ぎるのはいかがなものかと感じます。

古い物と新しい物、どちらかに偏るのではなく、
それぞれを使用する目的を考えるほうが大事だと思うのです。

要は、適材適所で使っていくべきだと
考えています。

家づくりに限らず、技術の進歩は速い世の中です。
20年前に太陽光パネルが、これだけ家に搭載されるとは
私は想像していませんでした。

他にも、機械式の換気装置や地中熱を利用した設備機器
なんていうのもあります。

古い物の良さと、新しい物の良さの両方を生かした自然素材の家
を増やしていきたいと考えています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 古く 新しい 自然素材 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 古くて新しい、自然素材の家 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2019年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリ