八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» 設計のブログ記事

注文住宅には性能数値と感性が必要

投稿日:2016年01月08日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す、
大久保工務店 代表の大久保篤です。

いい家を建てるには二つの見方が必要だと
考えています。

注文住宅、性能数値と感性
どういうことかと言うと、
感性で見ることと、
数値で見ることが必要ということです。

まず、感性のお話からします。
昔は腕の良い大工さんに家の建築を頼むとか、
あの大工さんは腕が良いとか悪いという言葉が、
よく聞かれました。

これも実は、感性が言わせている言葉だと思います。
仕上がりが綺麗だとか、細かいところまで丁寧な仕事を
してくれるという見方もあるかもしれませんが、

それには明確な基準がなく個人の感覚によって
評価が分かれる部分です。

昔はそんな評価の仕方が評判につながって、注文住宅
の依頼先を決める時の判断基準になったのだと思います。

現在はそんな評判も近所から、なかなか聞こえてこないし、
逆に情報を得る手段がネット等いろいろとあるので、
依頼先を決めるには迷うことが多いと思います。

ネットなどで得た情報から気になる工務店を見つけた次は、
実際に会ってみて人を見ることがお勧めです。

営業マンや工務店の担当者が親身に相談に乗ってくるのか、
その会社、人が自分と相性が合うのかを
感性で判断するのです。

資金計画やプラン、床材や壁材の選択などを相談して
決めていく相手は、相性がいい人、会社がいいはずです。

家のデザインであったり、間取りや床や壁に
どんな風合いの自然素材を使うのかといったことを決めていくのは、
個人の感性によって決まる部分です。

それらの作業は注文住宅ならではの醍醐味であり、
ワクワク感がある部分です。

そんな楽しいことを一緒に決める相手は、
感性が合う相手としたいですね。

次に数値の部分です。
これは、耐震性や省エネ性などの性能を数値で確認する
ということです。

性能はデザインや色柄と違い、目に見えないところなので、
感性が通用しない部分ですね。

いくら言葉で「暖かい家です。」「地震に強い家です。」
と言っても、実際に家が完成して住んでみないと、
本当に暖かいのかわかりません。

ましてや、地震に強いかなんて地震が起こってみないと
わからないのです。

ですから、
建てる前にその性能を数値で確認できれば、
より安心ですね。

耐震性であれば、構造計算を実施して設計されるのか、
省エネ性も、どの位の断熱性能がある家なのかを
計算により数値で示すことができます。

省エネ性能や、耐震性能は、等級により
家ごとに格付けすることが可能です。

そして、省エネ性は国が定めた数値をクリアした家でないと、
2020年からは建てられない法律ができました。

注文住宅の性能を数値で確認することは、
技術的なことなので、なんだか難しそうなことに感じてしまうかもしれません。

しかし、
感性で相性が良いと感じた人に説明してもらえれば、
苦痛を感じずに理解できると思うのです。

だから、注文住宅を建てる時に感性と数値は言葉としては
相反する印象ですが、両方の視点で計画することが求められると考えています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらから資料請求ください

無料資料のご請求はこちら

家づくりを考えているけど、
忙しくてなかなか時間が取れない方、
何から始めたらわからない方に、
無料メールセミナーを用意しています。
こちらからご登録ください。

メルマガ登録
カテゴリー: 注文住宅 性能 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅には性能数値と感性が必要 はコメントを受け付けていません。

注文住宅を建てる工務店と住宅メーカーの違い

投稿日:2015年11月27日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

注文住宅も工務店より、住宅メーカーが安心?

工務店、無垢と珪藻土

横浜でのマンションの杭工事の問題が、全国に広まって
毎日のように新聞やテレビを賑わせています。

誰もが知っているような会社が売主、施工者、下請け、孫請け
として関わっていたので、世の中へのインパクトが
大きいと思います。

以前から言われていますが、建設業の重層下請構造が
問題の一端と言われています。

重層下請という言葉を説明すると、仕事の流れが、
ゼネコン⇒下請け⇒孫請け⇒さらにその先へと発注
されていかれることです。

現場で働く人員数は下へ行けば行くほど、多くなる
ピラミッド構造で、指示も上から下へ流れていくことと
なります。

では、マンションよりも規模の小さい
注文住宅でも、同じような下請け構造で
作られているのでしょうか?

結論として、下請けを使わないで家を建てている会社は
ほぼ存在しないと思います。

注文住宅を建てるにしても、大工さんだけで完成できる
訳ではありません。

基礎工事、左官工事、屋根工事、水道、電気etc…
といろんな専門性を持った職人が現場に入って
作業をします。

けっして、住宅メーカーの社員が作業して作るわけでは
ありません。

小さな工務店でも、大工さんや他の職種の職人を社員
として抱えている会社と、作業する職人は一人もいない
会社の2種類があります。

私の会社にも社員職人は数人いますが、
全ての作業を自社の社員で工事することはなく、
注文住宅を作るには、いろんな職種の下請けが必要と
なるわけです。

では、工務店や住宅メーカーは何をやっているのか?
となりますが、営業、設計、工事管理、工事監督をすることになります。

それなら、
工務店も住宅メーカーも仕事のやり方は
大体同じ形態なのね!

と思うかもしれませんが、少し違います。

工務店でも、もう一種類の工務店が存在します。
住宅メーカーの下請けオンリーで仕事をしている会社
が存在します。

この形態の工務店は、営業や設計をする必要がなく、
工事管理だけで済みます。

会社を運営するうえで固定費が少なく、仕事にあぶれない
ことが経営上のメリットです。

住宅メーカーとしては、そのような下請け工務店に
工事管理を任すことができ、

自社の社員監督は多くて10棟以上の現場を同時に
掛け持ちすることが可能となるわけです。

つまり現場には、たまに行けば済むこととなり、
工務店の監督が毎日のように現場に行くのとは仕事の
仕方が異なるわけです。

大きく違うのは、顔が見える仕事か
見えない仕事かです。

工務店は注文住宅を建てる時には、余程のことがないと
下請けでも、孫請け業者の人間は現場に居ないと思います。

しかし、住宅メーカーの現場では、下請け工務店以外の
ほとんどの職人が孫請けとなります。

さらに、現場に行く回数がたまになので、
顔すら合わせることがない職人がいるはずです。

その代わりに、作業内容を細かくマニュアル化して
管理する必要があるのです。

また、住宅メーカーの社員は、頻繁に現場に行くことが
できないので、品質管理の難しい無垢材や珪藻土などの
自然素材はあまり使わず、

マニュアル化しやすく施工の簡単な、合板フローリングや
ビニールクロスを好む傾向にあるのです。

職人の立場に立って考えると、
住宅メーカーは上意下達でコスト、工期に縛られる、
管理されながらの仕事相手

工務店は、マニュアルだけに頼らずに、顔を会せて
一緒に仕事をしていく共同体といえると思います。

ここまで、工務店寄りの内容で書いてしまいましたが、

注文住宅を建てる時にどちらを選ぶのか?
は志向に合わせて決めるのも一つの方法だと思います。

抽象的な言い方になりますが、
手作りの良さを求めるのであれば、工務店、
ブランドを重視するのであれば、住宅メーカー
という選択方法です。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 注文住宅 工務店 住宅メーカー | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅を建てる工務店と住宅メーカーの違い はコメントを受け付けていません。

新築する時、耐震性を工務店に確認する方法

投稿日:2015年10月07日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

東日本大震災から4年半が過ぎました。
最近も地震の発生が多いと感じています。

上棟
これから、注文住宅の新築を考えている人にとって、
建てようとする家がどの位の耐震性があるのかは、
関心が高い部分だと思います。

注文住宅を新築するということは、自分達の要望を
形にするということです。

つまり、この世に同じ形のものは一つとないという
ことになります。

そして、
自動車などの完成した製品と違い、家というものは、
その性能も一つとして同じものはないということです。

ただし、その家がどの位の性能を持っているのかを表す
指標はあります。

住宅性能表示制度、長期優良住宅の認定を戸別に取得する
ことにより、どの程度の性能があるかを把握することが
できます。

住宅性能表示も長期優良住宅も省エネ性や劣化のし難さ、
維持管理のし易さなどの一定の基準をクリアしていること
を証明しないと認定の取得ができません。

その中の一つに耐震性があるわけです。
耐震性は「耐震等級」という言葉でランク付け
がされます。この耐震等級には1から3までがあり、

ごく簡単に言うと、
耐震等級1は通常の建築基準法という法律を満たした
耐震性が求められ、

耐震等級2は耐震等級1の1.25倍以上
耐震等級3は耐震等級1の1.5倍以上
の強さが求められることとなります。

上で、家の性能に一つとして同じものはないと
いったのは、同じ耐震等級2の家でも1.25倍も
あれば、1.48倍もあるということからです。

そして、
これらのお墨付きをもらうためには、戸別に構造計算や
壁量計算などをし、基準をクリアしていることを証明
する必要があるわけです。

設計段階に希望する耐震等級のランクを工務店に
伝えて、耐震性を見える化することは意味がある
と思います。

ただし、耐震等級2や3を取得したから
といって、安心はできない面もあります。

それらは、あくまで設計段階での評価となるので、
設計通り工事がされているのかどうかが、重要となって
くるのです。

たとえば、基礎工事の時の鉄筋の組み方に誤りがないか、
設計で要求されている種類のコンクリートを使っているか、

大工さんが、金物を留めるビスの種類やサイズを誤りなく、
使っているか、
などを工事中に確認する必要があるのです。

このような確認は、専門的な知識がないとできない
ことですので、依頼する工務店の技量を見極めて
任せるしかありません。

ここで、
技量の見きわめ方が問題となってくる
と思いますが、一つの方法として、経営者や担当者と
直接会って考え方や姿勢を見極めることができます。

実際に手を動かして作業をするのは、大工さんを
はじめとする職人です。

工務店と職人が
現場でどのようにコミュニケーションを
取っているのかも大事なポイントとなります。

工事マニュアル-注意ポイント
たとえは、
私の会社では、絶対に間違えてはならない基本的なこと、
間違えそうなことをマニュアルにまとめて気をつけて
います。

工事の段階に応じて、基礎工事をする鳶さん、木工事を
する大工さんなどとミーティングを行い、マニュアルを
基に注意事項を確認しあう作業を行っているのです。

設計だけして後は、職人の力に頼り切っていては、
工務店の仕事も面白くありません。

「あの大工さんは腕が良いから、任せてれば安心」
だけでは、工務店としてはイマイチと考えています。

熟練の職人とはいえ、人間なのでミスが全くないとは
言えないのです。

それを防ぐために工務店が職人と、どのように
コミュニケーションを取っているのかを経営者や
担当者の考え方、姿勢から読み取ることを
お薦めしたいと思います。

最近はタブレット端末など、IT技術が
コミュニケーションツールとして
家づくりの現場にも利用され出していますが、

最後は人間がチームとしてどれだけ機能しているかが、
重要だと考えています。

つまり、家の性能を高めるには、
●設計段階での性能の数値化
●設計で要求されている性能を発揮させるための
コミュニケーション力
●職人の熟練した技術

が揃ってはじめて、性能の高い家が完成するといえます。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

カテゴリー: 新築 耐震性 工務店 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 新築する時、耐震性を工務店に確認する方法 はコメントを受け付けていません。

注文住宅を建てているのは住宅メーカー?工務店?職人?

投稿日:2015年09月28日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

注文住宅を作るには、いろんな職人さんが必要です。
注文住宅の建前の時に、お客様の奥様に言われました。

「ほとんどの工事を、大工さんがするのかと思ってたわ」

上棟作業
なぜ、お客さんがそう言ったのかというと家の骨組みを
組み上げる建前の時に、

頭(かしら)と呼ばれる人と棟梁と呼ばれる人がいたの
で、「どっちが偉いの?」と質問があり、

建前の時には、大工さんの他に鳶(とび)職人も一緒に
作業することを伝えたからでした。

鳶職は元々、棟上げなど高い所で作業をする人たちで、
江戸時代は町火消しも兼ねていて、その長を頭(かしら)
と呼んだので、今でも頭と呼ばれているのだと思います。

今では、鳶職も基礎工事や足場組立、鉄骨の組み上げな
ど細分化されていますが、

私の会社では今でも建前の時に、大工さんと一緒に作業
してもらっています。

他にも、屋根工事の瓦屋さん・板金屋さん、左官屋さん、
タイル屋さん、水道設備屋さん、電気工事屋さんetc…
と説明し、納得してもらいました。

注文住宅の工事が始まって、現場に最初に登場するのは
大工さんではなく、実は鳶職の人達です。

鳶職人は、建物を配置する位置を設計図通りに、敷地内
で実際に決めて基礎工事を始めていきます。

基礎工事が完了して、足場を組み建前の時に大工さんと
力を合わせて、柱や梁を組み上げていくまでが鳶職の役
割となります。

私の会社の先代社長は、
「鳶と大工は野地(のじ)別れ」とよく言っています。
野地とは、瓦など屋根の下地となる板のことで、野地板
を張る作業から大工さんに、バトンを渡すことを表現し
ています。

では、職人たちをチームとして束ねているのは誰か?

というと、我々工務店の工事管理者ということになりま
す。

工務店はお客さんから要望などを聞き、図面を書き、
職人たちに指示を出して、仕事の出来をチェックし、時
には、やり直しをさせたりしているのです。

ここで、
工務店と住宅メーカーは仕事の仕方が違うの?
という疑問がありますが、

基本的には同じだと思います。
しいて言えば、これまでに述べてきた流れの上に、住宅
メーカーが乗っかるのが住宅メーカーのスタイルです。

分かりやすく言うと、
住宅メーカー⇒指定工務店⇒各職人
又は、
住宅メーカー⇒メーカー子会社⇒指定工務店⇒各職人
となり、

工務店と各職人は下請け、孫請け、又はその孫請けとな
ります。

工務店にとって、工事を管理する立場はお客さんから直
接、請け負う場合でも、住宅メーカーを経由して請け負
う場合でも変わりません。

だから、メーカーの社員は1人で現場の管理を同時に
10棟や20棟の新築工事を掛け持ちできるのだと思
います。

また、工務店は営業、設計、工事管理を1棟ごとに同じ
人間がすることが多いですが、
住宅メーカーの場合は、それぞれが分担されています。

工務店の立場からいうと、
お客さから見て、各職人の顔が見えるのが、工務店だと思います。

逆に住宅メーカーに注文住宅の建築を頼むメリットは、
ブランドを感じられることだと思います。

正直、工務店は住宅メーカーのブランド力の面では、か
なわないと思います。

しかし、家づくりというのは、現代でもどちらかという
とローテクの分野だと思います。

ということは、品質管理などの面でも、職人の顔が見え
る家づくりの選択も考えてほしいと思っています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 注文住宅 工務店 住宅メーカー | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅を建てているのは住宅メーカー?工務店?職人? はコメントを受け付けていません。

省エネ住宅以外の家は建たない

投稿日:2015年07月15日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す
大久保工務店 代表の大久保篤です。

省エネ住宅でないと、家を建てられなくなります。省エネ基準

いきなり何のことか、分かりずらいかもしれませんが、
本当のことです。2020年以降はそうなります。

家を建てる時に関わってくる法律や条例は、建築基準法を
はじめとして意外といろいろあります。その中に、
省エネルギー法というのがあります。

どんな法律なのかというと、生活する際に石油やガスなどの
エネルギーをできるだけ消費しない家にしましょうという法律です。

法律の目的は、なかなか減らないCO2やエネルギー需給の問題
について、各家庭も協力してくださいね!ということだと思います。

どんな家に住んでいても、冷暖房の運転を控えたり、家電製品の
コンセントを抜いたりしてエネルギー消費を抑えればいいんじゃ
ないの?と思うのですが、

これから新築される家については、そこで生活した場合、どれだけ
エネルギーが消費されるのか計算して、

国が決めた省エネ基準をクリアした性能
でないと
新築は認められなくなるのです。

これまでも、何年も前から国が住宅に対して定めた省エネ基準は
ありました。

ただ、その基準をクリアしなければ、家を建てることはできない
というわけではありませんでした。
あくまで目安、奨励という感じだったのです。

しかし、2020年からは計画・設計の段階で、基準値をクリア
していないと建築を認められなくなります。

この省エネ基準、実はすでに2年前に
中身が変更されています。

すこしだけ詳しく書くと、
これまでの基準は主に、家の断熱性能についての基準といって
よかったと思います。

ごく簡単に言えば、どの位の性能の断熱材やサッシなどを使って
家を建てるのかということです。

断熱性能が良ければ、冷暖房設備などの運転も控えられるというこ
とを想定した考え方だったといえます。

変更後は、
家の断熱性能に加えて、どの位のエネルギー
消費量の設備を家で使うのかということです。

設備とはエアコン、給湯器、照明器具、換気装置などです。

当然、断熱性能が高くて、エネルギー消費の少ないグレードの
設備機器を入れた家であれば、基準をクリアできる可能性が高い
ということになります。

肝は、家づくりの計画段階で、建物の断熱性能と設備性能を
複雑な計算をして、家のエネルギー消費量を算出して数値で
示さなければならなくなったことです。

そうなると、
今までよりもスペックが高い、建築費が
かさむ家を建てなくてはならないという
心配があると思います。

しかし、普段から勉強している工務店にとっては、いかにコストを
抑えて省エネ基準をクリアするか検討しているので、それほど高い
ハードルではないと考えています。

また、エネルギー消費が少ないということは、ランニングコストが
抑えられるので、月々の電気代などが安くなるメリットもあるという
ことです。

それよりも、
省エネ基準は、建てる前の計画・設計段階での基準なので、
しっかりした施工力のある会社に頼まないと、
せっかくの省エネ基準が絵に描いた餅
となってしまいます。

たとえば、性能のいい高額な断熱材を使っていても、壁の中にしっかりと
充填されておらず、隙間が空いていたりすると計画通りの断熱性を得る
ことができません。

あくまで、手を動かすのは職人ですので、省エネ基準が改正された意図、
どうすれば、各住宅で計画した省エネの基準値を達成できるのかを

しっかりと各職人に説明、周知して取り組んで
いきたいと思います。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 省エネ住宅 家 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 省エネ住宅以外の家は建たない はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2019年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリ