八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» 質感のブログ記事

自然素材の家と地域性、東京、八王子では?

投稿日:2016年02月27日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

最近、八王子の工務店である大久保工務店に家づくりの相談に
来られる方は、自然素材を使うことを前提にしている方が多いです。

自然素材というと、連想する言葉はエコ、ロハス、
古民家、田舎などなど浮かびますね。

自然素材の家、八王子
実際に昨年から相談に来られている方は、
田舎にいるおばあ様の古民家の雰囲気を気に入ったのが、
自然素材の家に興味をもったキッカケだそうです。

田舎でなくても自然素材の家を味わいたい!
という気持ちが生まれたそうです。
(八王子は東京の片田舎といった感じですが…)

しかし、自然素材の人気が高まったことについて
私にはその理由が以前から明確には
分からないでいました。

確かに、家づくりのプロとしては、無垢材の温もりや珪藻土などの
塗り壁材の調湿性能がいいと思ってお客様にお勧めしています。

でも、
自然素材が良いと思う気持ちは性能や理屈ではない。
ということに、お客様とお話しているうちに感じるようになりました。

冒頭で触れたお客様のように、自然素材の家がいいと
思ったきっかけは、湿度の吸放出性能や体感温度などの
数値データを理解していいと感じたのではなく、

なんとなく雰囲気が良いとか、落ち着く、
なんとなく温かみを感じていいと思う方がほとんどです。

理屈で良いと思うのではなく、なんとなく良い
なわけです。

さらに、
なんとなく良いが継続すると他にも良いことがある!
それを最後に説明します。

自然素材がなんとなく良いといっても、今迄はビニールクロスや
合板フローリングなどの新建材に囲まれた環境で生活していた方が
ほとんどだと思います。

住み始めた時は、ピカピカ、テカテカで喜んでいても、
合板フローリングについた傷が増えた、表面が剥げた、
ビニールクロスが汚れてくすんだ色になってきた、

そんな感じの劣化が進むと、自分の住まいへの思いはどうでしょうか?
知らず知らずのうちに愛着心が薄れてくると思います。

一方で、
自然素材は初めからピカピカでも
テカテカでもありません。

無垢の木の表情や塗り壁のマッドな雰囲気を特徴としているからです。

ただ、そのような自然素材の質感は古くなっても劣化しちゃったなあ~
という印象を受けない人が多いはずです。

無垢フローリングの色が飴色に変化したり、傷がついても味わい
と捉えることができるのです。

このような現象は劣化とは違い、
経年美化や古美る(ふるびる)という言葉で表現できます。

私が言いたいことは、
古民家とまでいかないかもしれませんが、自分の家に対して、
なんとなく味わいを感じられれば、
愛着を失うどころか、愛着心が長年に渡って
増していくということです。

それが自然素材の家に住むことの醍醐味だと思っています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 自然素材の家 八王子 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材の家と地域性、東京、八王子では? はコメントを受け付けていません。

自然素材で建てる注文住宅に何を期待するか?

投稿日:2015年10月30日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

自然素材に何を求めるのか?ポジティブに考えよう!

自然素材の注文住宅
世の中が成熟したせいなのか、オーガニックやエコが
なんとなくキーワードとなっている風潮です。

身体に良い物、環境に良いことを好むということは、
いずれにしろ悪いことではないと思います。

大量生産、大量消費で既製品が主流だったのが、画一的
ではなく、個性や優しい雰囲気のものを求められる
世の中になったのだと思います。

少し前は、自然素材はシックハウス対策をメインに注目されていました。

隙間風が吹く家が多かったのが、高度成長期以降の家は
断熱、気密化が少し改善されたのと
同時に、大量生産の工業化建材が普及しました。

換気が不十分な空間に、化学物質である接着剤などを
使った建材やビニールクロスがあたり前になったので、
シックハウスという症状が現れる人が増えてきた
のです。

そのため、どちらかというと自然素材は、止むに
やまれず使うという人が多かったのだと思います。

シックハウスの症状を解消したいとか、シックハウスが
心配、なりたくないというネガティブ思考から、
自然素材の利用が見直されようになった始まりだ
と思います。

しかし、
今はネガティブではなくポジティブに自然素材を使うことが多くなった
と感じています。

シックハウスを怖がって自然素材ではなく、

気持ちいいから、
温かみを感じるから、
オシャレだから、

自然素材を使うというように、今はポジティブな発想
から使われているのです。

そうなったことは、自然素材好きの工務店としては、
良いことだと感じています。

珪藻土などの湿気をコントロールする調湿性や、
無垢フローリングの温かみ、本物の質感など、
プラス面に注目して考えたほうが、
家づくりもより楽しくなるはずです。

またその方が、ガチガチに何が何でも家の全てに自然
素材を使わなきゃいけないというようにならずに、

良いとこ取りで、うまく自然素材を取り入れようという
家づくりの進め方になると思います。

ですので、
自然素材をうまく使うには、適材適所で考えることをおススメします。

リビングや寝室など居る時間が長い場所には、
無垢フローリングを使う、トイレや洗面所などには水に
強い別の素材を使うといった具合です。

また、無垢の木も種類によって、色合いや温かさを
感じる度合いが異なるといった特徴がそれぞれ違う
ので、自分が何を重視するのかを明確にすることも
必要となります。

最後に
自然素材についてのアドバイスと工事を頼む相手は、プロなら誰でもいいという訳ではない。
と思っています。

無垢の木に特徴があるように、設計施工する側にも
特徴があります。

ローコストビルダーや住宅メーカーのように、大量生産
された工業化建材を使うことに慣れた会社と、

自然素材を使い慣れた工務店とでは、知識と工事の腕に
差があると思っています。

無垢材のくせ、塗り壁材の品質など、材料特有の特徴を
知識として蓄えているかどうかで、アドバイスできる
内容も変わってきますし、

工事をする上でも、無垢フローリングの伸び縮みや、
塗り壁のクラックといった、後々に問題が起きない
ようにする施工方法があるのです。

また、お手入れの仕方やメンテナンスの方法などの
暮らし始めた後でのことも、自然素材になれた工務店
なら、詳しく教えてくれるはずです。

自然素材の種類も色々、会社の特徴も色々なので、自然素材を使う場合は、どうせなら知識と腕があるところに任せることをお薦めします。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 自然素材 注文住宅 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材で建てる注文住宅に何を期待するか? はコメントを受け付けていません。

インテリア、家具、雑貨と生活

投稿日:2015年06月25日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す
大久保工業改め、大久保工務店 代表の大久保篤です。

先日の日曜日、妻の希望でインテリアショップに行ってきました。

家づくり、どうせだったらインテリアもオシャレ
にしたいものですね。

インテリア1

普段、家づくりの構造強度や性能面に思考が行きがちな、私に
とっていい勉強となりました。

店に行く前にネットショップやインテリア雑誌で家具や照明、雑貨をカチカチとクリック、
ペラペラとめくって、これ良い感じだね、こっちはどう?などと言い合っていました。

でも、肌触りや色合いなどの質感を実際に感じてみたくなり、地元の実店舗へ行ってみたのです。

小さな店だったので、さすがにネットや雑誌ほどの種類はありませんでしたが、
サイズはもちろんのこと、風合いや椅子の座り心地などを実感できました。

私の仕事は、家づくり、生活するための空間づくりです。
でも、完成してお引渡ししたらはい終了!では悲しいと感じています。

定期点検などで、訪問させてもらった時にその後の生活の様子を
垣間見させてもらったりした時に、家づくりのお手伝いをしたとの
実感がわいてくるのです。

家づくりって、生活しはじめてからが本番のスタートです。
テーブル、椅子、照明、小さな雑貨まで、生活する上で必要な道具、
飾り物などの多くの物が家の中に入ってきます。
床や壁の色、質感と同じように十人十色の好みがあるはずですね。

インテリア2

住む人の趣向、希望の生活スタイル、人柄を知ることが家づくりをお手伝いする上で、重要なことだと認識しています。

私の会社では、人それぞれの生活スタイル、趣味に寄り添える家づくりの
お手伝いができればと考えています。

その意味で、インテリアショップ巡りは私の目の肥やし、
仕事の肥やしになると感じました。今後も続けていきたいと思います。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: インテリア 家具 生活 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | インテリア、家具、雑貨と生活 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2019年11月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリ