八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» 雰囲気のブログ記事

自然素材の家と地域性、東京、八王子では?

投稿日:2016年02月27日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

最近、八王子の工務店である大久保工務店に家づくりの相談に
来られる方は、自然素材を使うことを前提にしている方が多いです。

自然素材というと、連想する言葉はエコ、ロハス、
古民家、田舎などなど浮かびますね。

自然素材の家、八王子
実際に昨年から相談に来られている方は、
田舎にいるおばあ様の古民家の雰囲気を気に入ったのが、
自然素材の家に興味をもったキッカケだそうです。

田舎でなくても自然素材の家を味わいたい!
という気持ちが生まれたそうです。
(八王子は東京の片田舎といった感じですが…)

しかし、自然素材の人気が高まったことについて
私にはその理由が以前から明確には
分からないでいました。

確かに、家づくりのプロとしては、無垢材の温もりや珪藻土などの
塗り壁材の調湿性能がいいと思ってお客様にお勧めしています。

でも、
自然素材が良いと思う気持ちは性能や理屈ではない。
ということに、お客様とお話しているうちに感じるようになりました。

冒頭で触れたお客様のように、自然素材の家がいいと
思ったきっかけは、湿度の吸放出性能や体感温度などの
数値データを理解していいと感じたのではなく、

なんとなく雰囲気が良いとか、落ち着く、
なんとなく温かみを感じていいと思う方がほとんどです。

理屈で良いと思うのではなく、なんとなく良い
なわけです。

さらに、
なんとなく良いが継続すると他にも良いことがある!
それを最後に説明します。

自然素材がなんとなく良いといっても、今迄はビニールクロスや
合板フローリングなどの新建材に囲まれた環境で生活していた方が
ほとんどだと思います。

住み始めた時は、ピカピカ、テカテカで喜んでいても、
合板フローリングについた傷が増えた、表面が剥げた、
ビニールクロスが汚れてくすんだ色になってきた、

そんな感じの劣化が進むと、自分の住まいへの思いはどうでしょうか?
知らず知らずのうちに愛着心が薄れてくると思います。

一方で、
自然素材は初めからピカピカでも
テカテカでもありません。

無垢の木の表情や塗り壁のマッドな雰囲気を特徴としているからです。

ただ、そのような自然素材の質感は古くなっても劣化しちゃったなあ~
という印象を受けない人が多いはずです。

無垢フローリングの色が飴色に変化したり、傷がついても味わい
と捉えることができるのです。

このような現象は劣化とは違い、
経年美化や古美る(ふるびる)という言葉で表現できます。

私が言いたいことは、
古民家とまでいかないかもしれませんが、自分の家に対して、
なんとなく味わいを感じられれば、
愛着を失うどころか、愛着心が長年に渡って
増していくということです。

それが自然素材の家に住むことの醍醐味だと思っています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 自然素材の家 八王子 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材の家と地域性、東京、八王子では? はコメントを受け付けていません。

自然素材で建てる注文住宅に何を期待するか?

投稿日:2015年10月30日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

自然素材に何を求めるのか?ポジティブに考えよう!

自然素材の注文住宅
世の中が成熟したせいなのか、オーガニックやエコが
なんとなくキーワードとなっている風潮です。

身体に良い物、環境に良いことを好むということは、
いずれにしろ悪いことではないと思います。

大量生産、大量消費で既製品が主流だったのが、画一的
ではなく、個性や優しい雰囲気のものを求められる
世の中になったのだと思います。

少し前は、自然素材はシックハウス対策をメインに注目されていました。

隙間風が吹く家が多かったのが、高度成長期以降の家は
断熱、気密化が少し改善されたのと
同時に、大量生産の工業化建材が普及しました。

換気が不十分な空間に、化学物質である接着剤などを
使った建材やビニールクロスがあたり前になったので、
シックハウスという症状が現れる人が増えてきた
のです。

そのため、どちらかというと自然素材は、止むに
やまれず使うという人が多かったのだと思います。

シックハウスの症状を解消したいとか、シックハウスが
心配、なりたくないというネガティブ思考から、
自然素材の利用が見直されようになった始まりだ
と思います。

しかし、
今はネガティブではなくポジティブに自然素材を使うことが多くなった
と感じています。

シックハウスを怖がって自然素材ではなく、

気持ちいいから、
温かみを感じるから、
オシャレだから、

自然素材を使うというように、今はポジティブな発想
から使われているのです。

そうなったことは、自然素材好きの工務店としては、
良いことだと感じています。

珪藻土などの湿気をコントロールする調湿性や、
無垢フローリングの温かみ、本物の質感など、
プラス面に注目して考えたほうが、
家づくりもより楽しくなるはずです。

またその方が、ガチガチに何が何でも家の全てに自然
素材を使わなきゃいけないというようにならずに、

良いとこ取りで、うまく自然素材を取り入れようという
家づくりの進め方になると思います。

ですので、
自然素材をうまく使うには、適材適所で考えることをおススメします。

リビングや寝室など居る時間が長い場所には、
無垢フローリングを使う、トイレや洗面所などには水に
強い別の素材を使うといった具合です。

また、無垢の木も種類によって、色合いや温かさを
感じる度合いが異なるといった特徴がそれぞれ違う
ので、自分が何を重視するのかを明確にすることも
必要となります。

最後に
自然素材についてのアドバイスと工事を頼む相手は、プロなら誰でもいいという訳ではない。
と思っています。

無垢の木に特徴があるように、設計施工する側にも
特徴があります。

ローコストビルダーや住宅メーカーのように、大量生産
された工業化建材を使うことに慣れた会社と、

自然素材を使い慣れた工務店とでは、知識と工事の腕に
差があると思っています。

無垢材のくせ、塗り壁材の品質など、材料特有の特徴を
知識として蓄えているかどうかで、アドバイスできる
内容も変わってきますし、

工事をする上でも、無垢フローリングの伸び縮みや、
塗り壁のクラックといった、後々に問題が起きない
ようにする施工方法があるのです。

また、お手入れの仕方やメンテナンスの方法などの
暮らし始めた後でのことも、自然素材になれた工務店
なら、詳しく教えてくれるはずです。

自然素材の種類も色々、会社の特徴も色々なので、自然素材を使う場合は、どうせなら知識と腕があるところに任せることをお薦めします。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 自然素材 注文住宅 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材で建てる注文住宅に何を期待するか? はコメントを受け付けていません。

自然素材での新築を薦める理由

投稿日:2015年09月08日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す
大久保工務店 代表の大久保篤です。

私の会社では、自然素材を使った新築やリフォームをお薦めし
ています。
実際に床や壁、天井に無垢フローリングや珪藻土を使った家を
建てています。

なぜ自然素材をお薦めするのか、
簡単に言うと、私が好きだからです。

自然素材、どこまで使う?
好きな理由は、珪藻土なら調湿性能があるとか、
無垢フローリングなら味わいある経年変化をするとか
触れた感覚や部屋の空気が気持ちいい
など…たくさんあります。

一番の理由は本物だから、ということです。
普段のブログやホームページに、自然素材の良さを書いていま
すが、文章の理屈だけでは伝わり難いかもしれませんね。

ただ、
自然素材も人によって、合う合わないがある
と思います。

以前に自然素材を使った家を建てさせて頂いたお客様のご厚意
で、完成見学会をした時の話です。

2組の来場者のうち、1組は若い子育て世代、もう1組は定年退職
後の高年世代の方でした。

若い世代のご夫婦は、当時社宅にお住まいで、分譲住宅の購入
を考えている方でした。

高年世代のご夫婦は、築30年の家の建て替えを考えている方
でした。
それぞれに、自然素材のメリットやデメリットを説明したので
すが、

若い世代の感想は、
「肌触りが普通の家と違う、高級感がある、オシャレな感じが
する、建売とは全然違う…」というポジティブな感想

高年世代は、
「たしかに高級感はあるけど、手入れや掃除が大変そう、孫が
来た時に傷をつけてしまいそう・・・」というネガティブなものでした。

結果、若い世代の方は無垢フローリングの掃除の仕方やお手入
れの方法がそんなに大変ではないこと、傷がついても味わいと
理解して、自然素材をたくさん使った注文住宅の新築へと運びました。

高年世代はの方は、工業化製品に慣れた感覚が捨てきれず、
大久保工務店とは別の会社で新築となりました。

どちらも正解だと思います。
ただ、子供の頃に自然素材で育ったはずの世代が工業化製品
の家づくりへと進み、

自然素材にほとんど触れてこなかった若い世代が自然素材の家
づくりへと進みました。

このことは、何故なんだろう?とたまに思い出してしまう出来事です。
もしかしたら、世代に関係なく単なる好みの問題だったかもしれません。

合板フローリングやビニールクロスのピカピカやテカテカが好きな人もいるし、

無垢フローリングの一枚一枚違う表情、珪藻土や漆喰のナチュ
ラルでマットな雰囲気が好きな人もいます。

自然素材に対して直感的に感じる好き嫌いは、
必ずあると思います。

そして、直感的に気に入ったとしても、
お手入れの方法や経年変化の具合が気になって、使うのを躊躇
してしまうかもしれませんね。

そんな時、実際に築後数年の自然素材の家を見て確認するの
も、良い方法だと思います。

それで結果的に、好きになるか、嫌いになるかはやはり好みの
問題だと思います。

大久保工務店では、築後数年のOB客様の家
を案内することもできます。

触れてみて、経年変化する色の具合などを確認してから、自然
素材を使うか、使わないかを判断するのも一つの良い方法だと思います。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店へのお問い合わせご希望の方は、こちらからお願いいたします。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 自然素材 新築 理由 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材での新築を薦める理由 はコメントを受け付けていません。

無垢の床材に、合う壁は何?

投稿日:2015年07月08日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す
大久保工務店 代表の大久保篤です。

無垢フローリングが最近人気です。無垢の床と塗り壁

私の会社ではこの数年、新築のお客様に無垢フローリングを
採用していただく率は100%近くになりました。

私個人が好きだというのもありますが、提案させてもらうと
賛同していただける方が多くなっていると感じています。

もちろん、提案するからには合板フローリングと比較しての
メリット・デメリットを説明して納得してもらってから使って
もらっています。

床を無垢フローリングにする方針が決まると、壁は安易に
ビニールクロスの見本帳から選びたくないのが、住宅建築
にたずさわる者の心情です。

床の無垢材と塗り壁などによる調湿機能
の相乗効果を期待したくなるのです。

それに、シンプルに見た目です。
優しく豪華に感じる無垢フローリングには、
壁も自然素材の雰囲気が合う
と考えているのです。
単純と言えば単純なんです。

壁に使うことができる自然素材も、羽目板(無垢フローリングの
壁に張るバージョン)、漆喰、珪藻土、布クロス…とあります。

ここでも、お仕着せになってはいけないので、それぞれの特徴、
汚れた時の対処方法などを説明しながら決めていただいています。
しかし、一番気になるのはその金額です。

木の羽目板を全室、全面に張ることはあまりないと思いますので、
ここでは塗り壁について書いてみます。

珪藻土や漆喰はビニールクロスと単価を比べると、約3~4倍程度
の金額となります。面積が大きくなれば、差額は結構な額となります。

ただ、ここで考えなければならないのは、
初期コストだけでなくランニングコストです。

あまり工業化製品のマイナスイメージばかりを言いたくはない
のですが、ビニールクロスは、色が変色します。

特に日光が当たりやすい部分は黄色や茶色に変色していきます。
化学糊で貼っているので、場合によっては剥がれてしまったもの
を目にすることは多いと思います。

また、水回りや湿度の高い場所では、カビが発生した壁を見た
経験もあるのではないでしょうか。

それに比べて、
珪藻土や漆喰はそういったことは、ほぼ発生しないのです。
なぜ、そういう現象が起こらないかを、ここで細かく書くことは
避けますが、言いたいことは長く使えるということです。

ビニールクロスの場合、初期コストは安い
ですが、住んでいる間に張替なくてはならい
ので、途中でお金をかけなくてはなりません。

また、塗り壁はボロボロ剥がれてしまったり、粉っぽかったり
するイメージを持っている人もいると思いますが、
それは昭和30年代40年代に全盛だった繊維壁と言われるもの
を想像しているのだと思います。

珪藻土や漆喰で、そういった現象は起こりません。
塗り壁は、長寿命なのでランニングコストで
考えれば、お得
ということです。

それでも、ちょっと手が出ないという人には、パーフェクトウォール
というコストの比較的手頃な塗り壁材か、布クロスをお薦めしています。
どちらも、湿気を吸ったり吐いたりする能力は珪藻土に比べて、
落ちますがレッキとした自然素材です。

私の会社が、
自然素材には自然素材が合うと考えているのは、
その機能性、見た目、ランニングコストの観点から
です。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 無垢 床材 壁 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 無垢の床材に、合う壁は何? はコメントを受け付けていません。

注文住宅、どこまで自然素材?

投稿日:2015年07月07日 作成者:


こんにちは!
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店を目指す
大久保工務店 代表の大久保篤です。

最近は、自然素材という言葉も、世の中に浸透
してきたと感じています。

自然素材、どこまで使う?

家づくりに使う建材だけでなく、食品や化粧品、衣服など、
いろんな製品でも、それを売りにしていますね。

類似した言葉として無添加、天然素材、オーガニックetc…
ロハスやスローライフとういう生き方、ライフスタイル
そのものを現した言葉ももてはやされています。

自然、天然を良いと感じる人は、安全や
安心を求めているのでしょうか?

食品であれば、健康に良さそう、本来の味を感じられる?
化粧品や石鹸であれば、身体や肌に優しそう
ロハスやスローライフは、なんとなくカッコよさそう?

それとも、もっと深い考えで、地球環境、自然全体のことを考えて?

私の会社でも、自然素材を使った家づくりを推奨しています。
しかし、その理由としては、あまり高尚なことは考えていません。

なぜ自然素材を使うかといえば、単にその
良さを知っているからだけです。

・無垢フローリングなら、冬の暖かみと夏のサラサラ感
・珪藻土なら、湿気を吸ったり吐いたりする調湿性能
・布クロスなら、静電気を発生しないことによるホコリをよせつけない機能
などなどです。

そして、何よりも本物であることを気に入っているのです。
本物を使うことにより、得ることのできる豪華さ、オシャレ感、
雰囲気をお客様に味わってもらいたいと思っているのです。

しかし、柱や梁などの構造材は全て無垢でなければダメ、室内の
表面に出てこない下地材にベニヤ板を1枚も使ってはいけない、
といった完璧主義者ではありません。

そんなんじゃあ、ナンチャッテ自然素材の家
じゃないの?

という人もいるかもしれません。

たしかに、オール自然素材で工業化製品はゼロというのが、私の会社
でも理想ですし、素晴らしい家ができると思います。

ただし、それはお客様の志向と予算が許す場合のみとしています。

家づくりの目的は、完成して終わりではなく、
むしろそこからがスタートです。

正直言って、自然素材は工業化製品の材料に比べて、少しだけ
高いです。100%自然素材の家に固執しないのは、そこに理由が
あります。

無理をして、完成した後の生活スタイルを切り詰めた窮屈なもの
にしてしまうのでは、本末転倒と考えています。

また、天然な物しか口にしない、オーガニックな物しか身につけない
では、生活自体が疲れてしまい、長続きできる人は少ないと考えています。

時々、マクロビカフェでおいしい物を味わう、時にはオーガニックな
物を身につける、使うでも良いと思うのです。

自然素材の家づくりも、同じように時々やホドホドでも自分
なりの立派な自然素材の家となるはずです。

床や壁の体に触れる部分だけに使用したり、長い時間を過ごすリビング
や寝室だけに無垢フローリングや塗り壁を使うだけでもいいと思うのです。

無理をせず、ゆとりを保ちつつ、持続可能なのが、ロハスやスローライフ
という生活スタイルなのだと考えています。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の
工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 注文住宅 どこまで 自然素材 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 注文住宅、どこまで自然素材? はコメントを受け付けていません。
12

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリ