八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

パッシブデザインの家の特徴5つ

投稿日:2020年09月15日 作成者:


パッシブデザインの家の特徴5つここ数年、自然災害のニュースが多いですね。
日本でも大型台風の襲来が当たり前のようになりつつあります。
地球温暖化が大きな原因といわれています。

我々工務店の業界でも、温暖化を防止するためにエコ住宅を
提供していこうとする流れや、法整備が徐々に進んでいます。

その中でも、パッシブデザインはエコ住宅にとって必須となる
ものだと大久保工務店では考えています。

パッシブデザインの目的

八王子市で創業60年、自然素材の家づくり№1工務店を目指す
大久保工務店 代表の大久保 篤です。

パッシブデザインの目的は、1年を通して冷暖房をはじめとした
人口的な消費エネルギーをできるだけ抑えること。
そのために、太陽熱や風、自然の力をうまくコントロール
した家にするということです。

具体的にどのようにすれば、そのような家になるのかを説明します。

パッシブデザインの家の特徴①日射取得

日射取得とは、太陽の光をできるだけ家の中に
取り入れることです。

大きな窓から入る日の光は、電気こたつ1台分くらいの
熱量があります。

ではどうしたら、うまくお日様を家の中に
取り入れることができるのか?

一般の方の間取りのプランニングは、
土地の形状、大きさに合わせて
希望の部屋をうまく配置することに
意識が集中すると思います。

頭の中に視点をもう一つ加えて、家の中に
どれだけの量の陽が
どれだけの時間、
入るのかを検討しながら、プランニングをするのです。

広い土地があれば簡単ですが、
首都圏などで土地が狭く、
近くに建物が寄せ合っている地域では
これがなかなか難しいのです。

そのような土地で、日射取得をどのようにうまくするのか?
陽当たりという、配慮すべき視点が一つ加わっただけで、
方位、近隣の建物、駐車場と家の配置位置の関係、など
経験のあるプロの力が必要となるのです。

パッシブデザインの家の特徴②日射遮蔽

いかにして、陽の光を家の中に入れないようにするか。
①の日射取得と相反するものです。
日射取得は冬、
日射遮蔽は夏
の状況を考えて対処するものです。

誰にでも夏の西日は意外ときついイメージはあると思います。
そんな状況を避けることが日射遮蔽ということです。

具体的には、軒(屋根)の出を長くしたり、窓の上に庇をつけたり、
昔ながらの葦簀(よしず)で陽を遮るのも有効です。

軒の出を長くしたり、庇を付けたら、
冬は陽が入らないというイメージもありますが、
太陽高度(陽の光の角度)が夏と冬が違うことを
うまく利用した考えです。

パッシブデザインの家の特徴③通風

風通しという言葉は、家に対してだけでなく、
「風通しのいい組織」など他の使われ方でも
耳にすることがあります。

いずれにしても、肯定的な言葉なのだと思います。
当社のお客様でも風通しを希望する方は、
意外と多いです。

日本の気候では風通しがいい家というのは、
快適だということをもって経験している人が
多いのではないでしょうか。

これは窓の配置の仕方につきます。
どのくらいの大きさで
どのような種類の
窓を高低差をつけたり、対角線を意識して配置することで
風通しの良い家となります。

パッシブデザインの家の特徴④断熱

当たり前のことですが、冷たさや熱を室内に入れないこと、
太陽熱などの自然の力と冷暖房などによって作った
快適な室内温度を保つことが断熱の目的のものです。

国が定めた省エネルギー基準やHEAT20という団体が定めた
断熱性能はUA値やQ値という数値で示されています。
これらは地域ごとに定められているものです。

一つの目安として、自分の住む家ならこのくらいにしようという
目安となります。

どんな断熱材やサッシを
どの位の厚み、大きさで
どこに使うかで変わってくるものです。

パッシブデザインの家の特徴⑤冷暖房計画

これまで述べてきた4つを実現することができると、
省エネ住宅となります。

具体的にいうとエアコンを各部屋に設置しなくても、
エアコン1台の稼働で家全体を快適な温度にすることが
できるようになります。

大久保工務店では、冬は床下エアコン1台、夏は小屋裏エアコン1台
の運転で冷暖房することを標準としています。

いかがでしたか?

このようなパッシブデザインの家に住むことによって、
快適な暮らしを実現することと同時に、
地球温暖化に意図せず貢献することになります。

しかも、電気代などのランニングコストが節約されるので、
家計にやさしい暮らしとなります。
省エネ生活は何十年と続くことになるので、金額にすると
数百万円単位の節約となります。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

カテゴリー: パッシブデザイン 特徴 | タグ: , | パッシブデザインの家の特徴5つ はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリ