八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

» 大久保篤のブログ記事

新築 薪ストーブを設置する時のポイント4つ

投稿日:2019年04月25日 作成者:


新築をする時に薪ストーブを置きたい
という要望がたまにあります。

家の中でオレンジ色の炎がユラユラしているのを目にすると、
ゆったりとした気分でいられますね。
大久保工務店でもこの前のお引き渡ししたお家に設置しました。

今回は家づくりで薪ストーブを入れるかどうか
決めるときの大事なポイントについて書いてみます。

ポイント①時間と体力またはお金があるか。

八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

寒い冬に薪ストーブを暖房の主な手段として使う場合は、
時間と体力もしくはお金が必要です。

というのも、薪を確保しなければならないからです。

薪はどんな木でもいいかというと、
そうではなく、
杉やヒノキの針葉樹だけではなく
ケヤキやブナなどの広葉樹が主に必要となります。

簡単に言うと、
軽くて燃えやすい木と、
重くて燃えにくい木
が必要となるのです。

比重が軽い針葉樹は燃えやすいのですが
長持ちしないので着火用、焚き上げようとして、

比重が重い広葉樹は長持ちするので、
種火として使います。

それらの薪の一冬分は結構な量になります。

ではどのようにして、入手するのか。

お金をかけたくなければ、
植木屋さんにもらいに行くという
方法があります。

植木屋さんは仕事で剪定した木を処分
しなければならないので、言えばただでくれます。

それにはやはり、もらいに行く時間、
薪を割る体力が必要となるのです。

時間がない人は、薪を購入という手段がありますが、
これが意外と安くありません。

おそらくエアコンや他の暖房器具のランニングコストの
ほうが安く済みます。

ポイント②適切な配置場所を工務店に相談する。

薪ストーブの配置場所も重要なポイントです。
どの部屋を暖めたいのか?
暖めたい部屋の広さは?
などです。

空気、熱の循環を考えて配置する場所を
決めていくにはやはり専門家の知識が
必要となります。

薪ストーブ販売店と工務店の両方の知識
を有効に利用しましょう。

気をつけないといけないのは、
薪ストーブにプライオリティーを置き過ぎることです。

輻射熱の効率等を優先しすぎると、
薪ストーブありきプランになり過ぎて、
人ではなく薪ストーブのための間取りに
なってしまうのです。

そこは、何のための家なのかを再認識して
工務店に知恵を出してもらうことが必要です。

先日お引き渡した家でもこの点が
一番気をつけた点でした。

ポイント③金額を知る

インターネットで薪ストーブを調べると
いろんな種類があり、金額も様々です。
ホームセンターなどでも目にすることもあります。

当然、金額によって暖房としての機能、効率、
耐久性の優劣はありますが、
忘れてはならないのは、
工事費も掛かることです。

薪ストーブはかなりの熱を発するのでその付近は、
レンガやタイルなど燃えない素材で覆わなければなりませんし、
その下地も不燃の物を使って熱が逃げる仕組みを
工務店に作ってもらわなければなりません。

他にも屋根や壁に穴をあけて煙突を通すわけですから、
雨漏りしないように適切に
工事してもらわなければなりません。

薪ストーブの製品代にだけ目が行きがちですが、
薪ストーブを置くことによって、
普通の家とは違う工事代が発生すること
をわかっておく必要があります。

④メンテナンス方法を知る

薪ストーブ内部の煙突内にはススが溜まりますし、
ストーブ内部も掃除しなければなりません。

ポイント①の時間と体力、お金とダブりますが、
メンテナンスも自分でするのか、
専門家に頼むのか両方の選択肢があります。

自分でやるのであれば、ススの溜まりにくい薪の燃やし方、
煙突の掃除の仕方を覚えておく必要がありあます。

いかがでしたか、

薪ストーブ一つをとっても意外と奥深いものがある
と感じられたのではないでしょうか。

薪ストーブのある新築をお考えでしたら、
大久保工務店までご相談ください。
施工エリアは八王子近郊となります。

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 新築 薪ストーブ | タグ: , , | 新築 薪ストーブを設置する時のポイント4つ はコメントを受け付けていません。

新築の時に悩む外壁の選び方ポイント4つ

投稿日:2019年04月19日 作成者:


家づくりをしようと考えた時に、
いろんな工法や材料があって、調べれば調べるほど、
いろんな知識が蓄積されて何が本当に良いのか
迷ってしまう人をよく見かけます。

今回は外壁に何を使うか迷った時のために、
頭を整理して自分に合った選択方法を提案してみます。

選び方①外壁のデザイン重視

八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

いま日本で主に使われているのは、

サイディング、はモルタル、ガルバリウム、タイル、
他にもヘーベルなどがあります。

ここ20年くらいで圧倒的にシェアを
占めるようになったのはサイディングですが、
街を歩いて見かけるのは、

その次にモルタル、タイル…の順だと思います。

今回は中でも大きなシェアを
占めるサイディングとモルタルにつてを主に書きます。

あんな外壁がカッコいいな、これも素敵!と
フィーリングで選ぶのもいいですが、
それぞれの特徴を知っておくことも後々大事です。

選び方②特徴を知る
サイディングは約45cm幅のセメントを固めた板です。
気をつけなくてはならないのは、
遠目ではタイルや塗り壁に見えますが、
実際はタイル調、塗り壁調というもので、

タイルでもなく塗り壁でもなく
あくまでサイディングということです。

逆に言えば、タイルでも塗り壁でも
デザイン的になんにでもなれるというのが特徴です。

モルタルは、主に左官の塗り壁や、
塗装などいろんな色、パターンを選べることが特徴です。

サイディングなどの工業化製品とは
違い職人の手造りになるので、
この世に二つないオリジナリティーのある
自分好みの外壁とすることができます。

③耐久性で選ぶ
サイディングは板と板の継ぎ目に注入する
コーキングやシーリングと呼ばれる
ゴム状のものの劣化が避けられないので、
それを入れ替えることが8年から10年で必要です。

また、表面の塗装膜の劣化状況により
20年目くらいには塗装が必要となることがあります。

ただ、最近はコーキングを使わなくてもいい
サイディング製品も登場しています。

金額は高くなりますが、
将来のメンテナンスのことを考えて
コーキングレスを選択する方法もありです。

モルタルは、表面に何を塗るかによりますが
やはり10から20年目には
塗装や左官材の吹き付けが必要となります。

また、モルタル自体のクラックなども
気になるところですが、
最近はグラスファイバーなどを
施工時に伏せ込む工法もあります。

この場合は将来のクラックをきにしなくてもすみます。

④コストで選ぶ
サイディングはデザインが
豊富に揃っていて、価格帯も広いです。

モルタルは、表面にどんな塗り壁材、
左官材、塗料を選ぶかによって、金額もピンキリです。

自分の気にいったデザインと
コストの兼ね合いで選ぶのも一つの手段です。

いかがでしたか、
家づくりも新しい材料がどんどん登場して、
一つ一つにこだわりだすと悩んでしまうことも多いと思います。

他にも汚れ難さやお手入れの仕方なども気になるところです。

また、ガルバリウムやタイル、
木製の外壁など他のものも気になるかもしれません。

本当に正しい選択をしたいときは、思い切って工務店など家づくりの専
門家に尋ねてみるのもいいはずです。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 新築 外壁 | タグ: , , , | 新築の時に悩む外壁の選び方ポイント4つ はコメントを受け付けていません。

自然素材の家と工務店ならではの補助金

投稿日:2017年04月08日 作成者:


お客様と去年から打合せを重ねてきた自然素材の家
の補助金がもらえることになりそうなので、
やっと着工ができそうです。

「自然素材の家を建てると、補助金をもらえるの?」
と思われそうですが、結論から言うと
自然素材の家では補助金はもらえません。

ではどうすれば?について書いていきます。工務店_補助金
工務店ならではの地域型住宅グリーン化事業
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

今回建てる家は、国の制度である地域型住宅グリーン化事業
を利用して補助金を得ることとしました。

まず、地域型住宅グリーン化事業について説明します。

地域の工務店、材木屋さんなどが作った家づくりのグループに対して、
国から年度単位で補助金予算が配分されます。
ちなみに、グループの数は全国で約800近くあります。

どこかのグループに属している工務店に任せて家を建てれば、
補助金をもらって家を新築できる可能性があるのです。

工務店ならではの補助金と言っているのは、
「地域の工務店」で家を建てる、ということがミソ
の補助金なのです。

ただ、この段階では、あくまで可能性です。
可能性と言っている意味は下の方で説明していきます。

地域型住宅グリーン化事業の補助金の種類
地域型住宅グリーン化事業の補助金には3つの種類があり、
それぞれに補助金を貰うための基準があります。

1.長寿命型住宅(長期優良住宅)―100万円の補助金
2.認定低炭素住宅―100万円の補助金
3.ゼロエネルギー住宅―165万円の補助金
となります。

それぞれをごくごく簡単にいうと、

1.は、耐震性や耐久性などがあること証明できる住宅

2.は、国が定めた省エネ基準よりも10%以上
のエネルギー消費削減ができる住宅

3.は、エネルギー消費量がゼロになる住宅です。
事実上、太陽光発電などのエネルギーを作る設備が必要となり、
今さかんに見かけるZEH住宅とほぼ同じ仕様となります。
(ZEHについては、別の機会に書きたいと思います。)

基準をクリアしただけでは貰えない補助金
上で書いた補助金の基準を達成した家を建てるためには、
普通の家をつくるよりも、コストもアップし工務店の技術レベル
も求められることになります。

認定低炭素住宅<長寿命型住宅<ゼロエネルギー住宅
の順でコストが多く必要となります。

そして、上で述べたグループには複数の工務店が属しています。
それぞれの工務店には、補助金をもらって家を建てたいお客さん
がいるので、グループに割り当てられた予算が全てのお客さん
に行き渡ることができないのが常なのです。

今回、私の会社のお客さんはゼロエネルギー住宅の補助金を
もらえることとなりましたが、

たまたま、グループ内でゼロエネルギー住宅を建てるお客さん
が少なかったので、難なく補助金をもらうことができました。

家づくりの補助金でいえること
家を建てる時に高額な補助金をもらえれば、誰でも嬉しいし助かります。

でも、補助金をもらえなくてもゼロエネルギー住宅やZEH住宅、
長期優良住宅などを建てることで得られるメリットは他にもあります。

長期優良住宅であれ税制の優遇だったり、
ゼロエネルギー住宅やZEHの場合は、ランニングコストの減少です。

そしてなによりも高性能な家に住むことで、快適さを得ることができます。
それを考えると、補助金は貰えたらラッキー程度に考えるのがいいと言えます。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた企画住宅「べっぴんハウス」や、自然素材の家の資料をご用意しています。

カテゴリー: 工務店 補助金 | タグ: , | 自然素材の家と工務店ならではの補助金 はコメントを受け付けていません。

自然素材の家でゼロエネ住宅は可能か?

投稿日:2016年09月21日 作成者:


自然素材の家はぬくもり、健康に良さそう、高級感というイメージ、
ゼロエネ住宅はランニングコストが少なくて家計に優しい、
省エネで地球に優しい。
といったところでしょうか。

実は今、自然素材の家でゼロエネ住宅をお客様と一緒に
計画しているところです。

自然素材の家とゼロエネ住宅が求められる理由

自然素材の家 省エネ住宅
自然素材の家は肌で良さを感じるもの、
ゼロエネ住宅は、頭で良さを理解、確認するもの
だというのが、私の意見です。
どういうことかというと、
自然素材の家は性能を数値で表しにくく、
ゼロエネ住宅は性能を数値で表すものだということです。
自然素材の家の珪藻土や無垢の木などの調湿性や温もりは、
数値で確認するよりも触れた感触や風合いを五感で感じるもの。

それに対して、ゼロエネ住宅は太陽光発電や高性能なエアコンを
使ったりして、電気の使用量などのエネルギー消費をどれだけ
抑えられる家なのか計画時に確認して、
住んでからも電気使用量が少なく済めば満足感を感じるというものです。

自然素材を使うことは環境に優しい面もありますが、
風合いや温もりを感じるという個人的なニーズが強いと思います。

逆にゼロエネ住宅は省エネで家計に優しいメリットがありますが、
それよりも地球温暖化対策という国の政策もあり、
社会から求められたニーズと言えると思います。

自然素材の家とゼロエネ住宅は両立するものなのか?

自然素材の家は人の感覚で良さを感じるもの、
ゼロエネ住宅は社会からの要請や数値を頭で理解するものと、
上で触れました。
そう考えると、前者はローテク、後者はハイテクなもので、
一見相いれないものように感じてしまうかもしれません。

でも、湿度を感じないサラッとした空気感により、
夏場のエアコン使用を控えることができたり、

無垢の木は温かみを感じられるから床暖房を使わなくて済むなどの
メリットにより、結果的に省エネな生活になるので、
自然素材の家とゼロエネ住宅は相性が良いはず、
両立するものと考えています。

自然素材の家とゼロエネ住宅のコストを考える

正直に言って、自然素材の家もゼロエネ住宅も普通の家と比べると
建築コストはアップするものです。
ただし、両方ともランニングコストを考えるとどうでしょうか。

自然素材の家でいえば、珪藻土などの塗り壁材はビニールクロスと比べて
汚れても、少しの補修で済みます。

無垢フローリングは合板フローリングのように
表面だけが剥がれるようなことがなく、
味わい深い劣化の仕方をするので、
数十年、場合によっては100年でも使える物です。

張替えなどのリフォーム頻度が抑えられるので、
ランニングコストが低くなるはずですね。

さらに、ゼロエネ住宅のランニングコストを考えると、
もっと分かりやすく、文字通り電気料金などの
エネルギー消費コストがかなり抑えられるということです。

初期コストだけでなく、ランニングコストのことも考えて
長い目で見る必要があるのです。
そして、住みながら得られる満足感の違いまで考えることも
必要です。

自然素材の家とゼロエネ住宅を補助金を活用して建てる

上で初期コストだけでなく、ランニングコストを含めて、
自然素材の家もゼロエネ住宅も考えるべきといいました。
実は、初期コストをすぐに回収できる方法が一つだけあるのです。

今、国は温暖化対策として家庭から排出されるCO2を削減することを
目指しています。
そのためにゼロエネ住宅の建築を後押して、補助金を出しています。

その額は、
経済産業省のZEH(ネットゼロエネルギーハウス)で125万円
国土交通省の高度省エネ型(ゼロエネルギーハウス)で165万円です。

この補助金をもらうには、定められた性能基準を達成した家を
作らなくてはなりませんが、初期コストの段階でコストアップした
分をかなりの割合で回収できるので、利用しない手はないと思います。

ただし、国の年度予算枠が限られているので
家を作るタイミングも補助金利用には重要な要素となります。

いかがでしたか?

自然素材の家もゼロエネルギーハウスも高嶺の花と思いがちですが、
手に届かないものかどうかは、自分の家の性能や雰囲気に対する価値観
をよく考えて簡単にあきらめないことをお勧めします。
また、工務店に補助金やランニングコストのことを
アドバイスしてもらうこと、意外と手に届くこともあるはずです。


大久保工務店は、自然素材を取り入れた企画住宅「べっぴんハウス」や、自然素材の家の資料をご用意しています。

カテゴリー: 自然素材の家 省エネ住宅 | タグ: , | 自然素材の家でゼロエネ住宅は可能か? はコメントを受け付けていません。

自然素材の家、断熱材ともう一つ大事なこと

投稿日:2016年06月23日 作成者:


自然素材の家を建てようとする時には、
断熱性能についても気になるところです。

漆喰や無垢フローリングなどの自然素材を使って、
家の中の空気や雰囲気がよくなっても夏は暑くて、
冬は寒い家では満足した暮らしが送れないはずです。

断熱材に何を使うかに、こだわる人も多いですが、
それよりも、セットで考えなくてはならないことが
もう一つあります。

今回は少しマニアックな内容ですが、
できるだけ分かりやすく書いてみます。

自然素材の家、断熱材ともう一つ大事なこと1:
断熱材の種類

自然素材の家、もう一つ大事なこと

八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

自然素材の家でも、家の中での暑さ寒さを
感じずに気持ちよく暮らしたいものです。

断熱材の種類も、代表的なグラスウールからウレタンボード、
発泡断熱材、紙で作られたセルロースファイバーetc…
と今ではたくさんあります。

工法も内断熱、外断熱、ダブル断熱というのもあります。

営業マンも、
「ウチは○○断熱材を〇〇センチの厚さで
たくさん入れているから暖かいです」
とか、

ネットでも、それぞれの断熱材の良いところ、
欠点を言っているのを目にするので、
どれを選べばいいのか分からなくなってしますね。

断熱材の性能を表す値は熱伝導率となります。
これは、断熱材がどれだけ熱を通しにくいかを現す値です。

小難しい話になりそうですが、
要は暑くなくて寒くない家を実感できれば
いいはずですよね。

簡単に言うと、
服と同じで寒さをしのぐためにコートを着るように、
家も外に面する壁や屋根、天井に断熱材を着るのです。

一番わかりやすい例えは、ダウンジャケットです。
モコモコのジャケットもあれば、最近は薄いダウンジャケットを
よく見かけます。

薄くても寒さを防げるダウンジャケットの方が、
性能がいいということです。

家の断熱材も同じことで、
求める暖かさが同じであれば、性能が良い断熱材は薄く着れるところが、
性能の落ちる断熱材は暑く着る必要があることになります。

家の断熱材は、服のように動きやすさは
求められるものではありませんね。

ですので、断熱材単体の性能をくらべるよりも、
どれだけの厚みを入れることによって、
どの位の温かさを得られるかを知ることの方が
大事なこととなります。

自然素材の家、断熱材ともう一つ大事なこと2:
気密性が大事

自然素材の家で気持ちよく暮らすために、
断熱材のこと書きましたが、
ここからが肝となる断熱性とセットで考えるべき
気密性の話です。

暖かい家を作るためには、断熱材のことばかりでなく、
気密性もセットで考えなくてはなりません。

「高気密高断熱」という言葉を耳にしたことがある人も
いると思います。

気密性とは簡単に言うと、
家の中の空気が外に逃げない、
外の空気が中に入らないように家に
隙間を作らないようにすることです。

気密性が低いと高品質の断熱材をいくら厚く入れても、
室内の熱が隙間から逃げて暖かい家とはならないのです。

温まらなければ、暖房の温度を上げたくなるのが人間心理です。
これがさらに隙間風を呼び込むことになります。

気密性が低い

熱が逃げて温まらない

暖房の温度を上げる

温度差により負圧が発生

隙間から外の冷たい空気を呼び込む

という悪循環になります。
また、温度差は結露の原因ともなります。

だから、断熱材と気密性は車の両輪、
セットで大事ものとなるのです。

自然素材の家、断熱材ともう一つ大事なこと3:
誰が断熱材を入れるか?

実は隙間を作らないことは、意外と難しくて
真面目に丁寧に仕事をしないと、気密性を高めることはできません。

例えば、柱と断熱材の隙間、
エアコンダクトと断熱材の隙間、
サッシと柱の隙間、
柱と床下地材の隙間etc…

と隙間風が出入りしそうな部分を細かくチェックしながら
断熱材を隙間なくきちんと入れること、
気密部材で細かい穴を塞ぐことが必要となるのです。

住宅会社も職人さんも気密に対する正しい知識と経験がないと、
気密性の高い家はできません。

家を作るときには、いろんな種類の職人さんが仕事をします。
基礎工事屋さん、電気屋さん、左官屋さんetc…
では、気密性を確保するために重要な断熱材を入れる仕事は誰がするのか?

答えは、ほとんどのケースが大工さんです。
(発泡ウレタンやセルロースファイバーは、
専門職人が専用の道具で吹き込みます。)

でも、大工さんの仕事は、本来は木を扱うことです。
気密性の確保は、家づくりの歴史の中では比較的新しい考えなので、
大工さんも住宅会社の監督ですら、
正しい知識を身につけていない人が多いのが現実なのです。

高気密高断熱の家を作るには、無垢材などを使って建てる
自然素材の家と同じように、経験と知識が工務店に求められる
こととなります。

自然素材の家、断熱材ともう一つ大事なこと4:
断熱性と気密性を確認する方法

世の中の流れが省エネルギーなのは、良いことだと思います。
家も断熱性と気密性を高めることは、冷暖房効率が良くなること
につながるので、省エネに貢献することとなります。

では、自分が作る家がどの位の
断熱性と気密性があるのか確認する
方法はあるのでしょうか?

断熱性については、UA値とηA値があります。
簡単に言うと、
UA値は冬場に家の中の熱が外にどれだけ逃げないか、

ηA値は夏場に外からの日射熱を家の中にどれだけ
入れないかを示す値になります。

両方とも建物の形や窓の大きさなどに左右され、
計算方法も複雑ですが、求められた数値が低いほど、
断熱性能が高い家となります。

国は地域ごとに、基準値を定めていて、
多摩地区や八王子では、
UA値0.87
ηA値2.8
です。

これらの数値は、家の設計段階で計算して求められます。
工務店に自分の家が、上の基準値をどれだけ下回っているのか
を確認することをおススメします。

ただし、あくまでUA値もηA値も設計時点の数値です。
くどいようですが、正しい知識と丁寧な仕事が前提となること
を忘れてはいけません。

断熱とセットの気密性については、
C値という値で示すことができます。

気密性は、設計時点ではなく家を作っている途中で、
測定機械を現場に持ち込んで気密測定検査をします。

机上の計算ではないので、誤魔化しができない部分です。
断熱材や気密部材をはめ込んだ後で、測定するので我々工務店
の腕が試されることとなります。

C値も値が小さいほど、気密性が高い家といえることとなります。
八王子や多摩地区では、0.5位が気密性の確保された家の
目安といえます。

ただし、気密の測定検査を実施している会社は、まだまだ少ないので、
家づくりを依頼する前に気密測定をしているのか確認する必要があります。

自然素材の家、断熱材ともう一つ大事なこと5:
高気密だと息苦しい家になる?

ここまで、断熱材とセットで気密性が大事なことを
書いてきましたが、

高気密の家って、何だか窒息しそう!
自然素材の家なのに、気持ちのいい空気感がなくなってしまいそう!
とイメージするかもしれません。

しかし、今の家は隙間の代わりに排気口と給気口をつけて、
家全体の空気が最低2時間に1回、外の空気と入れ替わることが
法律で義務づけられているのです。

換気方法の種類もいろいろあるのですが、
気密性か高く余計な隙間がない家だからこそ、
効果的な換気計画が成立することになります。

だから、高気密の家が息苦しく感じることはなく、
むしろ自然素材との相性がいいのです。

いかがでしたか?

正しい断熱材の施工と気密性を高めることは、
無垢材や塗り壁材による、自然素材の家の空気感が
さらに効果的に味わえることにつながるはずだと
考えています。


大久保工務店は、自然素材を取り入れた企画住宅「べっぴんハウス」や、自然素材の家の資料をご用意しています。

カテゴリー: 自然素材の家 断熱材 | タグ: , | 自然素材の家、断熱材ともう一つ大事なこと はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2019年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリ