八王子で、創業54年誇り高い社員職人が、精一杯腕を発揮して、お客様から感謝され、一生お付き合いすることが、私の恩返しです。

自然素材の家のメンテナンス方法、床編

投稿日:2016年05月20日 作成者:


自然素材の家の床といえば、無垢フローリングですね。
メンテナンスのことを気にして、
“傷つきやすそう”、
“水をこぼしたら大変でしょう”
という不安を持つ人が多いです。

確かに、合板フローリングに比べたら傷もつき易いし、
ジュースなどの液体も、こぼせば染みこんで
シミになりやすいかもしれません。

でも実は自然素材の家の床のメンテナンスの仕方を知れば、
それほど不安になる必要はないのです。

自然素材の家のメンテナンス方法、床編1:飲物をこぼしたら

自然素材の家 メンテナンス 床編

八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

自然素材の家がいいと思っても、小さいお子さんがいる人は、
床に飲物をこぼした時のシミを心配します。
ペットを飼っている人も粗相のことを気にしますね。

まず前提として、床のメンテナンスのお話の前に、

子供が飲物をこぼしてしまったたら、
普通ならすぐに雑巾で拭くはずです。
これは無垢フローリングでも合板フローリングでも同じことですね。

違うのはそのまま長い時間、放っておくと染みこんで、
シミになるかシミにならないかです。

無垢フローリングでも、オイル塗装や蜜蝋ワックスなどを塗っておくと、
ある程度はシミを防ぐことができます。

それでも、長時間そのままにしておけばシミはつくものなので、
目の細かいサンドペーパーでこすってシミを落として、
その上に蜜蝋ワックスを塗れば目立たなくなります。

自然素材の家のメンテナンス方法、床編2:傷をつけたらどうする

自然素材の家の床を、ひとくくりに無垢フローリングといっても、
いろんな種類があります。

大まかにいうと、柔らかい木のフローリング、
硬い木のフローリングで分類できます。
それぞれに特徴があり、メンテナンスの仕方も少し違います。

柔らかい木(針葉樹)の代表は、
スギ、ヒノキ、パイン
硬い木(広葉樹)の代表は、
ナラ、チーク、ウォールナット
などがあげられます。

柔らかい木のフローリングは、
触れると温かみを感じられるが、傷つきやすい。

硬い木のフローリングは、
傷つきにくいが、温かみは落ちるのが特徴です。

傷がついた場合は、シミを取るのと同じようにサンドペーパーで
擦れば消えますが、何年か経過した床は、木の色が濃くなっているので
擦った部分だけが元の木の色に戻ります。

元々、オイル塗装や蜜蝋ワックスを塗っている床であれば、
元の色に戻った部分だけ塗り直せば、気にならなくなります。

無塗装で過ごしていたのであれば、
時間の経過とともに色の違いは馴染んでくるものです。

ただ、柔らかい木の床の場合は、
傷というよりも、へこみも生活しているうちに出てきます。

へこみに対しても、柔らかい木ならではの修復方法があります。
それはアイロンを使うことです。

まず、へこんだ箇所に水を数滴たらしてしみこませます。
あとは濡れたタオルを置いて、数十秒アイロンを置くだけです。
スギやヒノキの場合は、ほとんどこの作業で元に戻すことができます。

自然素材の家のメンテナンス方法、床編3:どうしても床にシミをつけたくない場合

UV塗装、ウレタン塗装という方法があります。
これらの塗装は無垢フローリングの表面に硬い膜を作って
コーティングするものです。

はじめから、UV塗装、ウレタン塗装が施された床を使うのが普通で、
後で塗装するのはプロにしかできません。

木に染みこませるタイプのオイル塗装や蜜蝋ワックスとは別物です。
こちらは、誰でも簡単に塗れるのが特徴です。

UV塗装やウレタン塗装は、膜でコーティングすることによって、
液体を木に染みこませないので、シミができにくく効果があるのです。

しかしコーティングしてしまうと、無垢フローリング本来の
温かみを半減させることになることを覚悟しておく必要があります。

個人的には、せっかくの自然素材の家の床なのでメンテナンスは、
自分でオイル塗装や蜜蝋ワックスを塗って、
無垢本来のメリットである温かみを味わう方がいいと思っています。

自然素材の家のメンテナンス方法、床編4:メンテナンスを楽しむ

シミや傷もついたばかりの時には気になるかもしれませんが、
少し時間が経てば馴染んできて、傷も味わいと感じることができるのが、
無垢の木の良さなのです。

合板フローリングなどの工業化生産された建材の劣化は、
ボロボロにみすぼらしい感じになり、20年位で張替えたくなります。

自然素材の家の劣化は、オリジナルな劣化の仕方で
古美る(フルビル)感じです。
特に無垢の床は味わいが増す代表的なものです。

自然素材の家のメンテナンスも、気が向いたときにする程度の
意識でもいいかもしれません。

自然素材の家のメンテナンス方法、床編5:気にしない!

床は、自然素材の家の中で視界に入る面積が大きいので、
空間の雰囲気づくりには重要な部分です。
目で見るだけでなく、家の中で触れる割合が一番高いのが床です。

普段は当たり前に床の上を歩いているだけですが、顔を近づけて
シミを取ったり、傷を補修するといった作業をすることで、
普段よりも木目や温もりといった表情を楽しむことができます。

いかがでしたか

自然素材の家に暮らしても、自然素材でない家でも
メンテナンスフリーで住み続けることはできません。

ただ、自然素材の家の場合、特に床は自分でメンテナンスできる部分が
多いのです。

しかも、おおらかに考えるとメンテナンスの頻度も少なくすんで、
長く使えるのです。


大久保工務店は、自然素材を取り入れた企画住宅「べっぴんハウス」や、自然素材の家の資料をご用意しています。

カテゴリー: 自然素材の家 メンテナンス 床 | タグ: , , | 自然素材の家のメンテナンス方法、床編 はコメントを受け付けていません。

自然素材の家と床暖房

投稿日:2016年05月18日 作成者:


床暖房の暖かさは魅力的だけど、
自然素材の家の無垢フローリングも良い。

家づくりで、何を優先するのか、何を選ぶのかは、
人それぞれの考え方や好みの現れるところです。

床暖房と、自然素材の家の無垢フローリング、
それぞれの特色を知って、
暖かくて気持ちの良い家づくりを進めましょう。

床暖房の魅力

自然素材の家と床暖房

八王子市で創業55年、自然素材の家づくり№1工務店を目指す
大久保工務店 スタッフの大久保ともこです。

床暖房の魅力と言ったら、
「冬暖かい」
の一言に尽きます。

わざわざ説明の必要もありませんね。
八王子の寒い冬でも、
足先が冷たくなることもなく、
ポカポカ暖かく気持ちいいです。

床暖房の暖かさは、足裏から全身にしみ渡ります。

床暖房の短所

通常、床暖房というと、
合板フローリングの下に床暖房機器が設置されているので、

床暖房を使用しないときは
普通の合板フローリングと変わりません。

ですから、床暖房が活躍する寒い冬以外の時期、
夏や梅雨時期などは、
普通の合板フローリングなので
裸足で歩くと、べた付いたりします。

それから、床暖房機器は、機械なので
故障の可能性は多かれ少なかれ必ずあり、
故障して修理をするには、
最悪の場合、床板をはがさなくてはいけない
こともあります。

床暖房にするには、
初期費用として機器代と設置費用、
電気代やガス代などのランニングコストがかかります。

自然素材の家の特徴

自然素材の家、無垢フローリングの場合でお話します。

床暖房の魅力に対して、
自然素材の家の無垢フローリングの良さは、

冬でもヒヤッとしないこと、
夏や梅雨時期もべたつかず、
肌触りが気持ち良いことがあげられます。

そして、自然素材の家の無垢フローリングは
床暖房のような機械ではないので、
故障はありませんし、ランニングコストも
かかりません。

普通の合板フローリングに比べて、
無垢フローリングの方が価格は高いことが多く、
初期費用が高いように感じますが、

床暖房機器の設置は不要なので、

床暖房と比べたときの初期費用が高いとも
言えません。

自然素材の家の短所

自然素材の家で代表的な無垢フローリングは、
冬でもヒヤッとせず、冷たくないのですが、
無垢フローリング自体が
発熱しているわけではありません。

発熱する床暖房に比べれば、
もちろん冷たいです。

そして、キズが付きやすいとも言えます。

いろいろな種類の無垢フローリングの中で
温かみをより感じるのは、柔らかい樹種なのですが、
柔らかい分、キズも付きやすいです。

また、合板フローリングと違って、
色合いが時間とともに変化していきます。

これらは、自然素材の家の持ち味ですが、

考え方、捉え方によっては、短所になります。

自然素材の家でも床暖房

床暖房の暖かさも、
自然素材の家の、肌触りの気持ち良い無垢フローリング、
どちらも捨てがたい、両方欲しい
という方の気持ちも、もちろんわかります。

そんな方には、床暖房対応の無垢フローリングがあるので、
無垢フローリングで、かつ床暖房
というのも可能です。

そもそも無垢フローリングは、床暖房の繰り返される
加熱や乾燥に強くありません。
無垢フローリングに、ある程度の負荷がかかることを
承知のうえで採用するという選択もあるでしょう。

床暖房対応の無垢フローリングは
そのための加工が施されているので、
無垢フローリングの持ち味が多少損なわれていること、
普通の無垢フローリングより価格が高い場合が多いことを
受け入れる必要があります。

無垢フローリングと床暖房の良いところだけでなく
両者のそれぞれの短所、懸念も
もれなく付いてきます。

いかがでしたか?

八王子は寒い地域ですし、
「暖かい家にしたい」という方がたくさんいらっしゃいます。

床暖房の暖かさは魅力的。
でも、設置費用やランニングコスト、故障の可能性が
ついて来る。

自然資材の家の無垢フローリングは、
肌触りが気持ちよく、冷たくはないけれど、
床暖房ほど暖かいわけではない。
キズが付いたり、色合いが変化したりといったことは
避けられない。

家づくりで、何を優先するのか、何を選ぶのかは、
人それぞれの考え方や好みの現れるところですね。

自然素材の家と床暖房、それぞれの特色を理解して
暖かく気持ちの良い家を手にいれましょう。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 自然素材の家 床暖房 | タグ: , | 自然素材の家と床暖房 はコメントを受け付けていません。

自然素材の家のメンテナンス方法、壁編

投稿日:2016年05月17日 作成者:


自然素材の家は、汚れやすそう、掃除が大変そう、
などのイメージがありますね。
果たして本当にそうでしょうか?

塗り壁や無垢フローリングなどはオシャレに見えて憧れるけど、
自分の家に取り入れるのを、ためらう人もいます。

実際に自然素材の家に暮らした時のメンテナンスの仕方、
楽しみ方を書いてみます。

自然素材の家のメンテナンス方法、壁編1:表面的な汚れの場合

自然素材の家のメンテナンス、壁

八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

自然素材の家の壁というと、漆喰や珪藻土の塗り壁が代表的です。
「子供の落書きや、手垢やシミがついたらどうするの?」
という質問をよく受けます。

小さな子供は、壁に落書きをしてしまうこともありますし、
少し大きくなっても、わんぱくな子供は汚れた手で壁をペタペタ触って
手垢がつきがちですね。

このような場合は一番簡単なメンテナンスの方法があります。
鉛筆や手垢、程度の汚れであれば、プラスチック消しゴムで
こすれば、落ちるケースがほとんどです。

自然素材の家のメンテナンス方法、壁編2:壁に染みこんだ汚れの場合

コーヒーやジュースなどの染み込み汚れは、
表面についた汚れと違い、消しゴムでは落としきれません。

こうした場合、自然素材の家のメンテナンス方法の中でも、
少しだけコツコツやる根気が必要な方法で対応します。

まずは、スプレー、濡れタオルで水を浸してトントン叩いくと
ある程度は落ちます。洋服の染み抜きの感覚ですね。

それでも中々落ちない場合は、中性洗剤もしくは
キッチンハイターなど、漂白剤を薄めて合わせて使うと、
ほとんどの染み込み汚れは落ちます。

自然素材の家のメンテナンス方法、壁編3:頑固な汚れの場合

自然素材の家の壁をメンテナンスする中で強敵なのは、
マジックなどの中々落ちない汚れですね。
これはビニールクロスでも同じことだと思います。

この時には、サンドペーパーで削り落とすしかありません。
但し、塗り壁のパターン、テクスチャーも変わってしまうので、
目の細かいサンドペーパーで少しずつ擦るのがお勧めです。

自然素材の家のメンテナンス方法、壁編4:塗り重ねるという選択

大きな面積の汚れを一気に綺麗にしたいという時もあると思います。
そんな時は上から、新たに漆喰や珪藻土などの塗り壁材を
塗り重ねることもできます。

ただし、製品によっては下地の調整が必要になるので、
工務店などの専門家にやり方のアドバイスを受けてDIYするのも良いですし
、任せてやってもらう選択もありです。

ビニールクロスの場合、選んだ柄が3年から5年で廃盤になってしまいます。
部分的に新しいものを張替えると、違和感がでてしまうので、
部屋全体を張替えることが多いですが、

自然素材の家の壁の場合、珪藻土や漆喰に廃盤はないので、
DIYにしろ、工務店に任せるにしろ、
壁の一面だけを塗り重ねても違和感はなく、
しかも面積が少ない分、安上がりとなります。

自然素材の家のメンテナンス方法、壁編5:気にしない!

はっきり言って、
自然素材の家に暮らしてメンテナンスはあまりせずに、
多少の汚れは気にしないというのも一つの方法です。

汚れ方によっては、
自然素材の壁の味わいと感じられることもできます。

ビニールクロスだとヴィンテージにはなりませんが、
自然素材の家の壁の汚れであれば、ヴィンテージ、
という印象が見方によってはできます。

新築当初は小さな汚れや傷を気にするものですね。

しかし、長い時間の経過による変化を劣化ではなく、
経年美化として感じることができるのが、
自然素材の家の醍醐味です。

細かい汚れや傷を気にするよりも、
自然素材の家で珪藻土などの壁から得られるメリット、
調湿性やデザイン的な風合い、表情を楽しむことの方が
自然素材の家で暮らすことが楽しめるはずです。

いかがでしたか

確かに自然素材の家の壁は汚れます。
しかし、ビニールクロスも汚れます。

違うのは汚れの落とし方だけで、そのメンテナンス方法も
意外と簡単なのです。

もしくは、そもそも汚れを気にしないというのも自然素材の家に
暮らす上での意識の持ち方としてありだと思います。


大久保工務店は、自然素材を取り入れた企画住宅「べっぴんハウス」や、自然素材の家の資料をご用意しています。

カテゴリー: 自然素材の家 メンテナンス 壁 | タグ: , , | 自然素材の家のメンテナンス方法、壁編 はコメントを受け付けていません。

無垢の家でのワックスがけの手順

投稿日:2016年05月12日 作成者:


無垢の床にワックスをかけることで、
水分は、はじきやすく染み込みにくくなるし、
汚れも、付きにくく落ちやすくなる効果があります。

キズや汚れは「味わい」、「家族の歴史」です。

無垢の家だからこそ、キズや汚れも味わいですが、
ワックスがけは、ますます愛着が増す作業といえます。

無垢の家でワックスをかける際の、手順をご紹介します。

無垢の家でのワックスがけ
手順1 いつも通りの掃除

無垢の家でのワックスがけ

八王子市で創業55年、自然素材の家づくり№1工務店を目指す
大久保工務店 スタッフの大久保ともこです。

まずはいつも通りのお掃除をして、
ゴミやホコリを取り除きます。

掃除機をかけるとか、乾拭きやワイパーをかけるとか
ですね。

この時、移動できる家具は移動してしまえば、
作業がやりやすいし、
床を見渡せて汚れなどを見つけやすくなり
いいですね。

汚れている部分はないか、全体を
見渡しながら、まずはいつも通り掃除します。

無垢の家でのワックスがけ
手順2 チョット丁寧な掃除

いつも通りの掃除をしながら、見渡してみて、
見つけた汚れは、きれいな雑巾を固く絞って拭いたり、
クリーナーを使ってきれいにします。

「味わい」や「家族の歴史」と思うことができない
汚れは、めったにないと思いますが、

どうしてもこの汚れが気になるという時は、
サンドペーパーで軽く削ってみるのもいいかもしれません。

表面を削れば、いつでも新品が出てきます。

ちょっとしたキズやヘコミも、
ワックスがムラになりやすいので、
補修しておくと良いですね。

補修の仕方は、
ヘコミ部分に水を垂らして少し待って、
あて布の上からアイロンをあてるだけです。
これを何度か繰り返します。

木のもつ自然治癒力とでもいうのか、
ちょっとしたヘコミなら、直ってしまいます。

次の手順、ワックスを薄くのばす前に、
雑巾がけした部分もアイロン補修部分も
完全に乾かしておきましょう。

無垢の家でのワックスがけ
手順3 ワックスを薄くのばす

いよいよワックスです。

車のワックス用のスポンジに、

適当でいいのですが、大さじ1くらいずつ、
コンビニなどでもらえるプラスチックスプーンや
バターナイフのようなヘラですくいとり、

ワックスを乗せ、

板の目にそって塗っていきます。

ベタッと置くのではなく、
薄く薄くのばしていきます。

リキッドファンデーションも
ベタッとは乗せずに、薄く手早くのばしますね。

そんなイメージで
無垢の家のワックスがけも、薄く薄くのばして塗ります。

無垢の家でのワックスがけ
手順4 すかさず乾拭き

無垢の床に、ワックスが染み込み過ぎたりして
ムラにならないないように
すかさずキレイな雑巾で乾拭きをします。

すかさずといっても、大らかで大丈夫です。

薄く薄くと心掛けても、ベタッと
なってしまう事もありますし、
薄すぎて、ちょっと足りない事もあります。

そのあたりも、大らかで大丈夫です。

乾拭きをすることで、そんなムラをなくし、
余分なワックスを取り除きつつ磨けていきます。

無垢の家でのワックスがけ
手順5 達成感を味わう

ワックス塗りという大仕事を成し遂げたことで、
いよいよ無垢の家への愛着が増し、
心地よい疲れと達成感に包まれる事でしょう。

しばらくの間、存分に達成感を味わいましょう。

ワックスを塗って、余分なワックスを取り除いた
直後は、少しべた付いている感じがします。

しばらくの間、達成感を味わっていると、
いつの間にかワックスも少しずつ馴染んでいます。

少し滑りやすくなるので、移動した家具を
元に戻す時など、気をつけて下さいね。

無垢の家でのワックスがけ
補足

無垢の家でワックスをかける場合、
もちろんワックスも自然素材のものにしましょう。

自然素材のワックスだと、化学製品のワックスと違って、
きつい嫌なニオイもしないし、肌にも優しいです。
小さなお子さんがいる場合はもちろんペットにも安心ですね。

ワックスをかけるのは、
そうそう頻繁にやることでもありませんし、
やったらやったで重労働です。

ワックス効果のある自然素材のクリーナーを
普段の掃除で取り入れることをオススメしています。

私は実際やったことがありますが、
無垢の家一軒を、一人で全部ワックスがけするのは
ものすごく大変です。

ぜひ家族で分担して、楽しんで欲しいものです

家具を移動する人と掃除機をかける人、とか
スポンジでワックスを塗る人と乾拭きする人、とか。

家族の共有スペースはみんなで協力してやり、
個々人の部屋は各自で責任もってやるなど。

いかがでしたか?

無垢の家でのワックスがけの手順を
ご紹介しました。

無垢の床にワックスをかけることで、
水分は、はじきやすく染み込みにくくなるし、
汚れも、付きにくく落ちやすくなる効果があります。

キズや汚れは「味わい」、「家族の歴史」です。

無垢の家だからこそ、キズや汚れを含めて愛着が増すし、
家族みんなで手分けし、協力してワックスをかけるのも、
素敵な家族の思い出になりそうですね。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた、
気持ちのいい家づくりが大好きな地域密着の工務店です。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 無垢の家 ワックス | タグ: , | 無垢の家でのワックスがけの手順 はコメントを受け付けていません。

自然素材の家で珪藻土という選択

投稿日:2016年05月11日 作成者:


数種類ある塗り壁材の中で、自然素材の家に珪藻土を選択する人は多いですね。
私の会社でも定番となっています。

「家の中の空気がサラッとしていて気持ちいい」、
「嫌な臭いがしない」
という声を頂くこともしばしばです。

しかも、お住いの方だけでなく友人など訪れた人からも同じように
言われることがあるようです。

なぜそんな風に感じるのか、少しだけ説明します。

自然素材の家、珪藻土にはどんな効果がある?

珪藻土の壁
八王子市で創業55年、自然素材の家づくりNo.1工務店
を目指す、大久保工務店 代表の大久保篤です。

珪藻土の効果は何といっても調湿性能です。
珪藻土の壁が家の中の湿気を吸ったり吐いたりすることで、
湿度を調整することをいいます。

珪藻土を顕微鏡で除くと無数のミクロ単位の穴が空いています。
その穴が湿度の高い時は湿気を吸って一時的に蓄え、
乾燥している時期には、一度蓄えたものを吐き出してくれるのです。

珪藻土は、夏場には高温多湿、冬場は乾燥する日本の気候に、
適している素材といえます。

また、同じ理屈で空気に含まれる臭いの元を穴が吸い取ってくるので、
消臭効果もあるのです。
ただし、匂いは閉じ込めて吐き出さないという優れものなのです。

だから、「空気がサラッとしていて気持ちいい」
「嫌なにおいがしない」というのは、
自然素材の家で珪藻土が果たしている効果が大きいといえるのです。

自然素材の家で使う珪藻土はどんなものでも同じ効果がある?

珪藻土が塗り壁材として使われ出したのは20年位前からで、
建築材料としての歴史は浅いといえます。
しかし今では、珪藻土と名前のつく製品はいろんな物が販売されています。

価格もピンキリなので、できれば安いものが良いと思うのですが、
確認しなければならないのは、その成分です。
どんな成分かによって、得られる効果どれも同じという訳にはいかないからです。

というのも、珪藻土は水で練ってもそれ自体では固まらないので、
固めるための混ぜ物が必要です。

代表的なものとしては、ニガリ、石灰、ゼオライト、
合成樹脂(化学系接着剤)などが使われています。

ここで問題なのが、合成樹脂などの化学系接着剤が混ざった
成分のものは、せっかくの珪藻土の穴を接着剤が塞いでしまうのです。

つまり、穴が塞がってしまうことで、珪藻土特有の
調湿性能と消臭性能を活かせなくなることになってしまいます。

せっかくの自然素材の家で珪藻土が生む効果を活かすためには、
工事を依頼する工務店などに使う予定の珪藻土は、どんな成分で
固まるかを聞いてみる必要があるのです。

自然素材の家で珪藻土、欠点と解消する方法

ビニールクロスが一般的になる前の昔の家は、塗り壁が多かったはずです。
漆喰であったり、繊維壁なんていうのも記憶にある人が多いと思います。

昔の塗り壁はひびが入ったり、ポロポロ落ちたりするというイメージが
ある人も多いと思います。

珪藻土も多少のヒビ割れは発生しますし、
中には壁に触れると白い粉が付くのもあります。

まず、ヒビ割れについてお話すると、
壁の中にある柱などの木も自然素材なので呼吸して伸び縮みします。
その伸び縮みに珪藻土が同じようについていかないので、
ヒビ割れが出ることになるのです。

ただ、柱や石膏ボードなどを工務店がしっかりと下地処理すれば、
気になるような大きなヒビは入らないと思います。

また、細かいヒビが入ったとしても製品ごとに、簡単に自分で補修する
方法はあるので、工務店に聞いてみると教えてくれるはずです。

次にポロポロ落ちたり、白い粉が服についたりする心配ですが、
私の会社が使っている珪藻土にはそういう現象が起きていません。
この問題は、しっかりと使う珪藻土を厳選すれば解消できることです。

ただ、大事なのは自然素材の家でこだわって珪藻土を選んだのであれば、
細かいヒビなどのことを気にするよりも、
カッコイイ素材感や性能にフォーカスする方が、
上手に自然素材の家で珪藻土と暮らしていく方法です。

自然素材の家で珪藻土を使うと雰囲気は?

珪藻土のメリットは上で触れたように、調湿性能や消臭性能による
気持ちいい空気を感じながら生活できることです。

しかし、もう一つ得ることができるメリットは、
空間の雰囲気が良くなることだと自信を持っていえます。
壁は床と同じくらいに家の中の空間の雰囲気を決めるものだからです。

ビニールクロスとでは、比較にならない塗り壁ならではの表情がでるので、
味わいのある雰囲気を感じることができるのが、
自然素材の家に珪藻土を使うことのもう一つのメリットだといえます。

ビニールクロスには、塗り壁調、織物調、タイル調などの
本物を真似た柄がたくさんあります。
しかし、それはそれ、どこまで行っても本物の表情は出ません。

珪藻土などの塗り壁は、左官職人がコテを使って塗っていくので、
手作りの画一的ではない表情が出てくるのです。

親切な工務店であれば試し塗りをして、パターンの確認してくれるので、
自分好みの柄を選択することもできます。

いかがでしたか?

自然素材の家の中で、壁は床と同じくらい雰囲気や性能を決める
重要な要素です。塗り壁材の中でも珪藻土はおススメのアイテムといえると思います。

大久保工務店は、自然素材を取り入れた企画住宅「べっぴんハウス」や、自然素材の家の資料をご用意しています。

大久保工務店の資料をご希望の方は、こちらからご請求ください

無料資料のご請求はこちら

大久保工務店へのお問い合わせをご希望の方は、こちらからお願いいたします

お問い合わせはこちら
カテゴリー: 自然素材の家 珪藻土 | タグ: , | 自然素材の家で珪藻土という選択 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お問い合わせ:042-635-7322

メールセミナー全7回  自然素材を使った、気持ちのいい家を  無理なく手に入れる方法はこちら!

Facebook(大久保 篤 )

Facebook(大久保 朋子 )

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリ